« ■0301 そうは云っても世界は終わらない■ | トップページ | ■0304 Down By The Salley Gardens■ »

2011年3月 3日 (木)

■0303■

ネットに情報がUPされてないようなので……。

原 恵一映画祭

【開催日程】
3月19日(土)~4月1日(金)
☆26日オールナイト&トークイベント開催!

【場所】
シネマート新宿 スクリーン1

【上映作品】
『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』
『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』
『河童のクゥと夏休み』
『カラフル』
『エスパー魔美 星空のダンシングドール』 ※オールナイト限定上映

【チケット】 各回1,300円

★先着で来場者特典あり! 数に限りがありますのでご注意ください。

☆3月26日オールナイト上映&トークショー
21:15開場 21:30開映 料金2,500円均一
●舞台挨拶上映回チケット購入方法→3月19日(土)10時よりチケットぴあにて発売開始 Pコード未定

アニプレックス主催なので、そのうち公式に発表されるかと……。
(上記データは、原監督の取材のときにいただいたプレスリリースのコピーより)


昨日、原恵一監督に『カラフル』関係でインタビューする前、『劇場版マクロスF 恋離飛翼~サヨ Colorful_3ナラノツバサ~』のスクリーンアベレージが、その週公開の映画で第一位であることを知った。なんか話のネタにならないかと思ったのだが、やはり原監督はマイペースであった。

スクリーンアベレージとは、初日・二日目の興行収入をスクリーン数で割ったもので、高ければ利益率がいいことになる。マニア向けのアニメ映画は、スクリーン数(館数)が少ない代わり、スクリーンアベレージが高い傾向にある。「こっちじゃ上映してねーよ」というお客さんが、新幹線に乗って来てまで、席を埋めてくれるからだ。

その考え方の応用で、スクリーン数を減らしておけば、『カラフル』や『REDLINE』は、もう少し届くべきお客さんに届かせられたんじゃないか?と思ったんだが、まったくの素人考え、大きなお世話であった。

『カラフル』は東宝配給、104スクリーンでスタートして、土日4,945万2,300円。スクリーンアベレージは47万といったところか(すみません、さっきの計算まちがってました)。対して、今度の『マクロスF』は38スクリーン、土日1億1,780万3,100円、スクリーンアベレージは310万円。そう計算すると、「やっぱり、マクロスの稼働率はスゲー!」となるわけです。
(計算まちがったついでに書くと、洋画の大ヒット映画でも『カラフル』のスクリーンアベレージを下回っていることがあります。なぜなら、スクリーン数が多いから)

でも、スクリーンアベレージが話題になるのって、どうしてアニメ映画ばっかりなんでしょうね。やはり、狭いパイの中で、ぐるぐる同じ人たちが見に行ってるから?


山下リオ『ほしのふるまち』の試写状が届いた。これは、絶対に行くよ。
俺は、山下リオの映画は、ぜんぶ見ると決めているから。

そういえば、仲里依紗が、今ごろ「日本アカデミー賞 新人俳優賞」を受賞したけど、これから彼女の仕事は、ちゃんと増えるんだろうね?
『純喫茶磯部』のとき、仲さんに新人賞をあげたのは、ヨコハマ映画祭と毎日映画コンクールだけだった。あの翌年、仲さんは、4本も映画に出られたんですよ。

大手4社が絡んでるからって理由で賞をあげたって、本人には意味ないよ。

(C)2010 森絵都/「カラフル」製作委員会

|

« ■0301 そうは云っても世界は終わらない■ | トップページ | ■0304 Down By The Salley Gardens■ »

コメント

大人と戦国は、ほぼ間違いなく、しんちゃんベスト2の作品ですね。

クゥは、去年放送されたのを見ました。
背景画が、すごく情報量豊富で、立体的に描かれている上に、どっ平らな人物画が出てくるもんだから、絵全体として見て、すごく違和感がありました。
一緒に見た、うちの子もそう感じたみたい。
わざと、そうしたのだろう、とは思いましたが、何故ああなんだろう?
と疑問に思いました。

投稿: 鷲 | 2011年3月 3日 (木) 07時51分

■鷲さま
キャラクターは、他のアニメに比べれば、目が小さくて、リアル調だとは思うんですけど……。

ただ、「とにかくキャラクターの情報量を引いていく」「描かれてない部分を感じてもらえれば、それでいい」というようなことを仰っていました。

投稿: 廣田恵介 | 2011年3月 3日 (木) 11時09分

いや、背景画の描きこみが凄すぎるんです。
背景をあれだけ描きこんでおいて。
そのギャップが有り過ぎなんです。

情報量を減らしたいなら、背景画ももっとシンプルにすれば、違和感なくなるのに?

投稿: 鷲 | 2011年3月 3日 (木) 12時27分

■鷲さま
ああ、なるほど(笑)
それを言ったら、『カラフル』はもっと凄いことになっていますよ。
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/984?page=6
上のページの中ほどの絵とか。

「これはさすがに、写真だろう」と思っていたら、絵なんだそうです。
でも、この違和感は、狙っているんだと思います。

投稿: 廣田恵介 | 2011年3月 3日 (木) 12時58分

『カラフル』は見たことありませんが、これは、「クゥ」よりさらに凄いようですね。
わざわざ、違和感を狙っているのだと思いますが、違和感を演出したいという、狙いが理解できないなー。

投稿: 鷲 | 2011年3月 3日 (木) 16時00分

■鷲さま
監督に「少し普通のアニメっぽくしたら、もうちょっと見てくれる人が増えるんじゃないですか?」と質問してみました。

その答えは、雑誌が出たら立ち読みしてみてください。
なんでかっていうと、複雑すぎて要約できないからです(笑)

投稿: 廣田恵介 | 2011年3月 3日 (木) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0303■:

« ■0301 そうは云っても世界は終わらない■ | トップページ | ■0304 Down By The Salley Gardens■ »