« ■1108■ | トップページ | ■1112■ »

2012年11月10日 (土)

■1110■

生きているうちに、あとどれだけ模型をつくれるか分からないので、自分で購入した1/35 ガンヘッドは、戦車のパーツを中心に改造中。朝から始めたら、昼まで手が止まらない。
Ca2hgf65左肩は105mm戦車砲、右肩はCITVという熱感知センサーがぴったり。武器が多すぎると、かえって弱そうかな?と思っていたので、径が合って良かった。
顔面は、チェーンガンを付けずに、カメラアイのようなパーツを接着してある。肩のハッチ状のパーツを接着せず、内部をデコレーションしたり、いろいろ遊んでいる。


ケーブルテレビで、細田守版『時をかける少女』を、ひさびさに。
アニメNewtypeチャンネルにレビューを書いたとき、サンプルDVDをいただいたんだよね。その割に、あまり見返すことがない。
007公開当時は、新宿歌舞伎町のキャバ嬢と見に行った……という話は、グレメカなどで書いた。もう6年も前のことだ。

ここにも貼ったような、校内の何気ない点描が、すごく救いになっている。それだけ、しんどい、重たい映画だと思った。
真琴が、ひとりでホットドッグのようなものを頬ばるシーンがあるが、あれも良かった。一回目は友だちと並んで食べているが、二回目は、ひとりで校庭の景色を見ながら、食べている。ああいう空白のような、意識するほどでもない幸せな時間って、誰にでもあると思う。僕は何より、ひとりで風景を見ながら食事する時間を失うのが、怖い。無意識のうちに、じわじわと幸せの湧きでる時間が、何より大事だという気がする。

それもこれも、『時かけ』は、タイムリープするたびに駆け回らなくてはならないし、タイムリープすればするほど事態は悪化していくし、結局はすべて奪われてしまうし、重たいからね。罪悪感と戦わなければいけないし、苦しいよね。
『おおかみこどもの雨と雪』は、しんどいのが十ぐらいで、見返りは一しかないと分かりきっているから、苦しくはない。会った瞬間に、もう別れを覚悟しているというか。
『時かけ』は、別れた後に「しまった!」という映画だから、そこが辛い。若い人に、そんな思いをしてほしくないですよ。意外と、「青春なんて苦くて当たり前」「辛くても悲しくても、前へ進まねばならない」という、昭和ガンコ親父みたいな価値観が、根底にある気がする。

だから、永遠の名作とか普遍の価値観とか、そういうものはないです。すべては、どのタイミングで作品と出会ったか。その時のあなたと映画とが、いい関係を結べたかどうかです。


先週は、酒を飲む機会が多かったのだが、なぜか西日本産の食材にめぐり合えた。肉でも魚でも、西日本産・外国産なら食べます。

いま、「三鷹市農業祭」というのが開催されていて、三鷹だけでなく、福島産や新潟産の野菜も売っている。
別にいいんだけど、放射性物質の検査はしてるよね?と、三鷹市に問い合わせたら、「農業祭で特産物として販売するものも、市場と同じく安全な地域で生産された農産物です。安心してお買い求めください」だと。本物のバカだな。市場から、基準値ごえの農作物が出てるから問い合わせてるのに。
それから、肝心の三鷹市産の農作物に関しては、答えがなかった。……検査してないんだろうな。「土壌が汚染されている」という認識もないんだろうな。

別に、何ベクレルでも「食べてみたけど、何ともなかった」なら、それでいいんだよ。
よく「東北・関東では、想像もつかないほどの悲劇が起きる」とか「最低○万人は、確実に死ぬ」と言っている人がいるけど、デリカシーが欠如していると思う。データさえ示せば、あとはそれぞれ、どうやって生きていくか決めていくだろう。

結局、僕は食に関連したヤツラの手抜き仕事に付き合わされるのは、ごめんなんだ。なぜなら、僕は奴隷じゃないから。
電力会社、総理大臣、警察官、さまざまな連中に失望させられてきた。誠意も責任感もなく、ただ仲間うちだけ儲かればいいと考えるヤツラが、こんなにも大勢いる。
仕事は、世のため人のためにやるから、お金がもらえる。だけど、そんな当たり前のことを、学校の教師たちは知らない。だから、子供たちに伝えられない。

(C)『時をかける少女』製作委員会2006

|

« ■1108■ | トップページ | ■1112■ »

コメント

>データさえ示せば、あとはそれぞれ、どうやって生きていくか決めていくだろう。

だからそんな当たり前の事をしないで、何が安全安心だっての。私だって放射性物質の検査していない地元の野菜よりも、放射性物質の検査してる茨城の野菜を買うもん。何勘違いしてんのかな...

>『おおかみこどもの雨と雪』は、しんどいのが十ぐらいで、見返りは一しかないと分かりきっている

受け入れ、そしてその跡はひたすら「頭」ではなく勝手に体が動いているので、過酷であっても苦痛ではないんだよね。

投稿: ごんちゃん | 2012年11月11日 (日) 14時32分

■ごんちゃん様
三鷹市は、給食の検査もいい加減。
しかし、たとえ放射能測定していても、野菜は西日本産を取り寄せたほうがいいと思うけどね。同じ茨城県内でも、検体によって結果はまちまちなので。

>そしてその跡はひたすら「頭」ではなく勝手に体が動いているので

そうそう。まったく、その通り。
そのたくましさが、『おおかみこども~』の強さだと思うね。

投稿: 廣田恵介 | 2012年11月11日 (日) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■1110■:

« ■1108■ | トップページ | ■1112■ »