« ■1027■ | トップページ | ■1102■ »

2011年10月31日 (月)

■1031■

本日がシメキリなので、再告知。
藤津亮太氏の主催する「第二回アニメレビュー勉強会」です。→
現状20名ぐらいで、まだ余裕あるみたいなので、迷っている方は急いで!

廣田は、12時回のゲストです(15時回は上田繭子さん)。
商業本に書いていると、時として「判で押したような」レビューを求められることがあります。そういう時は、己を殺して書くのです。しかし、思考は判で押せません。
レビューは、これから作品を見る人に期待を抱かせ、世の中を少し明るくするものですから、書ける人が多くなるのは、喜ばしいことです。

僕はそう思って、文筆業をしていますが、勉強会当日は、ヘンな話をいっぱいすると思います。よろしくお願いします。


さて、今日は「除染」の話をします。

いわき市で『マイマイ新子と千年の魔法』上映会をやったおかげで、当地の知り合いが増えました。その中のお一人から、「子どもの通学路を、除染してもらえることになった」と喜びのメールが来ました。
他にも、「ちかくの川でストロンチウムが検出された」とか、あるいは「この辺りのアスファルトは0.07μSvぐらい」と、意外な情報が聞けました。
いわき市と言っても、北のほうは30キロ圏内ですが、首都圏より線量が低いところもある。すっごく広いんですよ。だから、「まだ福島に住んでるの? 早く避難を!」と、それこそ判で押したように叫ぶ人には、違和を感じます。

僕は最初、自分の居住圏内にある玉川上水の緑は、汚染されてないと信じてたんですよ。
でも、その後に出てきた情報から、玉川上水どころか、この部屋のベランダの排水溝や換気扇、ぜんぶ汚染されてると考えたほうが、自然だよなあ……と(笑)。

そうあきらめた時、頭に浮かんだ浅知恵は、「せめて、井の頭公園や玉川上水の一部だけでも除染しよう!」「地元の友だちと一緒に、除染のためのNPOをつくるのだ!」という、壮大すぎるプラン。
すでに除染専門のNPOがあることを知ったのは、友だちに呆れられた後でした(その話をした春ごろは、節電のために吉祥寺の街は暗かった)。

ともあれ、自分の故郷ぐらいは、何とか綺麗にしたいと思うんです。だって、くやしいじゃないですか。


で、そのいわき市の方からのメールを踏まえたうえで、ETV特集「果てしなき除染 ~南相馬市からの報告~」を見たわけですよ。→コレ
Etv1030_03b国会でのブチキレぶりが素晴らしかった、児玉龍彦教授が出演。

番組を見ていて「?」と思ったのは、「除染しないと、子ども達が帰ってこられない」という、地元の方の発言。
それは、地域のエゴでしょう。僕は、三鷹・武蔵野がゴーストタウンになっても、ひとりで除染をつづければいいや――ぐらいに思っていたので。
早い時期に逃げた人、これから避難する人に、戻ってきてほしいとは思わないなあ。ただ、残るんなら、気休めだろうがなんだろうが、除染を……くらいの気持ちでいたんですが。

ともあれ、原発事故は、人間関係をズタズタにするよなあ……と、番組を見て、あらためて思ったのでした。


児玉教授は、SPEEDIの公表を遅らせた原子力安全保安院を「悪意があるとは言わないが、能力がなかった」という責め方をしていました。
僕も、そう思います。すぐ政府や東電の「陰謀」にしたがる人がいますが、彼らは、謀りごとが出来るほど、優秀じゃありません。たんに無能なんすよ。

ものすごいミスしちゃってるのに、気がつかないか、気がつかないフリする人って、どこの職場にでもいるでしょ? 後から、みんなにバレて大騒ぎという――ああいう困った人が、恐竜的に肥大しちゃったのが経産省や東電だと思ってください。

……いろいろありますが、今日は、新しい仕事の打ち合わせ。吉祥寺です。

|

« ■1027■ | トップページ | ■1102■ »

コメント

>「除染しないと、子ども達が帰ってこられない」

テレビ番組でインタビューに答える大人。この発言...何回か聞いたし、気持ちはわかるけど、かなりひっかかるよね。

コストがかからない原発というのはウソで過去の話になってしまった今、なにもメリットがないそれどころか煮ても焼いても死体になっても存在自体怖い....

投稿: ごんちゃん | 2011年10月31日 (月) 15時48分

■ごんちゃん様
避難や除染の問題は、「飽くまでも福島の話でしょ」と線引きされがちだけど、福島といっても広いし、東日本すべてに当てはまると思う。

原発の存在については、福島第一が地震に耐えたら、僕はいまだ「無関心派」だったと思うよ。
事故ったから「消えて欲しい」。それが虫のいい願望であることを胸に叩き込んだうえで、道を選ぶしかない。
人生にも世界にも、「二度目」はないのだからね。

投稿: 廣田恵介 | 2011年10月31日 (月) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■1031■:

« ■1027■ | トップページ | ■1102■ »