« ■0607■ | トップページ | ■0611■ »

2012年6月 9日 (土)

■0609■

小雨の中、吉祥寺まで歩く。
Ca6erag3今週は、月曜から大酒を飲んだあおりで、木曜・金曜は、原稿にかかりっきりだった。
やっぱり、大学で偉そうに講義しても、目の前の仕事がおろそかになっては恥ずかしい。


さて、野田ブタの記者会見を見るため、ひさびさにNHK総合を見ました。
同じころ、首相官邸前では、4,000人もの人々が抗議活動を行っていました。僕は、原稿がたまっていたので参加しなかったけど、友人は途中から参加したようです。
ビビった政府は、この抗議場所を「半年間、道路工事で閉鎖する」らしい。そのうち、霞ヶ関全域が「道路工事」されるだろうな。

家を動けないときは、FAXで抗議するのが、効率的です。
首相官邸へのFAX攻撃はもちろん、いまや8千数百人の町民の雇用(命ではない)を守るためだけに、関西全域を危険にさらしている偉大なる世界の破壊者・時岡忍町長にもね。
おおい町には逃げ場がないし、向上心も発展する意欲も感じられないし、もう見捨てるしかない。

野田ブタ会見で、かなり見晴らしがよくなりました。
あれだけ、「滋賀県も地元だ」と言いはっていた嘉田知事も、あっさり「早く決めていただかないと経済界などが心配している」。結局、経済なのかよ。どこの自治体の首長も、経済のドレイって感じだよな。
というわけで、滋賀県もさようなら。琵琶湖より、経済優先だそうなので。


何度でも言いましょう。「やはり、これしか道はない」と決断した瞬間、人は袋小路に追い込まれるんです。
大飯原発が事故る・事故らない以前の問題として、国のリーダーや自治体の首長が「やはり原発しかない」と決断したとたん、ほかに何十通りもあったはずの生き残る方法が、すべて「通行止め」にされてしまう。
その「可能性が消去された」どんづまりの状態を、僕は「破滅」と呼んでいるのです。

「決意」「決断」って、字面はかっこいいけど、具体性がない。
野田ブタ会見がそうだったでしょ。「何とかなるはず!」という、脂汗のにじんだ焦りしかない。そうとう追いつめられてるぜ、あのオッサン。

「自分の考えや行動は、いつ何時、変わるかも知れない」という可能性を、つねに留保しつづけること。執着は、死をひきよせる。


5月30日付で、東京地方検察庁に提出した「株式会社大兼文喜」の告発状。
その後、どうなったのか、東京地検に電話してみた。僕が危惧していたのは、都の福祉保険局が「指示」した影響で、大兼文喜の産地偽装が罪に問われないのではないか?ということ。
しかし、「都の指示は、まったく無関係。刑事罰に相当するかどうかだけを、見極める」と、検察庁の返答は力強い。僕の告発状は、きちんとファイリングしてあったので、「株式会社大兼文喜」は、のうのうと商売している場合じゃないかも知れないよ?→

ついでに、「岡山県にも産地偽装業者がいるのですが、どこに告発状を送ればいいですか?」と聞いてみた。
「所轄の警察署か検察庁に送れば、間違いない」とのことなので、次は、岡山市藤田の有限会社クリーンライス(真辺米穀有限会社)、岡山地方検察庁に、刑事告発させていただきました。

真辺米穀有限会社は、岡山市のHPを見ても、「福島産米を偽装」などとは書いていません。産地不明なのです。その辺り、法廷で明らかにしようじゃないですか。
「産地偽装は必ず捕まる」「間違いなく懲役刑をくらう」新たな常識をつくらなければ。


……それにしても、なんともやる瀬ないのは、総理大臣が「国民の意見など聞かない」と事実上、明言しちまったことだ。
僕ら、脱原発デモに出ていた人間は「ざまあw」とか笑われてもいいけんだけど、笑っている側の「原発どーでもいい派」「放射能安全派」「脱原発うぜー派」もろとも、みんなが捨てられたことが痛恨だよなあ……。

「日本の経済活動の発展のためには」「放射脳どもが」とか、ネットでごにょごにょ言っている君も、まるっきり放射能も原発事故もなかったように平和に暮らしている無関心なあなたも、この国は助けてくれない。

丸一ヶ月以上も、国内の原発が停まっていたのに、何も不自由してないでしょ?
同じように、何も感じないまま、誰も彼も、輝かしかったはずの未来を、音もなく奪われていく。

|

« ■0607■ | トップページ | ■0611■ »

コメント

去年に計画停電を行ったのをもう忘れましたか?
今年も万が一に備えて計画停電のスケジュールを作っているのをなぜ直視しないのですか?
『何も不自由してないでしょ?』
馬鹿か。
大規模な工場や公的・私的な研究施設では、今まさに不自由しているんだ。
フリーライターだったら『自分の目の届かない所にも社会が広がっている』となぜ理解しないんだ。
追記するか書き直せ、低脳。
「市民感覚」の万能感に酔っぱらってるなら、左巻きの馬鹿学生と同レベルだぞ。
(それと、火力発電所は原発以上に老朽化している。
停電による経済損失は、企業を介して結局は労働者を苦しめる。
潜在的なリスクを無視しているあなたの態度は、「自分はどうせ交通事故を起こさないから」と言って
任意保険に入らず自動車を運転している状態と本質的に同じだ。

そして、行政の実務はそれを分かっているからこそ原発を再稼働させていく方向で仕事をしている。
あなたは、不誠実な浅知恵で斜に構えている馬鹿な批評家に過ぎない。
少なくとも私よりは確実に痴愚だ)

投稿: 愛情 | 2012年6月10日 (日) 20時30分

■愛情様
コメント、ありがとうございます。

>去年に計画停電を行ったのをもう忘れましたか?

私の地域も、停電地域に入っていましたので、北海道のあなたよりは、よく知っていると思いますよ。
関電管内で、計画停電が予定されていることも存じております。「この一ヶ月は大事に至ってないのではないか」という程度の意味で書きましたが、お気に触ったようなら、謝ります。

>大規模な工場や公的・私的な研究施設では、今まさに不自由しているんだ。

あなたが、今まさにご不自由してらっしゃるのであれば、私の浅知恵、万能感に酔った態度をお詫びいたします。

しかし、計画停電を行うのも、老朽化した火力発電所を使っているのも、すべて電力会社の都合ですので、この場でお詫びするだけで、許していただけますでしょうか。
(ついでに申し添えますと、原発を全て止めたのも電力会社ですので、ご不便されているのでしたら、お客様センターに相談されては……)

>馬鹿か。
>追記するか書き直せ、低脳。
>少なくとも私よりは確実に痴愚だ)

最後の二文字は、馬鹿で低脳なフリーライターである私には、読み方が分かりません。申し訳ございません。
ただ、私へのお怒りは、よく伝わってきます。至らぬ点がありましたこと、再度お詫びいたします。

ただ、「書き直し」は普段の仕事で、さんざんやらされております。
個人で借りているブログでまで、書き直しはしたくないのです。大変申し訳ありません。

投稿: 廣田恵介 | 2012年6月10日 (日) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0609■:

« ■0607■ | トップページ | ■0611■ »