« ■1222■ | トップページ | ■1226■ »

2012年12月24日 (月)

■1224■

クリスマスに書くのも、気のひける話ですが……日暮里放射能測定所「にっこり館」()で、自宅ベランダの汚泥を測ってもらいました。
Ca3cg0wj結果は、2,991.9Bq/kgです。東京都三鷹市、三鷹駅近くのマンション9階。
ほぼ、3,000Bq/kgの汚染と考えていいでしょう。これが、どのくらいヤバい数字なのかというと、2009年の東京都新宿区の土壌汚染が、1.5Bq/kgだったそうです。もう、ケタが違います。
ちなみに、同年の汚染度を調べてみると、鹿児島県指宿市が0.43Bq/kgとなっています。こういう数値が出るのは、過去の核実験の影響だそうです。
(原発事故前でも、日本国内の食品は多少、汚染されていた。ただ、現在の数値とは比較にならないほど低かった。)


「にっこり館」へ一緒に行った友人は、自宅マンション裏の土、フィルターで濾過した水道水、岩手県のお米などを測ってもらっていました。これらは、ほぼ検出限界値以下。
身のまわりが心配な人は、「にっこり館」は格安なので、あれこれ測ってもらうといいでしょう。汚染度の高い東京に、あえて残っている誠意ある放射能測定施設、つぶれて欲しくないので、多めにカンパしておきました。

さて、僕の自宅マンションから出てしまった汚染泥……具体的には、土埃や雨水、枯葉などが堆積したもの。これは、自宅に持ち帰り、玄関に密閉して置いてあります。うちに子供がいたら、どこか手の届かない場所に置いたと思います。放射線を出しているからといって、その辺に捨ててしまうのでは、東電や日本政府と同レベルになってしまう。
僕は、この汚染された泥と暮らしていく。それが、原発事故後に生きのびた僕の、責任の取り方のひとつだと信じる。


だけど、子供たちは関係ないし、このルールを友だちに押し付けるつもりもない。
それでも、首都圏で暮らす以上、風の強い日には使い捨てマスクをして、手はしっかり洗ってほしいなと、心から思う。今後、数十年は、都会のあちこちに放射性物質が残ったままだろうから。

原発を止めたままにしておくのはもちろんだけど、廃炉にしたところで、放射性物質が消えてなくなるわけではない。原発事故が起きたのに、食品にまぎれこんだ放射性物質を許容している日本人ごときに、何万年も放射性物質を管理していく能力はない。覚悟もなければ、システムもない。だから、「安全だ」と自らをだます。

結局、「自分が死んだあとなら、世界なんて滅んでいい」と考えているニヒリストばかりの国なのだと思う。
一体、どこで間違えたんだろうな。
自宅の近くに、線路をくぐる地下歩道があって、そこにはいつでもゴミが投棄されているんだ。だけど、僕ら三鷹市民は市に税金を払って、ゴミの処理をしてもらっている。三鷹市に「税金を払わず、勝手にゴミを捨てているヤツがいますよ」と連絡したら、その地下歩道から、市がゴミを回収するようになってしまった。これでは、不法投棄しているヤツの思うつぼで、まったく解決になっていない。なので、今度は「ゴミを捨てないで下さい」と貼り紙すれば?と提案。すると、三鷹市は「あの地下歩道は、三鷹市と東京都、両方に所有権がある。三鷹市の判断だけでは、貼り紙はできない」と言い訳してきた。
こうやって、問題の本質をそらして努力も工夫もしない公務員、「誰も見ていなければ」と公道にゴミを捨てて平気な国民が、一致団結して汚らしい風景をつくっているわけだ。

放射性物質をバラまかれても「OKOK、安全安全!」と目をそらし、自らついたウソを信じこんだまま、安らかに死んでいく――。だったら、俺は真実を口にして、そのために銃殺される道を選ぶね。

|

« ■1222■ | トップページ | ■1226■ »

コメント

ただ、お前人の批判がしたいだけだろw

投稿: 名無しさん | 2013年1月 3日 (木) 00時49分

何か気に触ったかな?
愛知県なら汚染もないし、安全だろうに。

投稿: 廣田恵介 | 2013年1月 3日 (木) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■1224■:

« ■1222■ | トップページ | ■1226■ »