« ■スウェーデン旅行記・11(完)■ | トップページ | ■0519・署名者一万人へ向けて■ »

2014年5月16日 (金)

■0516・児童ポルノ禁止法・院内勉強会■

スウェーデン旅行記を書き終え、このブログも通常運行……と思いきや、今朝はコンテンツ文化研究会さん()主催による「児童ポルノ禁止法・院内勉強会」が、衆議院第一議員会館でありました。

朝9時半から、というスケジュールで、水疱瘡から回復したばかりで満員電車はキツかったのですが、このたびの改正案は正念場を迎えており、欠席はできません。
テーマは、漫画・アニメなどの表現物規制はさておき、「単純所持禁止」が、いかに国民の権利を侵害するかについてです。
冒頭、山田太郎議員の挨拶があり、「児童ポルノという名称の変更」と「単純所持禁止については事前警告すること、3号ポルノ規定を細かく決めること」を法務委員会に申し入れている……という報告がありました。(ここまで読んで、「何のことやらサッパリ……」という方は、私の発信している署名だけしていってください。⇒


講師は、京都大学大学院・法学研究科の教授で、刑法学者の高山佳奈子さんです。
高山先生はざっくばらんで有名な方のようで、いきなり聞くと「!?」と思われそうですが、「行動の自由と幸福追求権の観点から喫煙の自由が認められているからには、オナニーの自由も認められて当然」と、事もなげにおっしゃる。
つまり、偽札を「使う」目的で所持していたら、社会に危険性がありますよね? だけど、写真を所持していることは、社会に危険性を与えるのですか?と。
もうひとつ、先生は例をあげられました。ストーカー行為は犯罪です。しかし、ツイッターで好きな人のタイムラインをたどっているのは犯罪なのでしょうか? 社会にとって脅威でしょうか? もしそれが罰則化されたら、片思いをしてはいけないことになりはしないか。

ちょっと話が分かりやすくなってきませんか?
憲法第31条(何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない)というのがあります。今回、「自己の性的好奇心を満たす目的で、児童ポルノを所持した者」を罰するという改正案が通りそうなんですね。
しかし、いかなる画像であれ、それを持っているだけで罰するのは、憲法31条の保障する基本的人権に照らし合わせると、疑わしい……という指摘です。


ただし。ただし、写真を撮ること自体が「児童虐待」に当たる場合もあります。それは虐待物「製造」の罪として、現行法で処罰可能なはずで、逮捕者もいっぱい出ています。
それでも尚かつ、写真を持っていること自体、「性的好奇心を満たす目的」では処罰できないはずである……というのが、高山先生の指摘です。
(写真を所持しているだけで、社会に危険をもたらすのか? ここは異論が出そうな部分とは思います。)

ここで、先生はデータを引用なさいます。OECD(経済協力開発機構)諸国の強姦発生率のデータを見ると、日本はグラフに現われないほど低い。
殺人に関しては発生率が低いうえ、検挙率が高い。つまり、殺人を犯せば、ほぼ逮捕されている。異論はあると思いますが、日本は治安がいいはずである。
もうひとつのデータとしては、1990年代初頭のヘアヌード解禁。1972年には4,677件もあった国内の強姦罪が、1995年には1,500件に減っている。つまり、画像や動画で満足する人が増えたと言えないだろうか。ドイツ、デンマーク、スウェーデンでも同様のデータが得られている。
では、いわゆる先進国で、強姦罪が減っているのか? 私が何度か例にあげたものでは、アメリカをはじめ、聖職者による児童性虐待が、いまだ世界的問題になっていますね。検索してみてください、すぐデータが出てきますよ。ここ十数年の話です。

つまり、単純所持を禁止している先進国で児童性虐待が多発しているのに、なぜ治安のいい日本が(性虐待の多い)先進国のマネをせねばならないのか? それは非科学的である、と高山先生は言います。


ほかに、一部の児童性虐待の写真所持については、すでに刑法104条で違法となった例なども紹介されました。……でも、異論・反論が続出するとは思うんですね。
また、ツイッターで朝から「クズ野郎」とか言われるわけですよ(笑)。僕に何を言ってもいいんだけど、あなたの本当の敵と直面したらどう?と思ってしまいますけど。

高山先生の講義は、理のうえに理を重ねた冷徹とさえ言えるものでした(例えば、被害児童の感情はさておいて……という話でした)。
対して、規制推進側は、「感情でしかモノを言っていない」んですよ。僕の知るかぎり。「ひどい」「許せない」「子供に見せられない」。彼らに説得されたおぼえはないし、議論にもならない。
「気持ち悪いから」なんて感情はね、いちばん自分でコントロールしなきゃいけないんですよ。大人でしょう? 規制派の人たちは、とにかく自分の感情にルーズです。駄々っ子みたい。

どうせ単純所持を罰則化するなら、ただの一度でいい。理屈のみで説得してごらんなさい。全国民が犯罪者になり得るんだから、規制推進派議員には、その義務があります。署名が終わったら、日本国民たる僕は公式に説明を要求しますよ、いいですか?


署名活動に関しては、本日、9,000人を突破しました()。まだまだ足りません。

いま、一般の人に向けた告知ビラを作成中です。何人かの方たちに協力してもらったり、厳しいご意見もいただきました。ちゃんと警察に許可をとって、ひとりで配る予定です。
これは社会全体の問題だと思うので、僕は街の中に立ちたいのです。ツバを吐かれたっていいんです。怒鳴ってくれてもいい。街の声を聞きたいんです。

|

« ■スウェーデン旅行記・11(完)■ | トップページ | ■0519・署名者一万人へ向けて■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0516・児童ポルノ禁止法・院内勉強会■:

« ■スウェーデン旅行記・11(完)■ | トップページ | ■0519・署名者一万人へ向けて■ »