« ■0212■ | トップページ | ■0215■ »

2014年2月13日 (木)

■0213■

あいかわらずの思いつきで、ストックホルム行きの航空券を10万以下で買ってしまい……4月中旬、スウェーデンへ行ってきます。
Caw2st2i_2本日は、『地球の歩き方 北欧』を探しに行って、『ヘンリー・ダーガー 非現実を生きる』を衝動買い。
1900円で、ものすごく充実している画集。人込みで見づらい個展へ行くより、断然いいんじゃない? 横長の絵は、折り込みで再現、図版はすべてカラー。ダーガーとは誰なのか、『非現実の王国で』の何がすごいのか、丁寧に解説してある。編著の小出由紀子さん、リスペクト。
そして、この表紙を平積みどころか、立体的なポップにしてに販売した啓文堂書店にもリスペクト。


さて、ダーガーは芸術で、市販のエロ漫画はわいせつなのか? BS日テレ『深層NEWS』の「児童ポルノ拡散を防げ 法律でどこまで規制」を視聴。出演は推進派の平沢勝栄議員(自民党・元警視庁)、反対派の山田太郎議員(みんなの党)。
……すべて文字起こししたいぐらいだけど、これは予想以上にとんでもない。平沢議員の言葉を中心に、メモっておきますか。

まず、2003年には215件だった児童ポルノの検挙が、2012年には1596件になったというグラフ。 「これがすべてではなく、暗数(統計にあらわれない数字)が、い~っぱいある。なぜなら、子供の将来を傷つけたくないなど、親御さんにはいろいろ考えがあるので、協力してもらえない。だから、事件としての検挙が難しくなってくるため。」……そういうケースは証拠がないし、何も実証できないので、平沢議員の想像ではないか?という気もするのだが、実際に児童が被害に合うような事件については、もちろん厳重に取り締まってください。現行法で。

しかし、今回の主な争点は、定義すら曖昧な児童ポルノの「単純所持の禁止」です。
ここから、平沢議員の言葉が怪しくなってきます。


平沢議員が単純所持を禁止したい理由は「日本は(児ポ規制については)世界から見ると、最も後進国と思われている。」「先進国並の、世界の常識に合わせた形で取り締まる。」「(単純所持禁止は)世界では、常識になってきているんです。」「外国が、ほとんどの国が禁止しているわけですよ。」「外国の主な国は、ほとんど(禁止を)やっているわけですよ。」
……検討事項として挙げられている「漫画、アニメと性犯罪の因果関係」についても、 「外国にも(漫画やアニメを取り締まっている)例がある。」「他の国には(禁止項目が)あるという前例。」を、理由にあげています。

山田議員は、単純所持禁止については「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの」という、児ポ法の曖昧さを指摘します。
平沢議員は、「時代ごとの社会通念に合わせて変えていくため、定義を曖昧にしている」と反論しますが、漫画、アニメについては「日本は(児ポの区分が)外国と違って、ハッキリしてないんですよ。」「外国は、区分がものすごく厳格なんです。」 ……ん? 単純所持禁止については「曖昧なままでいい」のに、漫画、アニメだと「厳格にしなくてはいけない」のですか?
先進国、ようするに「欧米は何でも進んでいる、優れている」という昭和の頭でいるから、こういう矛盾を言ってしまう。

漫画、アニメを検討事項に入れた理由は「外国で規制しているところが、いっぱいあるってことです。」「じゃあ、なぜ外国では取り締まっているんですか。やっぱり、いろんな問題があるからでしょう?」「諸外国でやってるからですよ。」
この程度。規制を進めようとしている本人が、こんな程度なんです。敗戦コンプレックスですね。カトリック聖職者による児童への性的虐待は、国連で問題視されている()。それが「外国」の現実です。


平沢議員は、秋葉原で写真集や漫画を買ってみたそうですが、「水着というより、事実上、ハダカに近い。」「見たらひどいもので、自分の子供にはとても見せられないような酷い漫画。」と、曖昧な主観しか述べません。どうしても児ポ法を規制強化したいなら、第三者が「これはNG、ここからはOK」と判断できる「厳格な区分」が必要でしょう。
さらに、山田議員が「なぜ、アニメと漫画だけ狙い撃ちで、小説は外されているのか」と疑問を呈すると、「小説は子供たちが読めないからですよ。」「子供が読む小説で、ものすごくエログロだったら、当然、(規制の)対象になりますよ。」と、あれ? 子供の見る漫画やアニメ、小説を規制するの? 大人の犯す犯罪と表現の因果関係を検討するんじゃないんですか?

出版社の自主規制について、「大手の出版社は、その辺のことはわきまえておられるかも知れないけど、なんかワケの分かんない出版社が、ドンドン出してきて、いろんなところで売っているわけですから」と、平沢議員は言います。自らが関わった松文館事件のことでしょうね、ワケの分かんない出版社って。
こうやって、強者は疑わず、弱者から潰していく。そのために、権力者は世の中で最も弱い者をダシに使う。すなわち、子供ですよ。

|

« ■0212■ | トップページ | ■0215■ »

コメント

あ、平沢、「漫画と性犯罪に関連が無い」って認めてる
だってこの人エロ漫画を見たんでしょ?

つまり、本当にポルノが性犯罪を助長する効果を持つなら
この人も影響を受けて、性犯罪に走っていないとおかしいわけだ

しかしそうではない
よって影響性はないw

>見たらひどいもので、自分の子供にはとても見せられないような酷い漫画。」


ポルノは18禁だし、子供に見せる漫画ではないんですけどね・・・


>「じゃあ、なぜ外国では取り締まっているんですか。やっぱり、いろんな問題があるからでしょう?」


取り締まってる国を具体的に言ってほしいですよね

投稿: たっかー | 2014年2月16日 (日) 06時00分

■たっかー様
こんにちは、コメントありがとうございます。

>つまり、本当にポルノが性犯罪を助長する効果を持つなら
>この人も影響を受けて、性犯罪に走っていないとおかしいわけだ

「漫画を所持しているだけで逮捕」という結論ありきなので、そこに至る理屈は、どうとでもなってしまうわけですよ。
あと、平沢議員は単純所持に関する海外での冤罪については調べていないらしく、口をポカンとあけて山田議員の説明を聞いていました。

>ポルノは18禁だし、子供に見せる漫画ではないんですけどね・・・

途中から「子供に見せられない」という話に、すりかわってしまったんですよ。規制側は、頭が整理できていない様です。

>取り締まってる国を具体的に言ってほしいですよね

漫画・アニメに関しては、「イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダが禁止」という表が出てきました。だけど、なぜかG8だけが基準になっています。
世界には、8つしか国がないんでしょうか(笑)。

投稿: 廣田恵介 | 2014年2月16日 (日) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0213■:

« ■0212■ | トップページ | ■0215■ »