« ■0221■ | トップページ | ■0225■ »

2011年2月24日 (木)

■0224■

明大講師のレナト・リベラ・ルスカ氏の案内で、同大特任准教授の木村乃さんの事務所へ。
Cazx6155もちろん、電子書籍出版の相談なのだが、本一冊をベースに、実は思いもよらない展開が出来るんだよと、ホワイトボードまで使って、レクチャーしていただく。

やっぱり、Twitterをやった方がいいのかな。早ければ、今夜から始めよう。酔っ払って、とんでもないこと書きそうだ。


『マイマイ新子』本校了につき、何人かの方からお祝いの言葉をいただいた。
(4ヶ月と数十分にわたる悪戦苦闘でした。3月11日に発売です)

だから、というわけでもないのだが、友だちとガールズバーに行ってみた。
キャバクラのチープなゴージャス感に飽きてきたところなので、カウンターごしにミニスカを鑑賞しながら酒、という気軽さが良かった。指名もできるし。

なんか、キャバクラは重たいよ。行ったら行ったで、アフターに誘えなきゃ負け、みたいな義務感があるし。手書きの名刺も、ドリンクくれくれ目線も、すべてが重い。
ガールズバーは、そもそも長居する雰囲気じゃないもん……って、延長延長で、3時間もいたんだけど。


『スター・ウォーズ』日本公開の1978年前後は、「SF映画大全集」的なコンピレーション・アルバムが大流行だった。『渚にて』とか『猿の惑星』とかに混じって、収録されていたのが『ソイレント・グリーン』。
Soylent_green友だちがDVDを借してくれたので、ひさびさに見てみた(30年近く前にテレビで見て以来だ)。

70年代SF映画の、ちょっとした未来の小道具、四角いボタンに多面体のランプなどには、ラジカセの古い広告にも似た哀愁を感じる。追えば追うほど、未来は逃げていく。

もっとも、この映画には未来的な小道具はわずかしか登場しない。鮮明に覚えていたのは、安楽死させるための装置で、部屋いっぱいに美しかった頃の地球の風景が広がる。そこへかかるベートーヴェン交響曲第6番『田園』。それが、『ソイレント・グリーン』のテーマ曲である。

いったい、あのレコードを何回聞いただろう。テレビでカットされていたエンドロールは、実は安楽死のシーンで流れる映像と『田園』のつづきなのである。


近くの玉川上水に、枯れた花たちを埋めに行った。
土の匂いを、ひさびさに嗅ぐ。夕暮れに近い2月の雲は、薄い藍色だった。

(C)2003 Warner Bros.Entertainment Inc.All right Reserved.

|

« ■0221■ | トップページ | ■0225■ »

コメント

このブログと「できるまで」のブログで、普段は分からない製作過程の一部を見せていただいて、とても興味深かったです。
なのに、本の内容はほとんど分からない。
楽しみでしょうがありません。
長い闘い、本当にお疲れ様でした。

投稿: silver_copper | 2011年2月24日 (木) 22時39分

新子本の校了、おめでとうございます。
これまでの妥協なき作業、お疲れさまでした。
そして3月11日、また新たなマイマイ記念日が増えるのですね。
本の内容が今から楽しみです!

ソイレントグリーン・・・私も懐かしいです。

投稿: 青の零号 | 2011年2月24日 (木) 22時49分

■silver_copper様
>なのに、本の内容はほとんど分からない。

すみません。手にとってくれた方から、口コミ的に広がれば……とか、甘いことを考えていましたが、ちょっとは書かないとイカンですね。

仕事・私事ともに、悪いことが重なった時期でもありましたので、「これが最後の仕事かな」と思いながら、つくった本です。

よろしくお願いします。

■青の零号さま
ありがとうございます。

いえ、妥協はしたんですよ。ただし、読者には絶対に分からない形で。
それは印刷所を待たせているとか、出版社の事情とか、なるべく考慮したうえで、最良の仕事をするということなんですが。

>ソイレントグリーン・・・私も懐かしいです。

80年代のライトSFブームの前の、ちょっとダークな雰囲気、郷愁を誘いますよね。


投稿: 廣田恵介 | 2011年2月24日 (木) 23時00分

>手にとってくれた方から、口コミ的に広がれば……とか、甘いことを考えていましたが、ちょっとは書かないとイカンですね。

いえ、逆なのです。
いろいろと見せていただきながら、本を手にとってページをめくる楽しみは少しも損なわない、プロの技だなと思いました。
待ち遠しいです。

ちょっと脱線しますが…
僕の職場の机の上のマットには、4月からずっと、前岡さんにいただいた吉祥寺の新子のチラシがはさんであります。
表と裏と。両方。
毎日、廣田さんが書かれた文章を読みながら仕事してます。
元気が出ます。

投稿: silver_copper | 2011年2月24日 (木) 23時47分

お疲れさまでした(´ー`)
本が手許に来るのを楽しみにしています!

ツイッターを始めた時はQui_ssaのフォロー御願いしますね。

投稿: キサ | 2011年2月24日 (木) 23時48分

■silver_copper様
ああ、あのチラシの文章。ありがとうございます。
でも、あの時とたいして変わらないような文章を、また書いてます(笑)
敷居を高すぎず、低すぎず……あれで良かったのかな。自分では、分かんないですね。

なんか今、燃え尽きてしまったような、さみしい充実感を味わっています。明日、尊敬する漫画家さんの取材なので、元気じゃないとアカンのですけど。

■キサ様
もう、フォローしましたよー。
でも、自分からはあまり発言しないと思います。

>本が手許に来るのを楽しみにしています!

厳しい評価を、お待ちしています。ちょっと今、マゾ的な気分です。

投稿: 廣田恵介 | 2011年2月25日 (金) 00時05分

新子本の宣伝はツイッターとmixiでばんばんやりますからね!

投稿: Miya-P | 2011年2月25日 (金) 00時11分

■Miya-P様
心強いなあ。よろしくお願いします。
僕は今は、ダメです(笑)

投稿: 廣田恵介 | 2011年2月25日 (金) 00時15分

ソイレントグリーン。VHSで保存してます。
自分は人をブルドーザーで排除するシーンに衝撃を受けました。今なら究極のエコ作品として・・。

投稿: ハム船長 | 2011年2月25日 (金) 05時02分

■ハム船長様
VHS! 確かに、その方があの作品にマッチしてますよね。
ブルドーザーで人をカーゴに放り込むシーンは、CGなしのスタントでやっているのが凄いです。

>今なら究極のエコ作品として・・。

食人というのは、キリスト教圏だと圧倒的にタブーなんでしょうね。日本では、大飢饉のたびに食べていたようですが。

投稿: 廣田恵介 | 2011年2月25日 (金) 09時15分

おめでとうございます。ほっと一息ですね。2〜3日くらいは燃え尽きててもいいんでは?(笑)
昨年の浜松での上映が決まったのが3月だったので、この本の発売日が3月というのが私にとっては何だかいい感じです。3月が好きになりそう。
後少し。楽しみ♪

投稿: kyasリン | 2011年2月25日 (金) 10時12分

■kyasリン様
今日も取材、月曜も取材なので、あんまり燃え尽きてもいられないのですよ。

僕は作家ではないので、シメキリを最優先しますし、各所の都合も考え合わせなくてはならない。営業スマイルも不可欠ですしね。

>3月が好きになりそう。

3月は、僕の誕生月なのです。

投稿: 廣田恵介 | 2011年2月25日 (金) 10時27分

ほんとだ(他所情報より)^^
3月生まれは同級生に羨ましがられるでしょう。
こども時代は4月生まれの子が得意げでしたけどね(笑)

投稿: kyasリン | 2011年2月25日 (金) 22時31分

■kyasリン様
>3月生まれは同級生に羨ましがられるでしょう。

早生まれって、損している感じがしますけど……。

「来月、44歳です」と言うと、最近付き合いの増えた年上の人たちは「まだまだ若い!」と言ってくださいますけどね。

投稿: 廣田恵介 | 2011年2月26日 (土) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0224■:

« ■0221■ | トップページ | ■0225■ »