« ■1213■ | トップページ | ■1217■ »

2012年12月15日 (土)

■1215■

横須賀に、軍港めぐりに行ってきた。
Cimg0283ジョージ・ワシントンに近づいたとき、小さなタグボートが一艇、僕たちの乗る遊覧船に近づいてきた。どうやら併走しているようだ。「もしかして、不審な客がいないように監視しているの?」と友だちに話しかけたとき、タグボートは急旋回して、空母のほうへ戻っていった。
ジョージ・ワシントンは機密が満載なので、市民からも見えない位置に停泊しているという。だから、遊覧船にもタグボートが張り付いていたのだな。こういう演出をアニメでやれば、どれだけ世界観の重厚さが増すだろう?

磁気機雷を受けつけぬよう、木材で造られた掃海艇……センス・オブ・ワンダーだ。筒井康隆Cimg0297 の戦争SF小説『馬の首風雲録』に、木造の宇宙船が出てきたのを、思い出す。

こういうのは、頭のネジを緩めて、「おっ、スゲエな」と楽しむのがコツ。「戦争反対だから、軍艦は嫌いです」というのは、ネジのゆるめ方を知らない人という気がする。


つづいて、記念艦・三笠へ。
Cimg0314この主砲一発で、お台場のガンダムは粉々にできるな。それぐらいの説得力を感じた。
百年前の艦でもあるし、三笠はもう、ファンタジーの世界だ。「こういうアナログな兵器観を生かせたのは、宮崎駿だけだったね」と友だちに話しかけたら、近くで『ラピュタ』のマーチがかかっていた。

しかし、三笠は全体に湿っぽい雰囲気だった。すぐ隣に小学校があったんだけど、どうしてあんな四角いコンクリの塊なんだろう? 小学校の校舎ぐらい、創造的なデザインにすべきと思うんだが。


「自民党が徴兵制を導入しようとしてるのは、デマだ!」と、今ごろになって、ネット右翼の方々が騒ぎ出しているという。そりゃあ、兵役に行くのは、若い君たちだからなあ。
というわけで、明日は選挙です。
選挙に行かない人に、「行け」とは言いません。選挙の結果だけは、万人に等しく降りかかってくるのだから。


「ガンヘッドの全体像が、分かりづらい」という声があったので、全身の写真をUPします。
Dsc_1241_2足元には、歩兵バージョンのバイオドロイドが2体。ガンヘッドも、特徴である頭部チェーンガンを外してしまったので、代わりに右腕をガトリング砲に。
一応、映画の世界観や元デザインへのリスペクトは、残したつもり。

巨大ロボット映画といえば、この『Pacific Rim』は大期待!→
狙いの明確なカメラワークで、巨大感をうまく出している。海上に二体のロボットが着水して、奥のロボットが足を滑らせているカットが好き。センスがいい。


12月15日、本日は亡くなった母の誕生日。
クリーム色のウィンター・ローズを買ってきた。クリスマスが近いせいなのか、花屋はとても混んでいて、なんだか嬉しかった。

|

« ■1213■ | トップページ | ■1217■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■1215■:

« ■1213■ | トップページ | ■1217■ »