« ■0522 放蕩■ | トップページ | ■0525 フルアーマー■ »

2011年5月23日 (月)

■0523  Febri ■

キャラ☆メル Febri vol.6  25日発売
51xcxgthz6l__sl500_aa300_
●「渋キャラオヤジ列伝」第一回
オヤジというか、やや年長の男性キャラの魅力を語りつくす連載。第一回は『STAR DRIVER 輝きのタクト』のヘッド。
シャアに匹敵するぐらい、無様な男なので、いろいろと遊ばせてもらいました。

思えば、この連載も、かなりの無茶ぶりで、コンセプトを立てたのは編集。キャラ選択も、編集。なんだか、「EX大衆」のグフ特集と似た流れです。
……まあ、若い編集者の無茶に付きあわねば、僕みたいな40代の存在価値もないのでね。なんでも、やりますよ!


三鷹市が、独自に放射線量の測定をしてくれない件について。
「シカトつづけるなら、市民税、払わねーぞ」と脅しをかけたのが効いたのか、「三鷹市生活環境部環境政策課長 岩崎好高」氏から、返信がありました。以下、抜粋。

「現在、都内における環境中の放射線量については、東京都健康安全研究センター(所在地:新宿区)が年間を通して測定を行っております。その測定値では、健康に影響を与える数値ではないとの評価がされております。
 また、正確な放射線量の測定を行うためには、高度な技術と設備・機器が必要ですが、三鷹市をはじめとする多摩の各市は、上記センターが有しているような設備等がありませんので、東京都の測定結果及び判断結果をもとに状況の推移を見守っているところです。今後、三鷹市で何ができるか検討してまいります。
 さらに、監視体制を充実するために、三鷹市を含む多摩地域で放射線量の測定を行う体制を整備するよう緊急な取り組みを東京都や国に対して要望しているところです。」

……前向きにも、後ろ向きにもとれる内容ですね。
別に、モニタリング・ポストなんか設置しなくても、ガイガーカウンターで、市内の公園や学校を調べて回るだけで、だいぶ違うでしょうに。


本日は、国会と文科省でも大きな動きがあり、どちらもUstreamで視聴しました(テレビでは、放映してくれねーんだもん)。

参議院行政監視委員会に、参考人として、「異端の原子力科学者」とまで呼ばれた小出裕章・京大助教が呼ばれました。
他には、エネルギー財団の発足で人気者となった孫正義社長、元原子炉設計者の後藤政志さん、地震学者の石橋克彦さん。
もちろん皆さん、政府に不利な発言しかしません(笑)。

文科省のほうでは、福島のお母さんたちがバスで乗りつけ、20ミリシーベルト撤回直談判。それについては、シネマトゥディの記事が詳しいです。→こちら
交渉はうまく行かなかったのですが、もう暴動寸前の熱気でした。いま、17時ですが、まだ人が増えてるみたい。


まあ、どう思われてもいいんです。もはや、福島だけの問題ではないけれど、関心のない人は、ずーっとないままだから。
それは性格だから、変えられない。救えない。

昨夜、福島第一4号炉から白煙が上がっていました。風向きは、関東直撃。
私は、昨日から喉が腫れ上がっているので、マスク着用で、買い物に出ました。駅前でマスクしているのは、女性だけ。
家庭でも、「夫が危機感をもってくれない」と、原発離婚が増えているとかいう都市伝説も聞きます。

僕はもう、何も強制はしません。自分の住む町を守りたい、それだけです。

|

« ■0522 放蕩■ | トップページ | ■0525 フルアーマー■ »

コメント

CUTのマクロス特集についてツイッター上で吐き散らしていますが
古本屋に売るよりも、ゴミ箱に捨てた方が清々するでしょう。
わたしは「初代マクロスはエロゲー」と書かれた雑誌を捨てましたから。

そもそも、「マクロスの産みの親」に噛み付くより先に
「2時間程度のインタビューじゃ話にならない」と絡んでましたが
それは内容以前の反発ですよね。
あなたが敬愛する河森さんが商業主義に毒されたと感じられたのでしょうか。

CUTが「流行り物に乗っかった」かどうかは、
編集部ブログの過去記事を一通り読んで下さい。
公開から3ヶ月も過ぎようとする映画をイチオシに選んだ
編集者の意気込みが伝わってきます。
ぶっちゃけ、ジョニー・デップや向井理を表紙にした方が売れますから(笑)

テレビ版の途中で脚本家が悪いと怒りだし、制作会社と縁を切ったライター様に
いちゃもんを付けられる道理はないでしょう。

「産みの親」についていえば、スタジオぬえの先輩方が多忙だったため
新入りながら母体企画の「ジェノサイダス」や「メガロード」を進めたのは河森さんです。
バルキリーの変形や歌の力といった基本コンセプトを産み出したのも然り。
無論、マクロスは全スタッフの力で歴史が築かれてきたシリーズですが
最大の功労者を「産みの親」と紹介することに、わたしは全く違和感を感じません。

むしろ、完全無視していた映画に対して
同業者が精力的な仕事をした途端、
あれこれ理由を並べて批判しようとするライター様の姿勢が無様に思えます。


以上、冗談の通じない古マクロスファンからでした。
このようなコメントがお気に召されないようでしたら、ご自由に削除してください。

投稿: Brickyard | 2011年5月24日 (火) 07時25分

■Brickyard様
>編集部ブログの過去記事を一通り読んで下さい。

そこまでしなければならないのであれば、
まず、そこから始めさせていただき、反省すべきところは反省したいと思います。

詳細にわたるご指摘、ありがとうございました。

投稿: 廣田恵介 | 2011年5月24日 (火) 10時33分

CUT誌はグラビアのディレクションが売りでインタビューや作品紹介は大本営発表をオサレ文章でまとめた雑誌ってイメージだったのでアニメ絵が表紙の時は買った事がありませんでした。 却って興味をそそられてます。

ガイガーカウンターの件ですが、先日海外からの支援物資で4万台が未だに配布もされずに倉庫に眠っているニュースでも行政の対応の遅さに苛つきます。 ただ、全く経験の無い素人が検査道具を渡されても測定した数値の正確性には疑問が生じます。

検査会社でも放射線の測定をしているところはそれほど多くないので、食材の検査ですら人が足りてません。

個人で購入して測定結果をUPしてる人もいますが、先日も明らかに間違った使い方で数値が高いと騒いでる人がいて残念な気分になりました。

パニックを煽る意図はなく善意からの行動なのでしょうが、こうした人が増える事も単に不安を増幅させるだけの結果になってしまいます。

こういう事態になっているのですから、市町村で最低限の放射線知識や機器の取り扱いと測定方法を講習を行って配布するくらいの対応はしてほしいところですが。

投稿: jk | 2011年5月24日 (火) 18時03分

■jk様
「Cut」誌、嫌みでなく、譲ってさしあげます。読みたい人に渡ったほうが、本も幸せでしょう。

ガイガーカウンターの件は、まったく仰るとおりです。個人が測定して、間違って報じることも、何度かネットで聞いています。その誤りの仕組みは、地上波のテレビでも報じていましたね。
だからこそ、自治体に配布して、正確な測定をお願いしたいのですが、なぜか動いてくれません。一体、なぜでしょう?

>こういう事態になっているのですから、市町村で最低限の放射線知識や機器の取り扱いと測定方法を講習を行って配布するくらいの対応はしてほしいところですが。

まったく、その通りです。まず、国や自治体が率先すべきです。それをやらないから、混乱が広がっている。いや、混乱すらしてませんね。ここ三鷹市の線量すら、僕は知りません。情けない。

なので、自衛するしかないと、今は思いますけど、いかがでしょう?
少なくとも、「自分の町を守る」ことに絞れば、突破口がありそうに思うのです。

投稿: 廣田恵介 | 2011年5月25日 (水) 01時11分

本を頂けるなんて有難い! とりあえずお気持ちだけ受け取ります。

イレギュラーな出来事を想定せず、余計な作業はしたがらないお役所シゴトに翻弄されますね。東京で被ばく騒ぎが大きくなったら損害賠償だけで国が傾くのは目に見えてるので、自発的に動きたくないんでしょうね。

そして、市民の側でもどうせ逃げたって生活できないから正確な数値なんて知りたくないし余計な税金使うな という意見も意外に多い事に驚きます。

逃げる逃げないは個人の自由で、少なくともその根拠になる数値だけは信頼できる発表が欲しいだけなんですけどね。自分も諦めてはいますが、花粉症も酷いのでマスクは日常的に付けて外出の時は花粉が付着しにくい素材を着てる程度ですが。

3月16日あたりには福島にいたので(興味本位で)内部被曝検査を受けてみようかと思ったら関東ではなかなか難しいようで。近いうちに仙台行くので、東北で問い合わせてみようかと。 交渉したら検査料金って東電で負担してくれるのかなぁ・・・

まぁ検査しても内部被曝って正確には分からないのは知ってますが、今後の為に基準値は残しておきたいなぁ と

投稿: jk | 2011年5月26日 (木) 02時32分

■jk様
本は、明日売りにいくので、お早めに(笑)

>そして、市民の側でもどうせ逃げたって生活できないから正確な数値なんて知りたくないし余計な税金使うな という意見も意外に多い事に驚きます。

ん、そうなんですか?
三鷹駅周辺では、マスクをしている人がいると、互いに目を合わせてしまうぐらい、珍しいんですよ。
それ以外の人たちは、まるで関心ない(というか東京に放射性物質が来ていることすら知らない)ように、見えてしまいます。

あと、駅前のスーパーでは、福島産の野菜が、普通に売られていました。一瞬、目を疑いました。

>3月16日あたりには福島にいたので(興味本位で)内部被曝検査を受けてみようかと思ったら関東ではなかなか難しいようで。

ホールボディカウンターですか。
港区の高輪クリニックで、一万五千円で受けられるようです。http://takanawa-clinic.com/housyataisaku/

費用は、ためしに東電に請求してみては……実際に払ってくれなくても、本来は、彼らが負担すべきものです。

東日本に暮らすのであれば、おそらく死ぬまで、放射線と付き合っていかねばなりませんからね。

投稿: 廣田恵介 | 2011年5月26日 (木) 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106227/51747651

この記事へのトラックバック一覧です: ■0523  Febri ■:

« ■0522 放蕩■ | トップページ | ■0525 フルアーマー■ »