« ■徒労感その2■ | トップページ | ■『新子』本と『08小隊』のこと■ »

2010年11月28日 (日)

■徒労感その3■

世界の紛争 12月1日発売
61a5ifbgwsl__ss500_
膨大な資料を読み込み、規定のページ数にまとめるだけの仕事だったが、本当に気が滅入ってくるよ。人間、ここまで残酷になれるのか、と。
資料の中に、反政府組織(というか、重武装したマフィアだね)に取材した人のルポもあって、そういう人は本当に尊敬する。

だからってわけじゃないんだけど、アグネス・チャンは、ソマリアに何しに行ったんだろう。
先日、読売新聞で「ソマリアの子供たちを救いましょう」って言ってたけど、なぜ難民が発生したか知ってるか。国内に武装勢力が跋扈しているからだろ。
どうして結果しかみないんだよ。なぜ、原因に目を向けない? ユニセフ募金で集めた金で、RPG(携帯ロケット砲。『ブラックホークダウン』に出てきた)を買って、武装勢力の拠点に撃ちこんでくればいいじゃん。そっちの方が、パフォーマンスとしては効果的だ。RPG構えたアグネスの写真が、世界中の新聞に載るよ。

あと、難民は子供たちだけじゃねえぞ。


この半年間、有能な仲間たちと、新しいビジネスの相談をしてきた。数え切れないほど多くの人の意見を聞いて、経営コンサルタントと戦略をすすめてきた。

公的金融機関をあてにしていたんだが、ふだん使っている預金通帳、家賃の領収証を提出するように言われ、もう我慢できなくなった。
ようするに「廣田さん、あんた、ちゃんと金持ってるの? 光熱費とか払ってる? 証拠を見せてよ、証拠を」ってことでしょ。よくそこまで、人を疑えるものだな。
家賃・光熱費はおろか、NHK受信料も新聞の購読料も、ライター業についてから一円も滞納してねえよ。

日本政策金融公庫は、政府の100パーセント出資会社だ。市は私の収入源を疑い、国は私の金の使い方を覗き見しようとする。アダマ提督なら「もうウンザリだ」というところだよ。
Rpgまったく、RPGを撃ちたいのは、こっちさ。

あいつらに頭を下げるぐらいなら、銀行強盗でもしたほうがマシだ……って書くと、「リアルで犯罪予告をしている」とか言われちゃうんだっけな。


吉祥寺バウスシアター用に作った、『REDLINE』の特製パネルを、他県の映画館さんが展示してくれるかも知れない。
このパネルに関しては、ノーギャラだったんだけど、役立ってくれて嬉しい。地方でも、地道にアニメ映画を盛り上げようと、頑張っている人たちがいる。

言葉は使う人間次第だが、「理想」って言葉は好きだ。「希望」は、どこか嘘くさいが。

|

« ■徒労感その2■ | トップページ | ■『新子』本と『08小隊』のこと■ »

コメント

アグネスが行ったのはソマリアではなくソマリランド共和国だったというオチが付いてました。

投稿: キサ | 2010年11月28日 (日) 21時03分

■キサ様
一応、ソマリランドもソマリアの一部ではあるんです。アグネスの言い方は、詭弁っぽかったですけどね(笑)

僕は、どうして彼女が「子供」にばかり注目するのか、それが解せないんですよ。

投稿: 廣田恵介 | 2010年11月28日 (日) 21時10分

「行政相談」は御存じですか?
三鷹市は「行政苦情相談」という名で
行政の仕事に関する苦情について
相談を受け付けているようなので
行かれてみては?
月に一度しかないのが不便ですが、
次回は12月3日かな?(ご確認を)

投稿: kyasリン | 2010年11月29日 (月) 09時02分

■kyasリン様
ありがとうございます。毎月第一金曜なので、3日ですね。

調べてみましたが、相談員は民間の方なんですね。ちゃんと職員や市長に届くのかしら。
何事も経験なので、ちょっと行って来ます。

投稿: 廣田恵介 | 2010年11月29日 (月) 12時02分

納得がいく結論がでますように。
民間の方なのでこちらの味方です。
市が雇っているはずなので対策とその報告もなされるはずです。

私は市役所のある課から「ここは関係ないからあちらへ」とスタートして、
あちらへあちらへと、
ずいぶん離れた2施設をめぐって
結局市役所にもどってきたときに、
「いったいどうすれば?」と相談に行ったら
「行政のたらい回しですね。」と、
本来、最初の担当課がすべきだった処理の段取りをつけてくださって無事解決となりました。
別件で同じ課の同じ職員に問い合わせた答え(調べもせず即答された)が間違っていたこともわかり、
職員による当たり外れがあることを知りました。

投稿: kyasリン | 2010年11月29日 (月) 14時54分

■kyasリン様
む……ほぼ、今の私に近い目に合われたんですね。

しかし、「納得のいく結論」を出して欲しいというより、まず納税者に謝罪すべきだと思うのです。
そして、今後二度とナメた仕事の仕方をしないように……窓口で追い返すような尊大な態度でメシを食ってはいかんのだ、という認識を持って欲しい。
僕が望むのは、それだけです。

>職員による当たり外れがあることを知りました。

なんだか、映倫みたいですね。
ああいう偉い人たちって、何でそうなんでしょ。

投稿: 廣田恵介 | 2010年11月29日 (月) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106227/50154440

この記事へのトラックバック一覧です: ■徒労感その3■:

« ■徒労感その2■ | トップページ | ■『新子』本と『08小隊』のこと■ »