« ■0715■ | トップページ | ■0719■ »

2015年7月17日 (金)

■0717■

一昨日の【参議院議員山田太郎のさんちゃんねる】、まさかの音声トラブルで30分延長、ラスト30分は、かろうじて音が聞きとれたようですね()。
(一時間以上、レギュラーの人たちがえらく頑張って復旧しようとしてくれていた……)
Bandicam_20150716_212615312実は、音が途切れている間も、山田議員や荻野幸太郎さん、志田陽子教授、永山薫さんたちの議論は盛り上がっていて、特に山田議員の考え方をよく知ることが出来ました。前から思っていたけど、山田議員は「どうせなら、最初から最後まで、きっちり筋を通してほしい」「確信があるなら、堂々としてほしい」と言っているわけですよ、児童ポルノ規制法にかぎらず。だから、信頼に足る。

それが確認できただけでも、良かったです(音声は永山さんが録ってらしたので、そのうちアップロードされるのでは)。
あと、国民の意識が高ければ、法律なんて最低限度で足りるはず……というお話も聞けた。「こういうのは良くないよね」「これぐらいは許せるよね」という相互認識が成り立っていれば、あれもこれも法でしばる必要はないでしょう……というようなお話。
だけど、顔をあわせての対話を、みんな嫌がるからね。ネットに毒素が沈殿していくばかり。


誰もが、苛立ってるんだと思う。日常生活で、猛烈なストレスに耐えているのは分かる。
だからネットで、「無制限に罰せられる誰か」、「決して反撃してこない誰か」をサーチ&デストロイしてるんだろうな。

僕は放送の最後に、「人間ひとりが出来ることは、思ったよりたくさんある」と言ったと思うけど、請願だけでなく、刑事告発も無料でできるし、弁護士に相談したり、企業に意見があるなら、メールフォームだってあるでしょ。
だけど、それをTwitterで言うとキレられるので(笑)。僕は直接、企業や行政に意見するから、キレる人たちはTwitterでキレてれば?という気持ちになってしまう。


昨日は、午前中はおとなしく原稿を書いて、午後は単行本の打ち合わせで、出版社まで出かけた(この写真は、水曜に撮った)。
7cimg0828_25
雑談だけど、地方に行くと、同人誌即売会など滅多にないと聞く。
ところが、クラスの地味な女子生徒から「今度、地元で即売会があるよ」「一緒に行こう」と誘われ、とまどいながらも出かけたんだって。ある人が。
そうしたら、学校では地味なはずの彼女が、すごい華麗なコスプレ姿で現れて、「オタクとは、解放されねばならない何者かなのだ」と悟った……という昔話をしてもらった。

まあ、昔話です。今の若い人たちは、そんなに屈折していない。
「オタク」って言葉は、とっくに汎用性が薄らいでいる。


「友だちの子ども(高校生)が感動していた」という話に触発され、二児の父親である僕の友人が、『バケモノの子』を見てきた。間接的とはいえ、高校生に薦められるというのは理想的パターンであるように思う。

だけど、「みんな元の鞘にもどって、めでたし」という終わり方が、よくないという。
ようするに、まだ戻るべき鞘すらない年齢の子たちに向けられた作品なんだと思う。確かに、人間社会でしっかり生きていこうって、現状を肯定しているだけで爽快感はないんだけど……でも、ヒットしてくれて、僕は嬉しい。

『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』は、ゲーム会社にいるとき、上映会を開いて社員に見せたぐらい好きなんだけど……だから、細田作品には口出しする権利があるとは思っていなくて、自分の知らないどこかで支持されてるほうが嬉しい……という気持ちがある。
そのほうが、「世界は広い」と感じられる。

本当は、誰がターゲットの、どんな作品だろうと、感動した者の勝ちだろう。
だけど、僕は、ちょっと置いてきぼりをくう方が、世界の豊かさを感じられる。映画も、隅から隅まで分からないほうがいい。誰かに理解されれば、愛されていれば、すべてOK。

|

« ■0715■ | トップページ | ■0719■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0717■:

« ■0715■ | トップページ | ■0719■ »