« ■0318 野球やりたきゃ、別の惑星でやれ■ | トップページ | ■0320■ »

2011年3月19日 (土)

■0319■

やっぱり、吉祥寺に来ると、元気が出ます。
カフェで、黙々と本に目を落としている人を見ると落ち着くし、あちこちのお店に「節電中」とか「頑張Cahzrvdpろう」とか書かれていて――世界が変わってしまったのは、決して悪いことばかりではないのだ、と気づかされる。

『マイマイ新子と千年の魔法』のとき、特製チラシを置いてくれたブックス・ルーエは、新しくポイントカードを始めた。
ルーエではあまりお買い物しないので、「すみません」とお断りして、「季刊S」4月号を購入。
うーん。いやいや。チクショウ!って感じです。本をつくっている人が、本の批評を始めたらおしまいなんですが、まだ発売されてない私の仕事と、いくつかカブっているので、「うまいことやってるなあ、チクショウ。面白いじゃねーか」です。


たとえば、『魔法少女まどか☆マギカ』、新房昭之監督インタビュー、52ページ。新房さんのコンテ修正が掲載されている。
Cad0am1x これこれ。前から、「同じキャラが、同じサイズで、繋がらない芝居をしている」と言っていたヤツね。「あれは、わざとやっている」と書いたはずだけど、ちゃんとコンテで証明されたね。
インタビューでも、「つながらない絵をつなげる」って言ってるから、もう間違いない。いい記事だ。

ここまでやれば、「濃い記事」ってことになるんだろうね。
ただ、今のところ、僕の記事ではここまでは言及できない。それはもう、「媒体が違うから、もっと分かりやすいことを言いますよ」としか説明のしようがない。ちょっとずつハードルを上げたいとは思っているんだけど、それには編集者にいっぱい「貸し」をつくること(笑)。無茶な要求も受け入れて、「あの時、助けてやったんだから、次は好きにやらせてよ」って交渉する。初めから「俺の好きにやらせて」はナシです。人生、仕事も恋も、ギブ・アンド・テイクよ。

与えつづければ、いつかは得られると信じて、やっていくんだよ。


14日の夜、不安がピークに達したころ、編集者から電話があった。「お前、外にいるのか?」と言いそうになって、口をつぐんだ。自分の臆病さを恥じた。あの電話は稲妻であった。僕は射抜かれ、この場にとどまろうと決意せざるを得なかった。つまり、「どうせ死ぬなら、書きながら死のう」ということだ。

あの電話は、私のごとき無名のライターに、死に場所を決めさせてくれた。いや、電話の内容はグダグダですよ? 「なんかこう、読んでいる人が気の毒に思うような感じで」「ああ、この人、病気なんだな……みたいな?」「そうそうそう!」
僕らの仕事は、読者に笑っていただく、和んでいただく。だから、絶望してはいられない。その電話で気がついたんです。

いま、他誌の原稿をやってます。それでも、ブログは、なるべく毎日更新します。

|

« ■0318 野球やりたきゃ、別の惑星でやれ■ | トップページ | ■0320■ »

コメント

今日『メイキングオブ マイマイ新子と千年の魔法』やら『極北クレーマー』(文庫)などを買いに横浜まで行きました。
節電で地下鉄駅・地下街・ショッピングビルともに照明が暗くなっていて余計に非常時なのだと思い知らされます。

今売ってる「TVBros」でまた吉高由里子のインタビュー。今度は映画『婚前特急』がらみ。
彼女が一昨年の『白い春』というTVドラマに出演してるのに気づいて、第8話くらいから見始めました。メインは育ての父(遠藤憲一)と実の父(阿部寛)と娘(大橋のぞみ)の話。娘は育ての父をおとうさんと思っていて、偶然実の父と知らずに仲良しになってしまう話。そこに父親に捨てられた吉高が実の父と知り合いからんでいきます。
仲良しのおじさん(実の父)を探す娘に吉高が思わず「おじさんは本当のおとうさん」と言いそうになるシーンでの狂気を孕んだ表情は心に残りました。彼女の「天才」の部分をみたのです。

投稿: DH98 | 2011年3月20日 (日) 00時06分

■DH98様
いかに節電で薄暗くても、普通に買い物できるだけで平和ですよ。
ともあれ、ご無事で何よりです。

震災初日に発売されたため、『新子』本は、自分の足で探した人が多いようですね。ありがとうございます。

>今売ってる「TVBros」でまた吉高由里子のインタビュー。

『婚前特急』は、公開延期にならないんですね。
しかし、吉高由里子は女子高生役の期間が短かったという印象があります。『蛇にピアス』で、余計な時間とられちゃいましたね。『GANTZ』で女子大生、『婚前特急』はOL。早すぎます。

>彼女の「天才」の部分をみたのです。

すみません、テレビまで追っている時間はないのですが、ある編集者に「吉高って怖くないですか?」と聞かれたことがあります。
「怖い」って、イコール「天才」に近い意味に聞こえたので、なんか思うように返事できませんでした。

投稿: 廣田恵介 | 2011年3月20日 (日) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0319■:

« ■0318 野球やりたきゃ、別の惑星でやれ■ | トップページ | ■0320■ »