« ■0326 ポーラ美術館~国立新美術館~森美術館~東京国立近代美術館~東京都現代美術館■ | トップページ | ■0402■ »

2022年3月30日 (水)

■0330■

プライムビデオで、ヴィム・ヴェンダース監督の凡庸な人間ドラマ『誰のせいでもない』とラース・フォン・トリアー監督の『アンチクライスト』。
611lgsi7vnl_ac_sl1344_
タイトルで損をしているが、『アンチクライスト』は、CM映像のように人工的かつ淫靡で暴力的な冒頭シーンから魅了された。
以降、手持ちカメラを主体とした会話劇はドキュメンタリーのようにところどころでコマが飛んで、緊張感を持続する。かと思うと、登場人物が空想する風景は、精神病者が描いた絵のようにシュールで不自然。その自由闊達で傍若無人な表現の幅広さに、僕は憧れる。

ウィレム・デフォーとシャルロット・ゲンズブールの夫婦が病室で会話していると、カメラが窓際の花瓶へ寄っていく。花瓶に満たされた水は澱んでいて不潔だ。しかし、カメラはゴミの浮いた汚らしい花瓶を「これでもか!」と言わんばかりの超クローズアップで捉える。容赦がないし、臆さない。これから映すのはすべて汚なくておぞましいものばかりだが、決してウソはつかないという宣言だ。
悪趣味でもいい、豪胆で勇気のある堂々とした作品や人が好きだ。


下着以外の衣類は、近所のクリーニング店で洗ってもらうことにしている。
ごくたまに店が混んでいて、外で待たされることもある。本日は、小太りで赤いフチの眼鏡をかけた女性客が店内にいるのに気がつかず、店に入ろうとしてしまった。こういう場合、「待たせてすみませんでしたね」と丁寧に謝る客もいれば、ちょっとだけお辞儀して去っていく客もいる。今日の客は、(僕が後ろから入店したのが癪に障ったのかも知れないが)何分もかけて長々と値引き交渉した末、こちらをチラリと一瞥して去っていった。
僕がシャツ2枚とスラックス1枚を預けて店を出ると、すぐそこの信号で、先ほどの小太りの女性がスマホを見て待っていた。青信号になったのに、スマホに熱中したまま動かない。僕が後ろから追い抜かすと、その女性はハッとして、思い切り速度をあげて抜き返してきた。言っちゃ悪いんだけど、人生全般で負けてるから、こういう些細な場所で勝とうとして頑張るんだろう。

この一件から、「歩きスマホする人は傲岸不遜」と、あらためて認識できた。


たとえば、あるイベントがもうすぐ終了だと告知されると、「行くつもりだったのに~!」と恨みごとを書く人が必ずいる。
その人は、そもそも行くつもりなんかなかったんだと思う。ただ、終了を告げられて「一方的に不利益をこうむった」構図を捏造することで、「権利を侵害された」自分を演じているに過ぎない。もともと自分は権利など持っていないと心のどこかで分かっているから、終了告知を利用して「俺には確かに権利があったはずなのに、こうやって強制終了させられたおかげで、せっかくの権利を失ってしまったじゃないか」と自分を偽る。実際には、最初から今にいたるまで、何の権利も持ってないのだ。
人生の不満は、たいていこの構造を持っている。

学歴も職歴も自慢できないネトウヨの人は「俺は日本人であって、日本人として正当な権利を享受できるはずなのに、在日外国人のほうへ権利が不当に流れてしまった」という仮想のストーリーを構築して、「はなっから何も権利がない」自分を直視すまいとする。
この誤魔化し、合理化はたいていの人がやってしまっていると思う。「●●大学の■■科を卒業したのに、どうして結婚相手が見つからないんだ?」と不満をのべる中年は、異性にとって魅力がないから結婚に恵まれないだけであって学歴は関係ない。「学歴のせい」という仮構によって、魅力のない自分を磨くチャンスを失っている。

もし、権利というものがボーナスのように与えられる一方のものだとしたら、たいしたものではない。
自分で工夫して、ひとりでコツコツと戦略を練って手に入れたものは、一生使える。そのことを知らないまま、「権利をもらえなかったせいだ」「権利を奪われたせいだ」と呪いながら死んでいく人が大半なのかも知れない。権利は、自分でつくれる。誰かから与えてもらえるのを待っている時点で負けだろう。

|

« ■0326 ポーラ美術館~国立新美術館~森美術館~東京国立近代美術館~東京都現代美術館■ | トップページ | ■0402■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■0326 ポーラ美術館~国立新美術館~森美術館~東京国立近代美術館~東京都現代美術館■ | トップページ | ■0402■ »