« ■0304■ | トップページ | ■0307■ »

2017年3月 6日 (月)

■0306■

レンタルで、『ディパーテッド』。
スコセッシ監督で、アカデミー作品賞受賞。そうなのか。まったく知らなかった。Twitterの知らない人のツイートから、作品名だけメモしておいた。
398x265主演のマット・デイモン、レオナルド・ディカプリオ。この2人の区別がつかず、前半はかなり混乱した。
マット・ディモンはジャック・ニコルソン演じるマフィアのボスに、ひそかに情報を横流ししているエリート刑事。ディカプリオは、ニコルソンの組織に潜入捜査している覆面刑事。
この2人の行動が、カットバックで描かれる。しかも、同じサイズで撮った絵を、そのまま繋げている。ディカプリオのバスト・ショットの直後に、マット・ディモンのバスト・ショットを繋げるという、まるで素人のような編集をしている。
普通は、シーンが変わった場合、サイズは変えます。同じサイズにしたら、シーンが変わったと分からないからです。あるシーンがアップで終わったら、次のシーンはロングで始めるとか。だけど、その原則を、わざと壊している。


俺が、俳優の顔を見分けられないのだろうか? ひとりのマフィアを通じて、対称的な位置で働いている2人の若い刑事を判別できないほど、俺の頭が悪いのだろうか……と悩んだ。
ところが、それは杞憂であった。ニコルソンが、ポルノ映画館でマット・ディモンと待ち合わせる。彼は、黒いベースボール・キャップをかぶっている。ニコルソンを尾行するディカプリオ、彼も黒いベースボール・キャップをかぶっている。服装もグレーっぽくて、よく似ている。
ここでようやく、「観客を混乱させるために、よく似た俳優の、よく似た役柄の、よく似たショットを前後させていたのか」と、分からせる。少なくとも、僕はポルノ映画館のシーンで、ようやく分かった。

ヴェラ・ファーミガの演じる精神科医をめぐっても、やはりマット・ディモンとディカプリオは、彼女をサンドイッチして、ゆがんだ相似形を描く。「あれ? さっき出会って知り合いになったじゃん? ……いや、あれはコッチの刑事だっけ」と、混乱する。「その混乱を積極的に楽しむ映画なんだ」と、気づく瞬間がやってくる。
俳優の顔やカットワークを使ったこんな表現をできるのは、劇映画だけだと思う。脚本やドラマが感動的なのではない。その演出意図が感動的なんだ。
例によって、ラストは評価の対象にしない。映画の進行するプロセスに比べれば、ラストシーンなど、あまりにどうでもいい。監督が、何を試みたか。失敗していようと何だろうと、何に挑んだのか。肝心なのは、それだけだ。

当時69歳だったジャック・ニコルソンは、表情の色っぽさもさることながら、衣装が素晴らしかった。デート用のすみれ色のスーツから、ポルノ映画館で着ていた汚いコートまで、「CGかよ」と思うぐらい、よく似合っていた。


ネタバレという言葉が汚らしいのは、「ネタ=ウソ」というネットスラングを想起させるせいだろう。英語では“Spoiler”(台無しにするもの)という。
それでも、ただ他人から「こんなシーンがあるんだぜ」「最後に、こうなるんだぜ」と聞かされただけで、本当に、映画の価値は減じるのだろうか? 映画の価値は損なわれないが、「なんとなく楽しみが奪われたような気がする」、その茫洋とした不快感を「ネタバレ」という言葉で忌避しているに過ぎないのではないだろうか?

あくまで“茫洋とした不快感”に過ぎず、明確な定義がないから、やむなく「映画のラスト、後半の展開を明かすことを、ネタバレってことにしない?」と、同調圧力こみの合意が形成されていったにすぎない。目的は摩擦をさけることであって、「映画の楽しみを万人にキープすること」ではない。

「他人のことなど気にせず、どんどん話せ」と言っているわけではない。「ネタバレ」は俗語にすぎず、定義も曖昧ゆえ、拘束力も緩いという認識を忘れてほしくないだけだ。プロの書く記事に、赤字で「ネタバレ注意!」と書かれていると、本当にゲンナリする。
僕は公開前の映画について……いや、公開されてから何年もたつ映画についても、「後半の展開はこうなる」「ラストはこうだ」と書いたことはない。このブロクでも、商業原稿でも。
映画の面白さが集約しているのは、「後半の展開」「ラストシーン」ではない。もっと思いがけないところに面白さが生じているので、「後半の展開」「ラストシーン」については書く必要がないのだ。「バラす」もへったくれもない。

それでも、僕の中にも、ネットに触れている人たちの中にも、「自粛」「萎縮」が生まれている。言論の自由を、僕らは手放している。

(C)2006 Warner Bros. Entertainment Inc

|

« ■0304■ | トップページ | ■0307■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106227/64979563

この記事へのトラックバック一覧です: ■0306■:

« ■0304■ | トップページ | ■0307■ »