« ■0616■ | トップページ | ■0622■ »

2017年6月19日 (月)

■0619■

レンタルで『北北西に進路を取れ』。とにかく、ヒッチコックを見なければ。
L主人公は広告業を営んでいる一般人なのだが、ラストにいたるまでジェームズ・ボンドのような大活躍をする。命を狙われているのに、謎の美女とのロマンスもある。それが「この映画だけのリアリティ」なのだと、中盤、飛行機に追われるシーンあたりになると納得できる。
綱渡りのようにラシュモア山のモニュメントを降りるラストも同様で、モチーフ主義というか、サスペンスとして盛り上がるならシチュエーションの不自然さも辞さない。
それでいながら、崖から転落しそうなヒロインを救い上げると、その上がふわふわした列車のベッドになっている洒落たカットつなぎで、「こんなもの、ただの映画じゃないか」と身をかわす軽妙さが、ヒッチコックの魅力なのだろう(『北北西に進路を取れ』のあと、『サイコ』で大幅に路線変更するにしても)。


ヒッチコックはカッティングやカメラワークやがどうとかいう作家ではないと思うが、『北北西に進路を取れ』ではPANが良かった。

エヴァ・マリー・セイント演じる謎の女イヴに騙されていたことを知った主人公ロジャー(ケーリー・グラント)は、彼女の居場所を探り、オークション会場にたどりつく。
そのカットは、イヴの首や肩をなでる男の手のアップで始まる。その手は、ヴァンダムという悪玉のものであることが、カメラが引いたことで分かる。イヴの首を親しげになでるヴァンダムから、カメラは右にゆっくりPANする。広々としたオークション会場。壇上の骨董品や、競買に興じる客たち。カメラが止まると、そこには苦々しい顔をしたロジャーが立っている。
この長いPANの間に、ロジャーの怒りや闘志が熟成されていく。最初にイヴの手に触れる男の手を映して、ロジャーが嫉妬する原因を見せている。同じカット内、同じ空間内にいるロジャーがどんな気持ちか、誰にでも分かるよう設計されている(カットを割ってしまっては空間が分断され、ロジャーの怒りが空気中を伝播しない)。

ついでに書いておくと、つづくカットはロジャーの主観カットで、イヴとヴァンダムを客席の向こうに見ている。そして、次のカットでロジャーは二人に向かって歩き出す。彼を追って、カメラは左にPANする。怒りの根源をたどるように、先ほどとは完全に逆方向のPANとなっている。カメラの動きに、しっかりとロジャーの「意志」が加わっている。
われわれはカメラワークの効果に心を動かされているのに、それに気づくことは滅多にない。気づいたほうが絶対に面白くなる。


感心したカットが、もうひとつある。

自分がイヴに騙されていたことを納得できないロジャーは、ラシュモア山の展望台でイヴに詰め寄るが、彼女は拳銃でロジャーを撃つ。
どのようなトリックでロジャーが生きのびたかは伏せておくが、彼は仲間の車で林の中へ運ばれる。カット頭で、ロジャーは仲間の手を借りて、車の荷台から降りる。そこから、カメラはドリー・バックする(移動して引く)。
仲間は「5分ですませろ」とだけ言って、姿を消す。ロジャーが車から降りて立つ、カメラは引きつづける……と、画面右側にイヴの車がフレームインする。車の前には、イヴが立っている。「5分ですませろ」とは、つまりイヴとの逢瀬を5分で終らせろという意味だったのだ。
構図は左端にロジャー、右端にイヴが立っているシンメトリの構図でピタリと止まる。二人は「やあ」「大丈夫?」と、遠まわしな会話をはじめる。なぜドリー・バックが効果的なのかといえば、イヴが先回りしてロジャーを待っていたことが明確に伝わるから。あらかじめセッティングされたシチュエーションの中にロジャーが放り込まれていることが、カメラワークによって明らかになる。
また、二人の間には、たくさんの木が生えている。つまり、ロジャーとイヴは同じ空間にいるのだが、木々によって画面は縦に分断されている。

一体どれだけ言葉を尽くせば、この多面的な面白さが伝わるのだろう? まだまだ、複雑な要素がひとつの画面内に混在しているのに。大声で語って聞かせたいぐらい。
PANやドリー・バックでカメラが動くことと、カットで割ることとは、明らかに違う。無神経な映画は、カメラワークもカットワークもお構いなしだが、そうした映画に価値がないかというと、そうではない。
いま、確実に言えるのは、僕らが映画をコミュニケーションの道具にしすぎていることだ。「号泣した」に始まり、映画をネタにしてどれだけ共感が得られるかばかり気にしている。実写の日本映画がマンガやアニメのコスプレばかりになったのは、そのほうが「似てる」「似てない」と、コミュニケーションのネタにしてもらえるからだ。

(C) Turner Entertainment Co.

|

« ■0616■ | トップページ | ■0622■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106227/65428913

この記事へのトラックバック一覧です: ■0619■:

« ■0616■ | トップページ | ■0622■ »