« ■0906 チェルノブイリ・ハート■ | トップページ | ■0910 とある飛空士への追憶■ »

2011年9月 7日 (水)

■0907 ヱヴァンゲリヲン■

いわき市に行っている間は、なぜかアニメ番組が多く、多数予約していた。
Evab002hk3hwe『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』のテレビ放映版もそうで、昨夜、やっと見られた。
ちなみに、二年前の公開時の感想は、なかなかキモいですよ。→


やっぱり、シンジが綾波にふるまう味噌汁から始まって、指にケガしてまで料理にいそしみ、アスカも同じように指にケガして……加持が、ミサトに持ってくる缶コーヒーとかさ。「他人のために食べ物を用意する」ってところが、とにかく泣かせる。

人のためにしか動かないのが、たぶん、完成された人間なんだと思うよ。

それと相反するように、子ども達を先頭に立てないと、守りきれない世界の不条理。真っ赤な海を洗浄して、もともとの青い海と海生動物を再生させた巨大施設……それすらも、世界を救う切り札には、なり得ないという絶望感……。
ダミープラグはじめ、次々と投入される新技術……が、ことごとく失敗して破滅へ連鎖していく有り様に、かつて感じたカタルシスはない。

最悪状況と楽観が共存した結果が、『ヱヴァ』の世界なんだ。
その中でも、子ども達同士の触れあいは、絶望なんかとは無縁のところで、必ずありつづける。
その強度に、ゼーレやネルフ、大人たちの策謀は、ことごとく敗北しているかに見える。

世界が、絶望とともに崩壊しようとも「キミとボク」の世界を守りきれれば、それはそれで幸せなのかも知れない。
ボクには、キミがいないけれどね。


ブログに書ける段階ではないのかも知れないが……、私の母が元・父親に殺された事件。
公判が近づいている。己の無実を信じてやまない廣田年亮被告は、弁護士と策謀し、証人をつぎつぎと揃えはじめた。
――ショックなのは、母の葬儀に参列してくれた親戚が、被告側の証人として出廷することだ。こともあろうに、敵に寝返ったか……。
でも、俺からすれば、人殺しの擁護をする人間は、人殺しと同罪です。親戚だろうが、そんなものは関係ない。情け容赦はしない。

対する検察側。遺族として出席するのは、俺だけです。つまり、母の名誉を守り、被告を追いつめられるのは、もう僕しか残ってない。

僕は、この裁判に、十年分ぐらいの寿命を注ぎこむ。母は、胸に2本もの包丁を突き立てられ、苦痛のうちに死んだのです。
私が、母に贈った白いニンテンドーDSは、彼女の血で真っ赤になっていた。

それを「仕方がないこと」とする人間たちを、あなたなら、許せますか?

(C)カラー

|

« ■0906 チェルノブイリ・ハート■ | トップページ | ■0910 とある飛空士への追憶■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0907 ヱヴァンゲリヲン■:

« ■0906 チェルノブイリ・ハート■ | トップページ | ■0910 とある飛空士への追憶■ »