« ■0130■ | トップページ | ■0204■ »

2014年2月 2日 (日)

■0202■

この土日は、都内あちこちで「選挙に行こうデモ」「選挙に行こうフェス」が開催されて、なかなかにぎやかだったんだけど……俺は、宇都宮けんじ都知事候補()と一緒に、高円寺商店街の練り歩きに参加!
Cimg0264_2宇都宮さんの政策は、まず老人介護、子育て、若者の雇用ですからね。貧困社会からの脱却。「俺は貧困とは関係ない」という人が、低賃金で長時間労働しまくっていたりするよね?
何はともあれ、都民は選挙に行くことだ。「政治参加しても何も変わらない」とかいう、甘ったれたニヒリズムと決別するためにも。

『「表現の自由」を守ってくれる都知事は誕生しなそう? AFEEが都知事選候補者へのアンケート結果を公表』(
昼間たかしさんは最近、悲観的な記事ばかり書いている。児童ポルノ禁止法改正案は、今国会中に提出見込み。焦るのは分かるけど、国会をしっかり監視するしかないと思う。


「お前たちえただろう。えたのくせして差別がイヤなんてふざけたこと言うんじゃねえ。えたは差別されていればいいんだよ。差別されないえたなんて家をつくらない大工みたいな者。勤務怠まんである。えたが差別イヤということは絶対に認められない。お前たちは日本、いやこの世にいるかぎり差別されるのが仕事である。(以下略)」 『安心のファシズム』より
2003年末、部落解放同盟に送られてきた書簡からの引用だが、「えた」を「在日」に置き換えれば、いまネットに溢れている在日韓国人・中国人への差別発言とピタリ重なる。この手の幼稚な差別感情には実体験による裏づけが感じられず、「どこかに悪い奴らがいるぞ」程度の乏しい情報から生じているという。

年末、編集者から「ネトウヨって、ようは自分自身のコンプレックスと向き合えないから、その苛立ちを社会的・国際的なものと錯覚することで、差別を正当化してるわけでしょう?」と問いかけられたが、他者をおとしめて安心しようとする姑息な心理は、日常のあちこちに潜んでいる。
仕事でも、自分の能力不足に焦りまくっている人ほど、「廣田さん、そんな仕事の進め方でいいんすか?」みたいに、他人に転嫁しがちだもんね。嫉妬ですらないんだよ、その人の内部の問題だから。

先月、現政権が外国人労働者の受け入れ拡大の準備を始めると、さすがに安倍晋三を崇拝していたネトウヨたちも、気がついたらしい。「そんなことしたら、韓国人や中国人の労働者が大量に流入してきてしまうのでは?」「そんな政策おかしいぞ?」
自民党本部隣にあるローソンでは、中国人の女の子が普通にレジ打ってるし、生の現実に接すれば「在日死ね」なんて言ってられないはずなんだ。
ネトウヨの人たちは自分を許せないんでしょ? 本当は「俺死ね」と言いたいんじゃない?


ネトウヨとまで行かなくても、秘密保護法反対のプラカードをネットで見て、「あんなフォントを主婦が持っているはずがないから、プロ市民がデザイナーを雇ってるんだろう」などと、卑屈な言いがかりをつける人がいる。
違うんだよ。秘密保護法に対しては、プロのデザイナーの中にも反対する人たちがいたの。官僚主導国家になるのを怖れて、演劇人や映画人も反対声明だしたでしょ。クライアントの顔色だけうかがって業界の外へ、街へ出ようとしない雇われデザイナーはどっちだよ?って話だ。

「デモとか反対運動うぜー」って人は、原発事故の起きなかった「もうひとつの日本」を生きてるんだろうな。平行世界的に言うと(笑)。
僕が高円寺の脱原発デモに参加したとき、「廣田はどこのセクトだ?」とか言ってるヤツがいんの。セクトって、昭和かよ。冷戦かよ。参加してみりゃ分かるよ。これから社会に出ていく若い層は、もはやデモにも選挙にも期待してないの。その静かな絶望に、詰んだ大人たちは応えられないでいる。言葉ひとつ、かけられない。
その無力さこそを、本当は痛切に感じなければならないんだよ。俺たち昭和生まれのオッサンたちは。

|

« ■0130■ | トップページ | ■0204■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0202■:

« ■0130■ | トップページ | ■0204■ »