« ■スウェーデン旅行記・5■ | トップページ | ■スウェーデン旅行記・6■ »

2014年5月 1日 (木)

■平沢勝栄議員への公開質問状■

児童買春・児童ポルノ法の罰則強化、また漫画の規制に熱心な自民党・平沢勝栄議員に、公開質問状を送りました(特定記録郵便にて、三鷹郵便局が4月2日に受領)。
残念ながら、こちらの決めた期限(4月30日)までに回答が得られませんでしたので、以下に質問状だけ公開いたします。

質問は、この動画にもとづいていますので、合わせてご覧ください。

【公開質問状】

拝啓 
初めてお便りいたします。都内在住の日本国民です。
先日、2013年7月10日にYouTubeにて配信された動画「平沢勝栄チャンネル2013年7月-3 児童ポルノ禁止法案改定案について」を拝見いたしました。
この動画での議員の発言内容について、日本国民として、いくつか質問をさせていただきたいと存じます。大変お手数ですが、2014年4月30日までに文書にてご回答ください。(以下の質問1~6はすべて、上記動画内での平沢先生の発言に対するものです。)
尚、この質問状および回答は、インターネットで公開可能とさせていただきます。私たち国民全体の代表たる国会議員(日本国憲法第43条より)として、誠意あるご回答をお待ち申し上げております。

敬具

■質問1 単純所持について、平沢先生は「諸外国、世界ほとんどの国で罰している」と仰いますが、日本が国家承認している国は194ヶ国あります(外務省HPより)。「世界ほとんどの国」とは、194ヶ国のうち、どことどこを指しているのでしょうか? すべてお答えください。

■質問2 平沢先生は「諸外国でも、酷い漫画については規制しているところが非常に多い」と仰っています。日本が国家承認している194ヶ国のうち、「諸外国」とは具体的にどことどこの国ですか? すべてお答えください。

■質問3 アグネス・チャン氏が平沢先生に「百何万人かの署名を集めて要望書を出された」と仰いますが、署名者数を具体的にお答えください。

■質問4 単純所持について、平沢先生は「親が子供の水浴びを撮影したとしても、罰せられるわけがない」と仰っておられます。しかし、1995年、イギリスBBCの女性ニュースキャスターが7歳の娘の入浴を撮影、警察から家宅捜索を受けています。また、2003年にはアメリカで一歳の我が子に授乳している姿を撮影させた母親が逮捕され、養育権を奪われました。これらの事案については、どう解釈されていますか?

■質問5 「何をもって児童ポルノとするか」について、平沢先生は「親が子供に見せられるかどうかが、ひとつの大きな基準」「親が子供に見せられるなら、児童ポルノに当たらないと思う」と仰っています。「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」のどこにも、そのような基準は書いてありません。つまり、同法3号に児童ポルノの新たな基準(親が子供に見せられないもの)が追加されると考えてよろしいですか?

■質問6 漫画規制について、平沢先生は「諸外国では、子供の見る漫画と大人の見る漫画の区分けが、ものすごく厳しくなっている」と仰っています。日本が国家承認している194ヶ国のうち、「諸外国」とは具体的にどことどこの国で、どのように区分けされているのでしょうか? すべてお答えください。

平成26年4月1日

東京都三鷹市(略)
廣田恵介

東京都千代田区永田町2‐2‐1
衆議院第一議員会館1115号室
平沢勝栄殿


-------------------------------------------

以上、特定記録郵便として発送後、4月3日に配達した旨、銀座郵便局からの配達証明書も、手元にあります。
動画の中で得々と話したことなら、割と簡単に答えられる内容のはずであり、答えが得られたなら、我々にとっても勉強になると思うのですが、一体なぜ、ご回答いただけなかったのでしょうか?

まさか「知らなかった」「適当に話した」なんてことはありませんよね?

平沢勝栄議員事務所で、 何らかの行き違いがあって、私の質問状をなくしてしまったのでしょうか?
分かり次第、またご報告したいと思います。See ya !

【追記】議員事務所まで行って聞いてみたら、同様のメールやFAXが多すぎて、個別対応できる限界量を超えていたそうです。……だから言いっぱなしでいいと、僕は思わないけどね。

|

« ■スウェーデン旅行記・5■ | トップページ | ■スウェーデン旅行記・6■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■平沢勝栄議員への公開質問状■:

« ■スウェーデン旅行記・5■ | トップページ | ■スウェーデン旅行記・6■ »