« ■1226■ | トップページ | ■1230■ »

2012年12月28日 (金)

■1228■

本日納品予定の原稿が、昨日の早朝に出来てしまった。
今夜は大手出版社のパーティに呼ばれているのだが、地元の友だち2人と、ささやかな忘年会を開くことにした。


ムービープラスで、クリント・イーストウッド監督&主演の『トゥルー・クライム』。
159317view001このジイさんは、まるで今までの人生を贖罪するかのように、弱者を救う映画を撮りつづけている。この映画では、冤罪で死刑寸前の黒人青年を救おうと、奔走する。

そして、彼が黒人の家庭を救えば救うほど、彼自身の家庭は崩れていってしまう。獲得すればするほど、失っていく――その辛さを、思いきって受け入れるイーストウッド、なかなか潔い。
彼が最後に親近感を持つのは、ホームレスの黒人である。

この映画について調べていたら、「※ストーリーの結末が記載されていることがあります。ご注意ください。」と書かれていたのだが、いったい何に注意すればいいの?
テストの答え合わせしてるんじゃないんだが。


原発事故当時、三陸沖に派遣されていた原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員8名が、「福島第1原発事故の影響が正確に伝えられず被曝し、健康被害を受けた」として、東電に94億円の損害賠償を求める訴えを起こした()。
「放射能は安全だ」「風評被害だ」と、事実をうやむやにする日本人は見習った方がいい。

先日、僕の自宅マンションから出た3,000Bq/kgの汚泥。「私の責任だ」とか気取ったこと言って放射線の飛びかう場所に寝起きしてないで、コンクリに遮蔽された場所に移動しました。
来年早々、もう少し広い地域で検体を集め、測定してもらおうと思います。

あ、「放射能は安全だ。それぐらいでビビるな」という方、僕の家の3,000Bq/kgも平気ですよね? 差し上げますので、可愛がってあげてください。


高校の野球部員が、路線バス内で障害者の男性に嫌がらせ、その様子を撮影してネットに投稿()。
ま、高校球児のモラルなんて、この程度のものですよ。

で、高校球児は「大人」「老人」に守られているし、支配されてもいる。日本高等学校野球連盟とか、日本学生野球協会とかさ。こういう組織の偉い人は、元・政治家か元・官僚です。
……単純に、体制とつながりのある高校生なんて、気味が悪いよね。で、こういう身体頑健な若者たちが、弱者を公共の場で差別して楽しんでいる。「オイコラ」と、通行人をいつでも拘束できる警察官と変わらないよ。

(C) Warner Bros. Entertainment Inc.

|

« ■1226■ | トップページ | ■1230■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■1228■:

« ■1226■ | トップページ | ■1230■ »