« ■徒労感その3■ | トップページ | ■12月某日■ »

2010年11月29日 (月)

■『新子』本と『08小隊』のこと■

『マイマイ新子と千年の魔法』のムック本が、来年早々に発売されます(一迅社より)。
今日も、声優さんお二人(まさか?というような方が登場します)にインタビュー。ついでに、「うお!?」と思うような新資料も多数発掘してきたので、ページの許すかぎり、掲載します。
Shinko_2    
エイベックスさんの熱い要望もふまえながら、後悔のない本にしますからね。資料、ぎゅうぎゅうに詰め込みますよ。
いや、本当に後悔したくないな、この仕事だけは……。

でも、私のための本じゃない。
一緒にスクリーンで見た、あるいはDVDでガツンとやられてしまった、あなたのためにつくります。
一迅社さんのサイトからも、じきに情報が出ると思うので、ぜひブックマークを→こちら

さて、本日の取材前、片渕監督と会ったのですが、「今日この後、イイダウマノスケさんのお通夜なんだよ」……はあ。えっ? 飯田馬之介監督のこと?


1999年の春、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の最終話を見終わった翌日、インタビューさせていただいた。媒体は「アニメ批評」創刊号で、誰かが2ちゃんねるに、インタビュー本文を書き起こして転載してくれたので、探せば見つかると思う。

口さがない方で、インタビュー中では、富野監督を批判したりもしている。ほんの10年前だN_story_1104が、おおらかな時代だったから、そんな批判に検閲を入れる人間もいなかった。
同じ頃、『カウボーイ ビバップ』のコンテも切られて、それがまた良くてね……ようは口だけの人ではなかった。『ビバップ』のあのエピソード(スペースシャトルの出てくる話ね)も良かったし、『08小隊』の後半パートも、僕は大好きだ。
数あるガンダムの中でも、Ez-8が一番好きだし、MGでも組み立てたよ。

コンビニ本「ガンダムの常識」シリーズでも、『08小隊』のモビルスーツやキャラクター、名場面は、ほとんど僕が書いている。
僕のような仕事だと、そういうリスペクトの表し方がある。「ゼロハチに関しては、俺に書かせてね」ってことだ。
いちばん、うまく書ける自信がある。


インタビューは、2時間にも及ばなかった。
だが、理想家でらっしゃるのは分かった。「みんなで、若い人たちに見せられる企画を考えている」と、熱心に語ってらした。楽しみに待っていた。『銀色の髪のアギト』で「原案」とクレジットされていた。苦心されたのだと思う。
理想家は、人とぶつかりやすい。だけど、そういう人が好きだ。人は亡くなっても、理想は残る。

次の本では、また『08小隊』のことを書く。飯田監督は嫌がるかも知れないけど、僕は好きなんだ。

(C)2009 高樹のぶ子・マガジンハウス/「マイマイ新子」製作委員会
(C)創通・サンライズ
 

|

« ■徒労感その3■ | トップページ | ■12月某日■ »

コメント

たっ・・・楽しみにしてるんだからネっ!!(ツンデレどころかデレデレ)
さて、予約が始まったら景気付けに何冊注文しちゃおうかのう。

投稿: キサ | 2010年11月29日 (月) 21時28分

■キサ様
ああもう、デレデレにプレッシャーかけてくださいよ。要望を出すなら、今のうちですよ!
しかし、値段は少し高くなりそうだし、刷数も少なめ……なので、予約は必須かも知れません。

投稿: 廣田恵介 | 2010年11月29日 (月) 21時36分

いよいよ本格的なマイマイ本が出るのですね!
新文芸坐のアンケートで、マイマイのムックさえ出れば多少値が張っても…と書いた一人としては、高くても我慢できます(^^;。
他ならぬ廣田さんが後悔しない本なら、きっとすばらしい内容になると信じてます。

それにしても、飯田監督の訃報は残念です。
08好きでした…ご冥福をお祈りします。

投稿: 青の零号 | 2010年11月29日 (月) 21時50分

■青の零号さま
ありがとうございます。
値段は今のところ、2,310円だそうです。私としては、「もう5,000円の豪華本にしようよ!」と言いたいところですが、出版社さんの企画ですので、中身の濃さで頑張ります。

>新文芸坐のアンケート

すると、アニメスタイルのオールナイトでご覧になりました? 『アリーテ姫』の話も、ちょっと出てきますよ。楽しみにお待ちください。

>それにしても、飯田監督の訃報は残念です。

宮崎駿さんの衣鉢を継いだ、とご本人も語ってらっしゃいました。その成果が『08』で、その先もあったでしょうにね。

投稿: 廣田恵介 | 2010年11月29日 (月) 22時08分

5000円は良いと思います。コメットさん☆の資料本も10年前発行で4000円でしたし。高くしても中身がもっと熱くなればオッケー。

投稿: キサ | 2010年11月29日 (月) 22時29分

■キサ様
中身は、もうけっこう熱いですよ。
この値段で、この中身かよ!というレベルには達しつつあります。

「この絵だけは出さないでくれ」とか、そういうのは、今のところ皆無です。

投稿: 廣田恵介 | 2010年11月29日 (月) 23時05分

廣田さんが手掛けられるのですか!
こんなに嬉しいことはありません。

はっきりと画面には出てこないけれど、綿密に調べられた事が沢山あると思うので、その辺りが分かったりすると嬉しいな、と思っています。NHKのMAGネットで映った参考資料の山の内容だとか(^^

でも、本当に嬉しいです。
寒い時期ですからお体に気を付けて。
楽しみにしております。

投稿: silver_copper | 2010年11月29日 (月) 23時29分

■silver_copper様
一迅社の女性編集者と、せっせと素材集めをしています。マッドハウスの広報さんを「なぜ、あの原画がないの?」とせっついています(笑)

基本的に「この絵は、もう見たよ」とか「この話、もう聞いたよ」というものは除外する方向です。
とにかく、40回映画を見た人をさえ「ええっ?」と驚かせたい。

>寒い時期ですからお体に気を付けて。

ありがとうございます。
楽しみに待っていてください。

投稿: 廣田恵介 | 2010年11月29日 (月) 23時45分

 ムック企画決定、大変ありがたい!

 発売のあかつきには神棚にあげたのち、1ページ1ページ拝読させていただきます。今から楽しみです!

投稿: 地元記者(ナ) | 2010年11月29日 (月) 23時57分

■地元記者(ナ)様
企画を通したのは、あくまでも一迅社さんです。
私は「あいつで良かろう」的に呼ばれたに過ぎません。

しかし、本はそれこそ神棚に祭りたくなるほどのモノを目指します。

投稿: 廣田恵介 | 2010年11月30日 (火) 00時16分

ムック本に年末ラピュタ。この素晴らしい一年の締めくくりにいいニュースが立て続けに来ました。
新子をいろんな劇場に見に行きましたけど、他ならぬまだラピュタだけ見てないのです。劇場には行ったのですが(^^;
夏にお約束していたものもみなさんに渡さなければいけないのでありがたいタイミングです。ついでにコミケも行かないといかんので(笑)
今度こそ廣田さんとご一緒出来るいいのですが。
本、楽しみにしていますよ
あーもう東京に移住したい。でも防府が遠くなる(笑)

飯田馬ノ介監督の訃報はホントに残念でした。明日宮崎監督が弔辞を述べられるそうですがどういうお話をされるのか、またお聞かせくだされば・・・
「おいら宇宙の探鉱夫」の続編希望運動もとうとう叶わぬ夢になってしまったのも残念です。
思えばあの素晴らしい正当派ジュブナイルSF作品がウケないという事に今のアニメファンの嗜好の偏りの予兆があったのだという気もするんですよね、それを思い出せたのが他ならぬ新子だった訳で・・
「08小隊」はガンダムの中で僕がもっとも好きな作品。
普通の人間達の地に足の着いたドラマは途中から引き継いだにもかかわらずさすが飯田監督だと思わせるものがありました。
もっとしっかりした体制で何か一本作品を作ってもらえる機会があったらと思うと
とても残念で仕方ありません。
今はただご冥福をお祈りするしかできませんが・・・ホントに今年は大事な人がなくなり過ぎです。

投稿: Miya-P | 2010年11月30日 (火) 01時10分

■Miya-P様
私が飯田監督の名前を覚えたのは、やはり『おいら宇宙の探鉱夫』でした。
その前だと思いましたが、『デビルマン』のOVAで、ちゃんとエッチな演出もやってましたよね。そのバランス感覚が好きでね。『08小隊』のお風呂のシーンで「あの二人は、ちゃんとセックスしてるんだよ!」と力説しつつも、そのものズバリのシーンは描かなかった。そういう方だったんですよね。「見せなくても分かるだろう?」と。

だから、ジュブナイル向けだったんですよね、「宮さんの弟子だ」って自らおっしゃってしましたから。
でも、今年は『宇宙ショー』『REDLINE』も客足が伸びず、深夜アニメだけがタコツボのように先鋭化して、「ソフトが売れれば何やってもいい」「アニメなんだから何を描いてもセーフ」となってしまった。
想像ですけど、飯田監督は怒りまくっていたような気がしますね……。

>あーもう東京に移住したい。

いやいや、東京は二言目には「で、いくら儲かるの?」「ウチには何の得があるの?」という場所です。
だから、『新子』の本出版にラピュタでの再映って、ちょっと奇跡的なんですよ。どちらも、儲かるとは思えないので(笑)

年末は、まだ『新子』の本をつくっている最中と思いますが、さすがに今回はお会いできるでしょう。楽しみにしています。

投稿: 廣田恵介 | 2010年11月30日 (火) 02時05分

いやあ、俺は奴のことは「さん」付けなんかでは絶対呼びませんから。

「馬之介」なんて名でも普段は呼びません。
ずっと「つとむ」「つとむちゃん」でした。

投稿: 片 | 2010年11月30日 (火) 02時19分

■片さま
そうだったですね、すみません。
でも、「耳を疑った」とは、あの瞬間ですよ。

>「馬之介」なんて名でも普段は呼びません。
>ずっと「つとむ」「つとむちゃん」でした。

ありがとうございます。それだけで、十分にお気持ちが伝わってきます。

投稿: 廣田恵介 | 2010年11月30日 (火) 02時25分

ムック本...予約はいつから開始ですか!
私の「マイマイ」思い出ボックスに最高の宝物が加わります...凄く楽しみ♥

それから先日、片淵監督が夢に出て来ました。
商店街の中にある小さなカメラ屋の店主なのです。
店内の棚に目をやると、カメラ以外に沢山のトレッキングシューズが。「義足の方専用なんです」と店主(監督)。「お久しぶりです。」と私から声をかけると、「あ、気がつかなかった。おひさしぶりです。そういえば、あなたが持ってるその手さげ袋のヒモの色...かなり激しい方だなと思っていました。」

...続く。

店主は
「社会に役立つものを発明」しているのだと言っていました。そのあとこの夢はとんでもない方向に向かうのですが、長くなるのでこの辺で。

投稿: ごんちゃん | 2010年11月30日 (火) 02時51分

>ちょっと奇跡的なんですよ。
りっぱな奇跡ですよ!もう嬉しいな。
ムックがでるなんて妄想すらしてなかったですからね。
マイマイ新子の同人誌が出るというので、またしても文学フリマに行かねば!と思っていたところに加えてムックですから。
期待してますよぉ。

投稿: DH98 | 2010年11月30日 (火) 07時05分

■ごんちゃん様
何だ、その超リアルな夢!
「俺、カメラ屋になるよぉ」って言い出しても不思議じゃない(笑)
あと、義足専用というのも意味深だね~。面白い。

■DH98様
そういえば、文フリで『新子』の公式同人誌が配布されたのは、一年前でした。
ムック本は、僕も妄想して、このブログに表紙のダミーを掲載したと思います。まさか、一年後に実現するとは。

明日も半日、取材です。『新子』の場合、ちょっとしたこぼれ話が「えええっ?」という場合が多いので、楽しいですよ。

投稿: 廣田恵介 | 2010年11月30日 (火) 11時26分

のぶ子先生のインタビューもあるといいなぁ。
その時は先生の若い頃の写真を借りて載せて下さい。

投稿: キサ | 2010年11月30日 (火) 17時33分

■キサ様
あ、そう来ましたか。
インタビューは、ほぼ明日で録り終えてしまうのですよ……。

投稿: 廣田恵介 | 2010年11月30日 (火) 20時24分

>明日で録り終えて
(´・ω・`)ショボーン
見たいんじゃ。わしゃどうしてものぶ子先生の若い頃のお顔が見たいんじゃウエーン!

投稿: キサ | 2010年11月30日 (火) 22時25分

■キサ様
このお写真は、いかがでしょう?
http://trc-ejnet.jp/contents/thumbnail/513.jpg

うーん…10年ぐらい前?

投稿: 廣田恵介 | 2010年11月30日 (火) 22時44分

今のお姿を見ても先生は本当お若いというか、僕のオフクロの五歳下とは思えないなぁ・・・
無理とは思いますが、先生が10才の時の写真とか本当興味あるんですよね・・・
新子と同じ歳の信子さんに。

投稿: キサ | 2010年11月30日 (火) 22時48分

廣田さま

このエントリーで飯田馬之介監督が亡くなられたことを知りました・・・
まだお若いのに残念です。
何かの本で、飯田監督が『主人公のシローが嫌い』的な発言があって、大いに同意した記憶が・・・自分もどうも彼が苦手(苦笑)
08小隊はメカのリアルさと色恋沙汰がごっちゃ混ぜの不思議な作品でしたが、自分も好きです。

マイマイ本はもちろん予約しました!
08本も期待してますよ^^

色々とご苦労も多いと思いますが、こういった形で、作品へのリスペクトを表現できるのは羨ましいです。
自分なんかは好きな作品のメカの模型作ってfgでさらす程度しかできないですからねぇ^^;

投稿: かまタロウ | 2010年11月30日 (火) 23時50分

■キサ様
>僕のオフクロの五歳下とは思えないなぁ・・・

ああ、そう言われると、確かに大変お若いですよね。
DVDの特典に少し登場されましたが、はつらつとしてらっしゃいましたものね。

■かまタロウ様
『新子』本って、もう予約できるんですか(笑) 焦りますね。

>08小隊はメカのリアルさと色恋沙汰がごっちゃ混ぜの不思議な作品でしたが、自分も好きです。

前半を監督された神田武幸が亡くなって、その後を任されたのが飯田監督だったので、どうしても、企画そのものを疑うところから入らざるを得なかったようです。
「何とか、実のある終わらせ方にしよう」と苦労したあとが随所に見えるのが、またこの作品の魅力なんですね。
(私がインタビューした後に、「GaZO」という雑誌に、さらに細かいインタビューが載りました)

>08本も期待してますよ^^

3月発売の「グレメカ」で何か出来ないかと考えています。自分の持ちページの中でしか出来ませんが。

模型(というか立体物)って、興味ない人からしたら、本当に分からないそうなので、難しいところですね(笑)

投稿: 廣田恵介 | 2010年12月 1日 (水) 02時16分

いろいろ思い出有り過ぎて葬儀では泣けちゃいましたよ。

投稿: ハム船長 | 2010年12月 1日 (水) 11時09分

■ハム船長様
身近で親しくしてらした方、皆さん、そうだったと聞きました。
私のような縁遠いものが知ったかぶってしまって、少し反省しています。。

投稿: 廣田恵介 | 2010年12月 1日 (水) 17時35分

廣田さま

>『新子』本って、もう予約できるんですか(笑) 焦りますね。

えっ!?まだ予約できないんですか!?
って、実は最近本屋でバイトを始めた親戚の女の子に『出版されたらすぐ押さえるよう』連絡しただけなんです^^;
変なプレッシャーをお掛けしたようで済みません。

ちなみに、彼女はカミサン方の親戚で、やはり防府出身。親戚皆さんが新子に意外とドライななかで、唯一の理解者です。
前にも書きましたが、署名運動のときに、防府の役所に勤める義父から『新子のためにそんなに頑張らんでええよ』とコテコテの山口弁で言われましたから(笑)
まぁこのギャップが面白いんですけどね。

彼女と僕とで確実に2冊は売れます!
ホント、期待してますから☆
お体を大事に頑張って下さい。

投稿: かまタロウ | 2010年12月 1日 (水) 22時14分

■かまタロウ様
すみません、Amazonでも予約できます。何しろ、担当編集の方と私と、二人だけで取材したり素材集めたりしている段階なので、営業側がどこまで動いているか、把握してなくて。

しかも、他の本やブックレットにも参加しているので、なかなか『新子』だけに集中できないんですよ……。
今日はスタッフの方たちにインタビューしてきましたが、やっぱり、それぞれ面白いんです。でも、ページ数には限りがある……と、めずらしく悩んでいます。

>彼女と僕とで確実に2冊は売れます!

ありがとうございます。
ホントに、そんな安易な内容では許してくれないファンの方たちばかりなので、緊張しています。

なんかこう、「見たかったものが全部入っている本」にしたいんですよね……。

投稿: 廣田恵介 | 2010年12月 1日 (水) 22時35分

廣田様、

早速Amazonでポチってしまいました。DVDの時もそうでしたが、待ってる間のわくわく感がたまりません。

投稿: YASS | 2010年12月 1日 (水) 23時34分

■YASS様
ご無沙汰してます。そして、ありがとうございます。
でも、「ありがとうございます」と言うのも、まだ気が早いような段階です(笑)
すごく良い素材が、集まってきていますけどね!

投稿: 廣田恵介 | 2010年12月 1日 (水) 23時53分

ご無沙汰しておりました。

あの、大変勝手ながら一つだけ、どうしても告知させていただきたいことがあるのですがよろしいでしょうか。じつは今月6日、なかのZEROホールにて例の都条例改正の反対集会があるそうなんです。

私自身は田舎住まいなので行けそうにないのですが、やはり動員数が必要とのことで、同じ表現規制の問題に関心を持たれている廣田さんのブログにてご紹介いただければと思ったしだいです。何とぞこの場をお借りさせていただけませんでしょうか。 ※もし賛同できないということでしたらこのコメントごと削除していただいて結構です。

この反対運動には最近になってこうの史代さんも合流されているようです。この件をさておいても、こうのさんの動向に注目しておくとそのうち何かいいことがあるかも知れません(?)。またもし、映倫問題で私に協力できそうなことがありましたら可能な限りはお力添えさせていただきます。よろしくお願いします。

投稿: yoh | 2010年12月 4日 (土) 05時06分

■yoh様
告知される分には、まったく構いません。
ただ、こんな辺境のブログよりもTwitterの方が効果的ではないかと思いますが……と思って検索したら、ありました。
http://togetter.com/li/74601
12/6中野区なかのZERO小ホール 18:30開場19:00開演
「『非実在青少年規制』改メ『非実在犯罪規制』へ、都条例改正案の問題点は払拭されたのか?」

>この件をさておいても、こうのさんの動向に注目しておくとそのうち何かいいことがあるかも知れません(?)。

こうのさんの動向……あの企画は、守秘義務とか大丈夫なんでしょうかね。そっちのほうが心配だったりして……。

あと、映倫の件はですね、都条例よりも話が広くなってしまうので、「表現規制」という点で同一視はしていないんです。
たまに「映倫の規制に反対なら、ぜんぶ反対だろ?」みたいに言われるんですけど、そんな大雑把なものではないと考えています。

投稿: 廣田恵介 | 2010年12月 4日 (土) 11時17分

ありがとうございます。むしろ今回の反対運動はTwitterで活動されている方が多いように思えまして、それならTwitterよりブログを読むことを嗜好されている方にも広めておかねばと思ったしだいです。

>都条例よりも話が広くなってしまうので、「表現規制」という点で同一視はしていないんです。
不勉強で失礼いたしました。

>こうのさん
あれっ、私はこうのさんに注目と言っただけですよ。ええ、それだけですとも。

投稿: yoh | 2010年12月 5日 (日) 00時47分

■yoh様
私も、本件に関しては態度を表明したいと思っているのですが、ネットはグレーゾーンを許してくれないところがありますので、難しいところです。

>不勉強で失礼いたしました。

いえ、私がたまたま『ぼくのエリ』という映画から行動開始しただけなので、他の方に強いるつもりはありません。

>あれっ、私はこうのさんに注目と言っただけですよ。ええ、それだけですとも。

ああ、そうでしたね。今夜、さらに深い話を聞いてきたのですが、たぶん空耳です。トラウマになりそうな強烈な話だったけど……空耳です、ハイ。

投稿: 廣田恵介 | 2010年12月 5日 (日) 01時03分

ムック本予約しました♥
むふふ...色あせない思い出ふたたび...か。

投稿: ごんちゃん | 2010年12月 7日 (火) 22時54分

■ごんちゃん様
いま、すごい大変です。過去10年、本を作るのに、ここまで大変な思いをしたことはないです。

紙面づくりに入ったら、楽しくなるかなあ……字ばかり打ちつづけるのが、こんなにツライとは(笑)。

投稿: 廣田恵介 | 2010年12月 7日 (火) 23時12分

頑張れー!!!!!!
全国のファンが待ってます。楽しみながらできたら最高ですけど、わかりますわかります...そうはいかないですよね。私の持ってる新子関連の宝もの(似顔絵とかアンケート用紙とか)必要だったら言ってくださいね!

投稿: ごんちゃん | 2010年12月 8日 (水) 11時44分

■ごんちゃん様
いま必要なのは、栄養ドリンクだよ……。
後ほど、取材の帰りに買いこんでくるか。

>似顔絵とかアンケート用紙とか

ありがとう。でも、今そういうものを見たら、一番プレッシャーになりそうな気が(笑)

投稿: 廣田恵介 | 2010年12月 8日 (水) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■『新子』本と『08小隊』のこと■:

« ■徒労感その3■ | トップページ | ■12月某日■ »