« ■0210■ | トップページ | ■0215■ »

2013年2月12日 (火)

■0212■

一両の戦車の中だけで完結する、異色の戦争映画『レバノン』。
Lebanonstills_0987819外の風景は、すべて戦車のペリスコープごしにしか見えない。テロリストが、民家に立てこもっているのが見える。砲撃手は、家の中に小さな子供がいるのを目撃し、「撃てない」と焦る。そうこうするうち、テロリストは自爆。
子供の母親が、ふらふらと建物から出てくる。歩兵たちは「立つな」と銃で威嚇するが、子供を失った母親は、もうろうと付近を歩き回る。そのうち、服に火がうつってしまい、彼女は泣きながら、服を脱ぐ。裸になって立ち尽くす母親に、歩兵は毛布をかけ、「危ないから、しゃがんでいろ」と、今度は優しく声をかける。
――その一連を、戦車の中から見ている主人公たち。そして、我々。


敵陣の中、戦車の内部だけで完結する『レバノン』は、もちろん『ガンヘッド』によく似ている。実は、ミリタリズムに徹しすぎたことが『ガンヘッド』の失敗であり、成功でもあった。
Cafqcnyp
(←天神さんジャケットのDVDを、ひさびさに再生。)
「ガンヘッドパーフェクション」収録の資料を見ると、驚いたことに、冒頭の地図が映るシーンは「'40年代の戦争映画や『カサブランカ』『脱出』をホーフツとさせるレトロ感覚」と、台本に書かれており、つづくロボット戦争のシーンは「第二次大戦のニューズ・フィルムの一駒のように――」と書かれている。だから、モノクロだったのか!
しかも、地図~ロボット戦争のシーンには「ブラスバンドのカッコ悪い曲」を流して、違和感を生じさせる狙いがあったという。(サントラの12番目に入っているマーチが、多分それだろう)

敵の警報システムが40秒後に反応するから、隔壁爆破後30秒でジャミング装置を作動させ、警報を鳴らさせない……敵を騙しながら突破口を開いていく展開は、原田眞人監督が最も参考にしたという『サハラ戦車隊』に、なるほどよく似ている。
しかし、セリフがカットされているせいもあり、「なぜ爆破後30秒でジャミング装置をオン」なのか、さっぱり分からない。簡単に分からせようとしないし、誰の好みに合わせようともしていない。ちっとも優等生じゃないところが、『ガンヘッド』の魅力なんだろう。

誰にも理解されなくても、なぜか堂々として自信たっぷり。そういうヤツが、僕は好きなんだと思う。


北朝鮮の核実験に合わせて、日本政府は「防衛省や文部科学省など関係省庁の幹部が出席して、放射能対策に関する連絡会議」を開催。→
福島第一原発事故で国内が汚染され、都内ですら「住めない」といわれる場所があり、スーパーで売っている食品にまで放射性物質が混ぜられている状況を許しているくせに、他国からの汚染にだけは、何故こうも対応が素早く、また厳しいのか? 意味が分からない。論理性がない。

僕らはもう、二年間も汚染された国に住んでいる。今になって、他国のせいで汚染されたかのような偽善的な態度を、とらないでほしい。
自分の罪は棚上げしたまま、他人を徹底的に責めたてるような大人ばかりで、本当に恥ずかしいし、申し訳なく思う。そう思えないヤツがいたら、自分で自分を殴ってください。
仕事に戻ります。

(C) 2009 METRO COMMUNICATONS / PARALITE PRODUCTIONS ARSAM INTERNATIONAL sarl / ARIEL FILMS GmbH ARTE FRANCE CINEMA All RIGHTS RESERVED

|

« ■0210■ | トップページ | ■0215■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0212■:

« ■0210■ | トップページ | ■0215■ »