« ■1209■ | トップページ | ■1213■ »

2018年12月10日 (月)

■1210■

以前、ライトノベルの表紙に巨乳キャラが描かれているからと言って、娘をダシにして「暴力」だと訴えたシュナムルという人。
原爆を正当化できるとした発言も酷かったが、今度は、ドラマのタイトルにかこつけて「ブスという言葉は滅ぼしていい」などと幼稚なことを言っとるなあ……と苦笑していたら、「ブス」と「キモい」を対置させて皮肉っている人に噛みついた挙句、どういう文脈からか「小児に対する性的欲望」という言葉が脈絡なく飛び出してきて()、びっくり仰天した。

何だろうな、シュナムルって人、過去に何かあったんだろうか?
で、昨日原稿が終わって、今日一日ヒマだったので、「シュナムル 小児」「シュナムル 児童」で検索してみたよ。
そうしたら、最初のライトノベル騒ぎの時点で、「多分だけど、シュナムルおじさんって小児性愛の傾向があると思う…直感なので冗談にしとくけど」と看破している人がいて、これはお見事、あっぱれと感心した。
小児性愛でないにしても、二次元少女とか萌えキャラとか大好きなんだと思う。HNの由来を『魔方陣グルグル』の幼女キャラだと明かして、たまに茶化されてるし、まあ間違いない。だけど、人の性的志向を笑っちゃいけない。シュナムルさんが自己の性的志向を隠蔽するために他人を叩くのは見苦しいし、みっともないけどね。


社会的弱者としての女性の側に立った発言が過激化して反発を買い、過去の性的発言を暴かれて笑われた人といえば、勝部元気さんがいたじゃないですか()。
この人だって、女子高生の制服姿をメディアで見るたびに「性的アイコン」「気持ち悪いおっさんの性癖」と真面目ぶって批判するより、「女の子が大好きすぎる」「制服という“記号”が目に入っただけで(略)性的興奮を覚えるほど大好き」と告白している方が生き生きしてるし、人間くさいじゃないですか。「キモい」という部分も含めて、人間の魅力だと思う。
己のスケベさを赤裸々に語っている方が「宇宙に接している」というか、勝部さんにしか開けない宇宙を開拓してるじゃん。それを隠そうと攻撃的になるのは、やっぱり人間として未熟なんだよ。もったいない話だ。

バルテュス展の広告を見て「児童ポルノ絵画だとみんなはやく気づいたほうがいい」と警告を発した森岡正博さん()も、まったく同様であって。
Images僕が『我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか』を出したとき、読者の方が「森岡さんの『感じない男』に通じるものがある」とツイートしていたので、読んでみた。
すると、なぜ自分が制服姿の少女に性的興奮をおぼえるのか赤裸々に告白していて、身をえぐられるような異様な感動をおぼえた。自分のフェティシズムに真っ向から対峙して、どういうメカニズムで興奮するのか、興奮した先に何があるのか、血眼で見極めようとしている。すさまじい勇気だよ。

『感じない男』を読んだあとだと、森岡さんのバルテュス批判は、もはやダシガラでしかないと分かる。「自分だけの宇宙を開拓している森岡さん」ではなく、くだらない世間に迎合し、自分の性癖から目をそむけ、手っ取り早く自らの恥部を糊塗できる便利なワードを探しているだけ。カッコ悪いよ。


勝部元気さん、森岡正博さんという好例を目にしてきたので、シュナムルさんももう少しで完成するというか、いい具合に熟してきていると思うよ。もちろん、見るもおぞましい変態として完成するわけだけど、それでいいじゃん。変態であることは、罪ではないもの。
性的志向を暴かれた他人なんて、おぞましいに決まっている。村崎百郎さんが「聖なるものは、たいてい性なるものに通じている」と書いていたけど、人間は醜い、私は汚いと認めた地点からしか、真に美しい地平線は拝めない。本当の朝陽はのぼらない。

最後に、僕が最高にキモいと感じるシュナムルさんの魅力をあげておくと、「ラブレター」とかいうサービスに登録して、フォロワーからのラブレターに真面目に答えているところ。「シュナムル ラブレター」で検索すると、みんな気持ち悪く思ってるんだな、そうだよね。
ちょっと検索したら、「シュナムルさんみたいに極度にペドフィリアを攻撃してる人って逆に怪しい感じするよな」とか書かれていて笑ってしまったけど、シュナムルさんは、もっと面白いはずなんだよ。その糸口が「ラブレター」だろうし、下手とも上手いともツッコまれないように逃げ腰で描いている薄味のイラストだと思うんだよな……。

ここで言っている「面白い」って、「気持ち悪い」「酷い」と同質のものなんだけど、人間ってもっと残虐で愚劣で、その泥の中にしか美しさも正義も埋まってないんじゃないか。「そんな浅いところをいくらすくっても、何も出てこないだろ」って気がしてしまう。

|

« ■1209■ | トップページ | ■1213■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■1210■:

« ■1209■ | トップページ | ■1213■ »