« ■0614■ | トップページ | ■0618■ »

2015年6月16日 (火)

■0616■

EX大衆7月号 発売中
Ex_taishu
●全世界のファン、待望の新作公開! STAR WARS クロニクル

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開半年前になって、ようやく一本目の記事を書けました。計5ページ。
ただ、新作の写真が使えるのはいいんだけど、マスコミ向けに、なにか新しい情報があるわけではありません。プレスシートでも、ストーリーには一言も触れられていません。

フルネームが明らかになっているキャラクターは、ポー・ダメロンのみ(プレスシートに、カイロ・レンの名前は未掲載)。キャラクターの画像は、レイとカイロ・レンのみ使用可。やっぱり、この2人を中心にした話になるんでしょうね。
後半ページは、樋口真嗣監督へのインタビューが丸1ページ、くれい響さんのコラムが半ページ、掲載されています。

●『マッドマックス 怒りのデス・ロード』必見ガイド
こちらは、モノクロ1ページ。だけど、試写を見たその日に書いたので、我ながら勢いのある文章になりました。オフィッシャル・ガイドとかより、こういう読み流される記事のほうが、自分には向いているような気がする……。


ディズニーXDにて、『スター・ウォーズ 反乱者たち』第1話と第9~13話まで。
2043085_201410080457943001412751861たった5人の反乱チームの乗る貨物船は、コレリアン・シップという設定なので、ミレニアム・ファルコンとよく似ている。TIEファイターを4機懸下した小型空母だとか、メカデザインは良い。『帝国の逆襲』版のAT-STが出てきたり、なかなか気がきいている。
チューバッカの初期デザインを流用したのも、センスが良いと思う。

ただ、ジェダイ騎士の生き残りと新しいシスは出してほしくなかった。旧三部作で、フォースは、ルークのパーソナリティの一部でしかなかったと思う。
近代化された帝国軍の中で、ダース・ヴェイダーですら「時代遅れの魔法使い」と笑われているところが、かえって歴史を感じさせて、カッコよかったのに。


レンタルで、『フライト』。
F01574_largeロバート・ゼメキスは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の頃から、欠点のある大人を好んで描きつづけてきた。アルコール依存症でコカイン中毒のデンゼル・ワシントンの醜態には驚かされたが、彼の欠点の何パーセントかを、僕も持ち合わせている。
ジョン・グッドマンの演じるコカインの密売人は、良心に翻弄されるデンゼル・ワシンシンより、はるかに達観した人生を歩んでいる。どの人物も、とても魅力的。多彩な人生観が、共存している。

もっとゼメキスの映画を見なくてはイカンと思い、『キャスト・アウェイ』を借りてきた。

(C)2014 LUCAS FILM
(C)2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

|

« ■0614■ | トップページ | ■0618■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106227/61750909

この記事へのトラックバック一覧です: ■0616■:

« ■0614■ | トップページ | ■0618■ »