« ■感情のアイドリング■ | トップページ | ■プリキュアの変身シーンは、カッコいい■ »

2010年9月15日 (水)

■映倫に質問状を送りました■

池田憲章さんのWebラジオ「談話室オヤカタ」に、出演しています。タイトルは「#270 廣田恵介さんご来店! 映倫に怒っているぞ!」こちら ぜひ聴いてください。

もちろん、『ぼくのエリ』の表現規制問題です。僕がこの件から、目をそらすはずがない。
Bokueli_sub3_largeだって、映画の専門家たちが何もアクションしないんだから、観客である僕がやるしかないでしょ。映倫に対抗できる団体がない以上、個人が限界までやるしかない。

とりあえず、映倫には、内容証明郵便で質問状を送ってあります。
先ほど、配達完了メールが届きました。受け取ってもらえても、開封されないかも知れない。無視されるかも知れない。
もしそうなったら、プランBが発動するだけなので、楽しみに待っていてください。納税者として、日本国民として、ありとあらゆる権利を行使します。

ただ、映倫にも言い分はあるでしょうから、期限までは質問状は公開しません。
回答が来ても、公開しないかも知れません。
結果として、映画ビジネスを支配する、気味の悪い空気が払拭されてくれればいいのです。


ちょっと調べてみたら、映倫が「審査拒否」した映画に『大統領暗殺』という映画がありました。もともとは、『ブッシュ暗殺』という邦題でしたが、タイトルとポスターを映倫が「審査不可能」として退けました。
ちょっと前の記事ですが、修正前・後のポスターを見ることが出来ます→こちら 

そうです。ポスターやチラシ、予告編さえも映倫が「可」としたものしか、観客は見ることが出来ません。映倫の審査を拒否する権利は、観客側にはありません。
この国において、映倫だけが「表現の自由」という日本国憲法第21条をキャンセルすることができるのです。


この超法規的団体・映倫は「映画界が自主的に設立した」ことになっていますが、一体どこからどこまでが「映画界」なのでしょうか? 映倫の存在をいまいましく思っている映画館は「映画界」には含まれない? 映倫のせいで、余計な手間と時間をとらされた配給会社は「映画界」ではない?

「談話室オヤカタ」でも話したとおり、わが国における「児童ポルノ」の定義は、あまりに漠然としています。なぜ、権力を行使する側は、いつでも曖昧な言葉づかいをするのでしょう? そして、なぜ常に、われわれはこんなにも権力に対して、従順で寛大なのでしょう?

私たちは、ニコニコ笑って、せっかく持って生まれた自由を、権力者にタダで手渡してきたのです。

(C) EFTI_Hoyte van Hoytema

|

« ■感情のアイドリング■ | トップページ | ■プリキュアの変身シーンは、カッコいい■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■映倫に質問状を送りました■:

« ■感情のアイドリング■ | トップページ | ■プリキュアの変身シーンは、カッコいい■ »