« ■0504■ | トップページ | ■0509■ »

2012年5月 6日 (日)

■0506■

何はともあれ、日本でただ一基のみ動いていた北海道の泊原発が、昨日、定期検査に入りました。日本国内、原発ゼロ。
原発の全停止は、42年ぶりだそうです。45歳の僕は、三歳のころ、これを経験している。それもそのはずで、当時は、原発がたった2基しかなかったから。
「80年代、俺らが連日連夜、遊びくるっていた頃、もっとも電気を無駄づかいしたよね……」と勝手に反省していたのですが、あの頃の電力消費量に戻せば、それこそ原発ゼロで暮らせるそうです。

いや、今も原発ゼロなわけだけど。こうして50基もある原発がすべて止まっても停電は起きないし(雷でつくば市が停電したそうだけど)、ますます無関心な人が増えるだけなんじゃないかと、僕は複雑な気持ちです。


忘れないうちに書いておきたい。福島第一の事故映像を見た昨年、僕は「食糧は大丈夫なはず」と信じていました。
海外や西日本から、汚染の心配のない食べ物が大量に送られてきて、それがスーパーに並ぶのだと思っていました。それが、当然の倫理でしょう。
――でも、甘かった。実際は正反対です。今も、被爆地の野菜を偽装販売する食品業者は、まったく罰されていません。すごくビックリしてるし、怒る人が少ないことにも驚いています。
僕は農林水産省に電話もしましたし、メールもしました。だけど、産地偽装は無罪。「コラッ」って怒られる程度。→

こんなことを書いている時点で、なぜか血眼になって「放射能は安全!」とキレ気味に説教されてしまう日本。
僕は単に、こんなだらしない食品業者、だらしない政府のなれ合いによって早死にする確率が上がるんであれば、それはご免こうむりたいだけ。

子どもの内部被爆が心配なお母さんたちは、なんとか給食をやめてお弁当にできないか、考えました。
全国の学校給食会は、校長先生の大事な天下り先で、地方公務員だから給料もいいので、こんなに儲かる給食をやめる理由はない。だから、「弁当持参は困ります」。
利権利権・カネカネで、ものの見事に本質からズレたところで戦わねばならない。全国のお母さんたちは、本当に疲れてしまっただろうと思う。


『ミツバチの羽音と地球の回転』には、祝島の人たちと中国電力の戦争が出てきます。
Imagescaslhmfg島の漁協かどっかだと思いましたけど、「電力会社が来て、札束をポンと置いて帰ったので、あわてて返しにいった」という話が出てきて、さらには「そんな小さな島で、第一次産業だけでやっていけると思ってんですか?」と、船からわめきたてる様子を見たら、「電力会社の社員だって、人間だろ」「彼らにも人権ぐらいあるだろ」などという優しい気持ちは、かなりの勢いで消し飛びます。

僕はてっきり、関西電力は、関西の消費者を助けたいから「大飯原発の再稼動を」と主張しているのかと思ってました。そしたら、テレビ番組で「電力供給は関係ない」と平然と言ってしまってるんですね。
そんなに再稼動させたかったら、「皆様の安定した暮らしを死守するために、どうか原発を動かすご許可を!」と、平身低頭すればいい。俺だったら、どんなうまいウソをつくか考える。
なのに、「停まったままの原発は不良債権になってしまうから、全基うごかして利益にしたい」。そんなの上手く黙っておくか、絶対にバレないように隠せばいいのに。

だから、電力会社は隠蔽とか陰謀とか、そんな頭よくないです。
僕は、隕石に当たって死ぬのは仕方がないとあきらめるけど、頭のよくない人たちのズサンな仕事のとばっちりで死ぬのはイヤだ、とそれだけの話です。

アダルト動画で有名なDMMが、家庭用ソーラーパネルの販売・設置サービスを始めました。さり気なく、脱東電をアピールするDMM、粋ですね。


マチ★アソビのトークショーが、GIGAZINEさんで記事になっていました。→
えらく興奮した様子で、「写真載せてもいいですか?」と聞かれはしましたが、よくぞ、あんな小さな催しを……。ところで、僕の発音が悪いせいかも知れないけど、「ネタ起こし」→「ベタ起こし」です。
それと、『ポニョ』展は「最近」ではなく、3年ぐらい前。森谷里美さんは「前回」来ただけでなく、「毎回」です。

だけど、何はともあれ「中央」「真ん中」から考える東京的思考は、本当につまんないと思うよ。「東京でやったほうが便利」みたいな考え方は、面白いものもつまらなくする。

原発全停止の日は、特にイベントやデモに参加せず、朝から古本屋へ。
Cati9y1k『グレート・ブルー』は、それほど好きな映画でもないのだが、デザインが落ち着いていて、何か参考になるかと思い、メイキング本を購入。

今月、ひさびさに、いわき市へ取材に行ってきます。
徳島の商店街で、西日本の野菜をいっぱい並べているスーパーがあって、でっかく「地産地消!」と書かれていた。だけど、福島で「地産地消」と言ったら、まるで意味が違ってしまう。
なぜ、この世には幸福と不幸があるのか、ちょっと気が遠くなってしまった。

(c)2009 Ashes to Honey, All rights reserved.

|

« ■0504■ | トップページ | ■0509■ »

コメント

>「電力会社の社員だって、人間だろ」「彼らにも人権ぐらいあるだろ」などという優しい気持ちは、かなりの勢いで消し飛びます。

吹き飛んだ。ほんと。ヤクザだね...(lll゚Д゚)

>テレビ番組で「電力供給は関係ない」と平然と言ってしまってるんですね。

見てたよ〜昼間の番組で堂々とやてたね。関係ないと言い切ったね...(゚Д゚)ハァ?

投稿: ごんちゃん | 2012年5月 7日 (月) 17時07分

■ごんちゃん様
『ミツバチの羽音と地球の回転』は、DVDも夏に出るので、ぜひ見て欲しい。
「電力会社も企業だし」「利益ださないといけないし」と思っている心優しく理性的な人たちに、札束でゴリ押しするのがマトモな企業活動なのかと問いたい。

>見てたよ〜昼間の番組で堂々とやてたね。

テレ朝の「モーニングバード」だよね。
自分たちから「電力供給とは関係ございません」と言ってしまっている。猛暑から、関西の人たちを救うためですらない(笑)。

投稿: 廣田恵介 | 2012年5月 7日 (月) 17時59分

>『ミツバチの羽音と地球の回転』

はまだ観ていないんだけどだいぶ前、何かの深夜番組(原発関係色々観すぎて記憶が混合してる)でそのシーン(祝島の人たちと中国電力の戦争だったのかな??)があって、ヒドいなと...戦ってる島の人達はけっこうなお年の方が大半をしめてるもんだから、もうイジメにしか見えなかった。

映画、観ないと。


>「電力供給とは関係ございません」

プライドは無いのか!恥を知れ!だね。
自分の過失ではなく会社からの一方的な言い分で突然解雇されてもなお、自力で必死に就活してる人達に、土下座してほしい(# ゚Д゚) ムッカー

投稿: ごんちゃん | 2012年5月 7日 (月) 19時21分

■ごんちゃん様
いま、活断層のすぐそばに建っている伊方原発のドキュメンタリーを見ていたんだけど……40年前に建設が始まる以前、地元反対派との裁判で、四国電力は、もう偽証している。早っ。

新潟県中越沖地震で耐震基準が高くされたのを、「もう、これで十分でしょう」と笑っているし、完全な耐震補強工事に、まだ数年かかるとか……。

「もう、全部やめて、別の方法で儲けろよ!」と、常に廃業の不安に追われている俺は、思ってしまう。

投稿: 廣田恵介 | 2012年5月 7日 (月) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0506■:

« ■0504■ | トップページ | ■0509■ »