« ■0131■ | トップページ | ■0204■ »

2013年2月 2日 (土)

■0202■

昨日、コトブキヤ秋葉原館へ、『ガンヘッド』展(「ガンヘッドパーフェクション」発売記念イベント)を見に行きました。
Cagssebq展示されていたガンヘッドとメリーアンは、2007年のDVD発売記念イベント時のものと同一かな? 背面・側面から見ると、コトブキヤのプラモデルがディテールの位置と形状を把握したうえで、「1/35スケール」として最適の密度に再解釈しているのが、よく分かるよ。プラモデルを組んでから見ると、なおさら良いはず。

会場には、当時の台本や絵コンテ、「俺の艦長」(アキバBlogさん、ありがとう!→)の表紙を描いていただいた麻宮騎亜先生のコミカライズや、ニムのポスターまで……。
いずれの資料も「ガンヘッドパーフェクション」に掲載されてはいますが、大きいので見ごたえがあります。明日3日(日)まで開催中。

あと、プラモ作例も沢山。プロの方がキチッと塗りこむと、精密感が増しますね。自作のプラモデル作品を持ち込むと、優先的にトークショーを見られたそうですが、僕のガンヘッドは、こんな姿になっています。→
誉められたためしがないので、とても持ち込む勇気はない(笑)。


秋葉原でプラモ関係の店をのぞいてから、都内某所(やはり『ガンヘッド』関連)へ移動。
手元にあった水曜ロードショー版の『ガンヘッド』を録画したVHSをお貸ししたのだが、「あのVHSテープは、デジタル化して残しておいたほうがいいですよ」と言われた。
「だって、テレビの『ガンヘッド』なんて、他にも録ってる人いるでしょう?」と返すと、「同じテープに入っていた『帝国の逆襲』は、塩沢兼人版ですよ!」
すっかり忘れていたが、『ガンヘッド』と同じ頃にテレビ放映された『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』が、ルーク役=塩沢兼人、ハン・ソロ役=山寺宏一というレア・トラックらしい。珍しいので、デジタル化して保管しておくべき、と。

こういう話は楽しいので、ついつい長居してしまう。


話題にするだけでヘドが出そうだが、柔道全日本女子代表の監督が、選手たち15人の告発で辞任した。告発内容は、度をこした暴言や暴力。
で、この元監督は、警視庁所属の巡査部長なんです。現職の警官。ようするに、そういうこと。権力とスポーツと暴力は、仲良し三兄弟。警官は、「ちょっと気に食わねえな」と思ったら、どこの誰でも呼び止められる。(実例→) 卑しい、汚らしい仕事。若い女性を罵倒し、殴打し、怪我でも試合に出すような腐ったオッサンなら、警官は十分に務まるわけ。病んだ社会だよね。

「男らしさ」なんて、しょせんはそういう性質のものです。いかに体力があろうと、つらい稽古に耐えようとも、自分より若い女性を殴って怒鳴って偉くなれる、そういう世界です。
上下関係とかさ。先輩後輩とかさ。「オッサンを一番偉くするための仕組み」だよね。人間の中で、いちばん役に立たないのが、歳とったオスなんだよ。それを悟られたくないから、学校や社会に男尊女卑の上下関係を組み込んで、汚らしいオヤジが最強でいられるシステムをつくったのさ。
まして、柔道の監督が警官なんだよ? 俺たちの税金で食ってるんだから、税金なんて払う気なくすよね? このオッサン、俺たちの税金で何歳まで暮らすんだろうな?

AKB48で、女の子が坊主になってまで「AKBに残りたい」って泣いてたけど、街に出ればいいじゃん。東京じゃなくたって、駅前で歌っている女の子は、いっぱい見たよ。夜中、仲間と一緒にダンスしている若者なんて、日本中にいるだろ。組織ではなく、自分を生かそうよ。
スポーツは苦手で、体育の教師にも嫌われていた俺だけど、草野球がいちばん面白いんじゃないの? 組織のためにやるから、辛くなるんじゃないの?

若い人は、自分がどれだけ自由であるか、確かめてみてほしい。觔斗雲に乗った孫悟空みたいにさ。オッサンなんかに頭さげなくても、ちゃんと生きていけるから。

|

« ■0131■ | トップページ | ■0204■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0202■:

« ■0131■ | トップページ | ■0204■ »