« ■1126■ | トップページ | ■1202■ »

2015年11月29日 (日)

■1129■

ホビー業界インサイド第5回:デジタル技術が揺るがすフィギュア造形の“常識” “ZBrush”原型師、深川克人インタビュー()
T640_693900前回は、一般人の中に熱狂的ファンがいて、スケールモデルやアニメ・フィギュアとは別方向に深くて濃い、「ぷちサンプル」を取材しました。今回は、連載開始時より狙っていた、デジタル造形に切り込んでみました。

次回で、この連載は6回目で、半年たちますから、もう一度、出発点というか原点に近いところへ戻ります。ゼンマイのネジを巻いて、弾みをつけるようなものです。興味のある会社や個人の方に、どんどん取材をお願いしています。


J.J.エイブラムスの手腕を確認するため、『M:i:III』をレンタルで。
324026view002こんなにアクションが上手くて、どんでん返しを三回ぐらい起こせる人に『スター・ウォーズ』を撮らせていいものかどうか、考えてしまう。ともかく、観客の心理の裏の裏まで手が届く、頭のいい人だ。
僕は、『スター・ウォーズ』は、映画としては孤高というか、無神経なフィルムであってほしいと願っている。第一作目(『新たなる希望』、このサブタイトルもダサい)は、ジョージ・ルーカスの前衛的なセンス、他人をかえりみない哲学が前面に出すぎて、娯楽性には乏しい。

『スター・ウォーズ』は、映画の出来が「いい」「悪い」は関係なくて、世界観を記述するツールとして、たまたま映画の形態を選択した芸術なのだと思う。だから、ルーカスがひとりよがりに暴走して、周囲が勝手に残念がる……という構造が、もっとも美しい。観客の顔色なんて、気にしてはいけないのだ。
(それでも、『ファントム・メナス』のメイキングを見ると、ルーカスは観客に理解できるかどうか、かなり気にしてはいる。だが、結果としては首をひねるような描写のオンパレードで、その勘違いっぷりが面白いわけだ。)

なので、エイブラムスという才人が、ルーカスの癖や『スター・ウォーズ』の約束事を噛んで含めて、何もかも計算づくで“それっぽい、いまどきの娯楽映画”を撮ってしまうことに、怖れを感じる。
世間や時代に対して、胸を開かないというか、常に閉じていることが『スター・ウォーズ』の条件。少なくとも、僕は「分かるヤツだけ、追っかけてきてくれ」という、ルーカスの引きこもり性に魅了されている。孤立していてほしい。荒野に、屹立していてほしい。「出来のいい映画」なんて概念、ゾッとする。


たぶん、その「孤高の存在でいてほしい」願望は、自分の育ち方に起因しているのだろう。僕は、いつでも「誰も分かってくれない」と嘆き、ひとりでトボトボ歩いて帰るのが、好きな子供だったから。

昨夜も、クラス会の席で、勝手に怒って帰ってきてしまった。「お前らだけで、勝手に盛り上がってればいいじゃん!」という態度をとったのが、まずかった。
しかし、社交性のない僕をからかうようなヤツが、偉そうに酒宴の真ん中に座っては、黙って席を立つより、しかたがなかった。

その夜は、中国へ団体旅行して、僕ひとりだけ空港にたどりつけない夢を見た。
北京の街で、スーツケースをなくして道に迷い、飛行機に乗れないのではないかと、一人あわてて走り回る、出口のない夢だった。

Paramount/Photofest/MediaVastJapan

|

« ■1126■ | トップページ | ■1202■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106227/62775646

この記事へのトラックバック一覧です: ■1129■:

« ■1126■ | トップページ | ■1202■ »