« ■0626■ | トップページ | ■0702■ »

2012年6月29日 (金)

■0629■

吉祥寺カフェゼノンで、プロデューサー、シナリオライターと打ち合わせしてから、東京駅へ。
丸ノ内口から歩いて、経産省前テントまで行く。おおい町へのバスツアーに、申し込むためである。ところが、バスは40人の定員が埋まってしまっていると聞く。
やむなく、おおい町行きは、あきらめる。荷造りしてたんだけど、今回は、しょうがない。

その足で、首相官邸前抗議へ向かった。
Cacy3x12開始一時間前だというのに、交差点付近は、人でいっぱい。
車椅子の方が、「再稼動反対!」と叫び、周囲が声をあわせる。――「いやいや、18時スタートだから、それまで待ちませんか?」と思うのだが、その時すでに、以前とは違う雰囲気が漂っていた。

交差点では、マイクでスピーチが行われるのだが、みんな聞いてない。というか、回りくどいスピーチに耐えかねたように、「再稼動反対!」の声が、あちこちで上がっている。
最初は、「スピーチしている人に失礼だろう?」と思った。しかし、「再稼動反対」という音色は不思議で、どこか麻薬的な常習性があり、僕もいつしか、シュプレヒコールに加わっている。
いくつものグループが、互いにエールを送るように「再稼動反対!」を叫び、それは車道の反対側や、斜向かいからも聞こえてくるのだった。

後から航空写真を見たら、巨大なヒトデのように、人々が首相官邸前の道路を埋め尽くしていた。
何万人かは、知らない。8万人とも、20万人なんて説も出ている。とにかく「いっぱい」。→


すごかったのは、車道が全面開放されて、歩道に押し込められていた参加者が、自由に歩き出してからだ。
Caplhyii前に、友だちとこの抗議活動に出たとき、殺風景な夜の霞ヶ関を歩きながら、「いっそ、ここが無法地帯になって、銃撃戦でも始まらないものかな?」などと、幼稚な妄想を語ったものだった。

銃がない、暴力がないだけで、その妄想は40パーセントぐらい、現実化した。
いつもは20時で終了だが、主催者は事故・事件を危惧して、早めに解散するよう、アナウンスした。
首相官邸側は、警察の車で封鎖されていたので、僕は坂をくだる。――道路の真ん中、輪になって、太鼓を叩きながら「再稼動反対!」を叫ぶグループがいる。
小さな子どもの手を引いて、呆然と立ちつくすお母さん。スケボーの裏に「NO NUKES」と書いて、高く掲げる一団。たったひとり、巨大な旗を掲げて「原発反対!」と叫びながら、僕と逆方向へ歩いていく男。

『AKIRA』のような光景だった。
『AKIRA』の暴徒のように、僕らは未熟だった。「政治」「総理」「国会」なんて、この前まで、どうでもいいと思っていたノンポリの集まりだ。原発の本なんて、一冊も読んだことのないヤツだっているだろう。
僕は、参加者のひとりが食べていたリンゴの芯を、地面から拾って、ゴミ袋に入れた。自分の食べカスを地面に捨ててるようじゃ、放射性物質を、人の田畑に公然とぶちまけた東電さまと変わらないぜ……。

にも関わらず、僕は喧騒のたえない官邸前に腰をおろし、「これでいいんだ」と思っている。
潮騒のような、人々の声。この一年半の無力感、徒労感、怒り。母の死。石黒昇監督の死。開放された車道は見晴らしがよく、心を無防備にさせる。

JR有楽町駅まで、歩く。今は、これでいい。こんな夜でもなきゃ、やっていられない。
幸せじゃなさすぎたもん、この一年半。


昨日、新しい本棚を買った。
Carjt4l4 『ギャラクティカ』のDVDに、ジュアッグの成形色が、映える。

この大きな本棚を買うまで、僕は地震のとき床に落ちた本を、そのまんまにしていた。
「どうとでもなれ」と、心のどこかで思っていたんだろうな。

|

« ■0626■ | トップページ | ■0702■ »

コメント

廣田さんお疲れ様です。あたしも早目に到着したものの思った通り、いやそれ以上の混雑ぶりでした。やっぱり探すの無理でした(笑)じわじわと車道が歩道に変わってく様は実に奇妙で不思議で平和な?!日本とは明らかに違っていました。最後は「どうにでも」なっていたと思います!!

投稿: くりか | 2012年6月30日 (土) 01時36分

■くりか様
お疲れ様でした。
坂道を降りていくとき、火炎瓶テツさんがいらっしゃいました。あんな壮絶な雑踏の中でも、目立つ方だなあ、と。

>じわじわと車道が歩道に変わってく様は実に奇妙で不思議で平和な?!日本とは明らかに違っていました。

みんな、生まれてからずっと、何かを我慢してきたんだと思います。
首相官邸前が「ストリート」として開放されましたね。しかも、法律の範囲内で(笑)。

日本人って、やっぱり猛烈に抑圧されているんだと思います。

投稿: 廣田恵介 | 2012年6月30日 (土) 01時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0629■:

« ■0626■ | トップページ | ■0702■ »