« ■0830■ | トップページ | ■0906■ »

2014年9月 3日 (水)

■0903■

【エロ漫画規制は是か非か? 公開生討論】のお知らせ

来週木曜日、11日20時から、自民党の土屋正忠議員をゲストに招いて、討論会を配信いたします。
テーマは、児童ポルノ規制法の法務委員会で土屋議員が話した「犯罪を誘発するようなエロ漫画」()について。そもそも、そんな有害なエロ漫画は実在するのか? 規制する必要はあるのか?

規制反対サイドは、Twitterで募集した一般の方、3名が出席します。スケジュール調整していますので、もし欠員が生じた場合は、対応を考えます。
配信は、ニコニコ生放送の「表現の不自由」コミュニティ()から行います。


さて、今週は毎日取材か……と思いきや、ポッと時間ができたので、『Gのレコンギスタ』を見に行ってきました(パンフレットに関わった程度で、無料で招待してくれるわけではないので)。
Photo ひさびさに、「テレビまんが」を見た気分になれたけど、それは40代のノスタルジアではなく、「これから先、ジブリ作品のような古典になるかも知れないぞ?」という感触です。

たとえば、モビルスーツが進撃するのにビックリして、ジャングルの動物が擬人化された驚き方をする……という表現は、昔の『ガンダム』にあったでしょ。『ガンダム』に限らず、当時のアニメって、あんなの当たり前だったんです。いつの間にか、「シリアス物で、ああいうギャグはやめような」ってなっちゃっただけ。
『G-レコ』は「シリアスもへったくれも、誰にとっても面白くて、最終的にメッセージが伝われば、もうけものじゃん?」という緩さ。受け手も送り手も、勝手に「ギャグはギャグ物でやろうな」「シリアスなアニメで、ウンコとか出すのはやめような」って決めつけすぎじゃないかな……。

あと、ガケみたいな場所があって、そこを飛びこえるシーンが何度か出てくるけど、女の子が気合で飛びこえたり、男の子が手をのばしてギリギリで助かったり……って、こんな当たり前のハラハラドキドキを、もう、誰も恐れてやらなくなってしまった。
「宮崎アニメは、てらいもなく、ずーっとやってたよな」って程度。だけど、「落ちるかどうか」なんてシーンは、枚数かけなくても成立するでしょ。自動ドアにもたれていたら、ドアが勝手に開いてコケるとか。そんな枚数かけてやるようなシーンじゃないでしょ。
「どうです? いつもはシリアスだけど、ここだけギャグですから笑ってくださいね」ってタイミングで出すわけじゃない。『人間失格』に「人からお金を借りるときは、まず笑わせろ」って話が出てくるけど、その程度のこと。シリアスなことを語るなら、いつも笑顔でいようぜって作品です。


世の中ぜんぶ、「そういう考え方なら、○○派だよね」「□□クラスタのはず」と決めつけすぎ。『G-レコ』は、ロボットアニメではあるだろうけど、ジャンル分けしても意味がない。だって、『となりのトトロ』を「妖怪モノ」って呼ぶ人はいないでしょ。

だから、タイトルに『ガンダム』という文字は入れてほしくなかった。なぜなら、「ガンダムには興味ないから、見ない」って人たちの方が、世の中には多いような気がするからです。
もちろん、僕が「EX大衆」で特集やったように、高年齢層に向けたイベント上映では「ガンダムの富野由悠季監督、最新作です」ってアピールしないと誰も見てくれないだろうけど、それほどシビアに客を選ぶ作品ではない。僕は「ガンダムを知らない小中学生向けに、上映会やりたい」と思ってしまったほど。許されるなら、たとえ3年後、5年後でもやりたい。

だけど、作品をヒットさせる、認知させるために考える・工夫する段階では、「まずカテゴリー分け」から入っているように見える。「深夜だから、萌え要素は必須」「聖地巡礼ブームにあやかろう」とか、それで客層は絞り込まれるんだけど、それは臆病な戦法だよね。
「これは萌えアニメなので、百合も入れとこう」ってのは、バラエティ番組の「ハイ、ここ笑うところ」って指示と、もはやレベルが変わらないと思う。本物は客を選ばないから、もっと泰然自若とすりゃあいい。いま、劇場版の『ガンダム』を見ると、「こんな難解なアニメ、クラスの男子全員が見てたのか?」って、唖然とするもの。一般向けにターゲットして宣伝したわけでもないのに、ちゃんと35年たっても見てもらえるでしょう。

だけど、今のアニメって、5年前の作品を取り上げようと思って問い合わせたら、「もうDVDの生産が終了しているので、結構です」と言われてしまう場合すらある。「もしも、Blu-rayを出すことになったら、その時は載せてください」って。
それで、心が豊かになりますかね? 何十年も見てもらえる作品になりますかね?

『G-レコ』を中学生ぐらいの子たちに、何世代にもわたって長く見てもらえる方法は、メーカーさんではなくて、意外と、いちばん長くアニメを享受してきたファースト・ガンダム世代が知っているのかも知れない。

(C)創通・サンライズ

|

« ■0830■ | トップページ | ■0906■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0903■:

« ■0830■ | トップページ | ■0906■ »