« ■花の色■ | トップページ | ■0116■ »

2011年1月15日 (土)

■0115■

体が疲れているはずなのに、脳が眠ってくれないときは、『ギャラクティカ』シーズン3のバル66_01_2ター裁判のくだりを見ていたのだが、ここ2~3日は、シーズン4のクーデター話をくり返し、見ている。
アダマ提督が「反乱に加わった者に、これだけは言っておく。お前たちを許しはしない。恩赦もない!」と激怒するシーン、吹き替えもいいけど、原語で見ると、より爽快だ。
(写真手前にいるのは、名誉の死をとげたジャフィ一等兵)

銃を両手に、つぎつぎと突破口を開いていくカーラ、『ダイ・ハード』そっくりに黙々とトンネルを這っていくチロル、誰もが素晴らしい活躍を見せる。


もはや、そこいらのプロ編集者などかなわぬ執念で作り上げられた『メガゾーン23』同人誌、7568_l 『2325』、COMIC ZINさんで通販が始まっています。→こちら

『メガゾーン』は、版権をめぐる争いで、作品の秘めているポテンシャルが削がれてしまった。作り手が権利だ金だと騒いでいる間に、この同人誌のメンバーは、せっせと手を動かしていたわけであって、ページをめくるたび、「プロなんかクソくらえ」という気持ちにさせられる。

「大人は汚い!」とこぶしを振り上げた『メガゾーン』の意志を引き継いでいるのは、この同人誌だけだと思う。


『ぼくのエリ 200歳の少女』に対する、映倫の表現規制問題を風化させないために――。
「切られた猥褻 映倫カット史」を読んでいる。昭和31年公開の『太陽の季節』(原作:石原慎太郎)が、映倫の組織改組のきっかけとなったのは知っていたが、詳しく読むと、仰天である。

『太陽の季節』のヒットを受け、大映は石原原作の『処刑の部屋』を映画化。その公開直前、朝日新聞が夕刊二面トップで、大映社長に公開質問状を叩きつけたのだという。しかも、「井沢淳」と記者の名前入りで。
この公開質問状は、「映倫の審査基準は甘い、もっと規制しろ」という批判なのだが、勇気のある記者もいたものだ。下手をすれば、クビが飛ぶ。

『ぼくのエリ』のために、誰が何をしてくれただろう? せめて、映倫が配給会社に圧力をかけ、「映っていない性器を消させた」事実は語りついでいこう。ペンは剣よりも強し。


「マイマイ新子と千年の魔法の本ができるまで」ブログ、毎日更新中。→こちら
俺は「やる」と言ったら、やる男だぜ。おそらく、ギャランティの範囲を大きく越えていると思うのだが、この本は金のためにやってるんじゃない。作品に対する、感謝の気持ちなんだ。

©2004 Universal Network Television LLC. All Rights Reserved. ©2003 USA Cable Entertainment Development, LLC. All Rights Reserved.

|

« ■花の色■ | トップページ | ■0116■ »

コメント

>「マイマイ新子と千年の魔法の本ができるまで」ブログ、毎日更新中。

見てると、廣田さんの仕事が凄過ぎて...私はデザイナーの立場でしか分からないんだけど、編集といってもかなり作業が多いというか特殊という気が。。。なにしろ凄い...パワーがいるね〜楽しそうだけど。

投稿: ごんちゃん | 2011年1月16日 (日) 00時03分

■ごんちゃん様
いや、こちらは無から有を生み出すわけではなくて、すでにある作品を利用させてもらっているだけだよ。

仕事によっては、どういうページにするか、すべてお任せという場合もあるけど、『新子』本は、とにかく出来るところまでは、自分でやらせてもらっています。

投稿: 廣田恵介 | 2011年1月16日 (日) 10時55分

正月にギャラクティカのシーズン4をまとめて観たので頭クラクラしてます。 旅立ったメタル・サイロン達でタチコマ軍団みたいな珍道中のスピンオフ作ってほしい。

『ぼくのエリ』自分は映画館には行かずにレンタルとか購入DVDで観るほうなので声高に映倫への文句を言う資格は無いなぁと少し後めたく申し訳ない気分になります。

投稿: ジェイケー | 2011年1月16日 (日) 23時25分

■ジェイケー様
コメント、ありがとうございます。
シーズン4、確かに一気に見ると、置いてきぼりをくらいますよね。特に、タイ大佐とカプリカ6の関係は、あれで良かったのかと、昨夜も気になりました。

>旅立ったメタル・サイロン達でタチコマ軍団みたいな珍道中のスピンオフ作ってほしい。

そっちの方が、『THE PLAN』より面白そうですね(笑)
センチュリオンは、けっこう愛らしい存在です。

>『ぼくのエリ』

あなたが後ろめたく思う必要は、全くありません。なぜなら、一番卑怯なのは、映倫だからです。彼らは、観客からの質問状にウソを書きましたからね。

『ぼくのエリ』が日本公開にあたって、どんな目にあったのかだけ、出来るだけ多くの人に伝えてください。この件が風化しないよう、僕も頑張ります。

投稿: 廣田恵介 | 2011年1月17日 (月) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■0115■:

« ■花の色■ | トップページ | ■0116■ »