« ■6月のメモ「枯渇」■ | トップページ | ■川越紀行■ »

2010年6月26日 (土)

■6月のメモ「運命」■

内緒にしておくのも後ろめたいので、書いてしまおう。
今夜は、『マイマイ新子』新座上映おつかれさん飲み会です。映画の関係者は一人も出席しませんが、そういう、内々の飲み会なので……。

それで、会場が川越から近いので、川越スカラ座さんに寄ってこようかと。ポスターの件で、お世話になっていることだし。
今度こそ、最後の『新子』です……いや、僕にとっては。
というのは、7月17日から、ラピュタ阿佐ヶ谷さんで、(おそらく)最後のレイトショーが始まるので。

なので、巨大ポスター、またデリバリーするかも知れないし、「もう、いいかな」という気もするし。
石井支配人と、「どうしましょうか」って相談するのも楽しいだろうし。


本日から、アニメ映画『宇宙ショーへようこそ』の上映が始まります。
100326_uchushow_main私の大好きな立川シネマシティで上映されるので、いつ行こうかな、と思案中です。

私の古い知り合いが、『新子』のような前例があるから、初日動員に貢献したい、と言っていました。
『新子』のような前例とは、初日2日間の動員が悪ければ、早期に打ち切られるかも知れない……ということでしょう。僕は、「そりゃ大丈夫でしょ?」と楽観しています。配給が、マニア心を熟知したアニプレックスだからです。

私も、配給会社なんて気にしはじめたのは、『新子』からです。
だから、素人目かも知れないけど、T・ジョイ系でやるし、MOVIXでもやるし、ぜんぜんフットワーク、軽そうじゃないですか。
怖いのは、梅という配給会社なら、梅の系列館だけで上映して、梅系だけの成績で判断されて、梅系だけが損しないように、いっせいに終わるというパターン……昔の、ブロック・ブッキングみたいな体制だと思います。

ただ、あえて損するのも、会社の判断としては正しいそうです。それがたまたま、『新子』だったという話だと、僕は理解するようにしています。
なんで落ち着いてられるかというと、配給会社が損なら損を決め込んだ後、ファンの大逆襲が始まったからです。だって、いまだに、今日、今からだって見に行けるんですよ? 関東なら、『新子』と『宇宙ショー』、ハシゴできちゃう!

見たい映画、応援したい映画があったら、まず配給会社をチェック!
それがもし、梅だったら、僕の中では「ヤバイ、早く行かないと」。東宝だったら、「まあ、慌てることもないだろ」。アニプレだったら、「年内にDVD出るだろ」とかね(笑)。


ただ、『新子』で知り合った人たちが、「『宇宙ショー』、見てね!」って連呼してると、やっぱり楽しいです。
いいじゃないですか、「配給会社によって映画の運命が変わるかも知れない」っていう、新しいお楽しみが増えたんだから。

|

« ■6月のメモ「枯渇」■ | トップページ | ■川越紀行■ »

コメント

>『マイマイ新子』新座上映おつかれさん飲み会

決志隊の方々でしょうか。
みなさん素晴らしかったですね。

>巨大ポスター

ぜひ一度、防府にも来てほしいです。

投稿: silver_copper | 2010年6月26日 (土) 14時48分

いやでもまあ、成績が良ければ次回作の可能性も高くなるでしょうし、作品内容の自由度も上がるでしょうし、ね。
だってあんなブサイクな犬がメインキャラのアニメ映画なんて、コレがコケたら二度と作れなさそうじゃないですか(笑)

あと、初日初回に行く屁理屈をこねないと、腰のあがらない、大人になってしまった、というのはありますね(笑)

投稿: てぃるとろん | 2010年6月27日 (日) 13時02分

神戸の初日行ってきました
映画館が電車の便が悪く凄まじい土砂降りというお天気のせいもあったんでしょうけど、若干入りが微妙なところも・・。あれだけやってオリジナルだから・・なんて絶対駄目ですよ、
というわけで当分は宇宙ショーも支援です!

投稿: Miya-P | 2010年6月27日 (日) 13時49分

■silver_copper様
決死隊、やっぱり女性パワーがすごかったです。

ポスター、防府へ送ることは考えてませんでした。
吉祥寺、新座、阿佐ヶ谷、川越の空気をたっぷり吸って、なかなか貫禄でてきたと思いますよ。

■てぃるとろん様
オリジナル作品が、つくられなくなるのでは……という恐怖は、常にありますね。そういう意味では、やっぱり当たって欲しい。それは間違いないですね。

>屁理屈をこねないと、腰のあがらない、大人

いやいや、僕ら、オジサンが手本を見せないと、いけないと思いますよ。

■Miya-P様
雨、すごかったみたいですね。
関東から見ると、「梅田でやってるんだから、一安心じゃない?」と思ってしまいます。
映画は、やっぱりお祭ですからね。リアルタイムで盛り上げないと、意味ないですね。

投稿: 廣田恵介 | 2010年6月27日 (日) 14時55分

>僕は、「そりゃ大丈夫でしょ?」と楽観しています。配給が、マニア心を熟知したアニプレックスだからです。

>あれだけやってオリジナルだから・・なんて絶対駄目ですよ、

宇宙ショーの土日動員出たみたいです。

上映スクリーン数: 21
オープニング土日動員: 9030人
オープニング土日興収: 1376万6700円

http://eigaconsultant.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-b5c1.html

さすがに新子ほどにはなりませんでしたが、これはちょっとどうなんでしょう?
ハ○ヒだの、な○はだの観に行ってた連中はどうしたんだ……。

投稿: 海鮮屋 | 2010年7月 2日 (金) 01時39分

■海鮮屋さん
ご無沙汰です。
ちょうどさっき、業界の方と飲んでいて「宇宙ショー、何とかした方がよくない?」と聞いてきたところです。つまり、マニアに向けた上映シフトにした方が、まだ傷が浅いよ?という。

僕は、日曜夜の立川シネマシティへ行くつもりですが、まだ226席でやってくれている。
てっきり、夜の回自体が、なくなると思ってましたよ。『新子』より、まだマシじゃん、と。

>ハ○ヒだの、な○はだの観に行ってた連中はどうしたんだ……。

客層が違うんですよ。30年前のように、「アニメ映画なら、何でも支援する」という層が、ほとんど消えてしまいましたね。
じゃあ、どうして『サマーウォーズ』はヒットしたのか。ちゃんと、考えたいですよね。

でも、そういうことを取材する雑誌って、ないでしょう。
今、どうやって、つくろうかとあがいているところです。とりあえずは、『宇宙ショー』に行くことですね。

【訂正】ああ、海鮮屋さんがTwitterにリンクしたんですね。それでも、「こいつも犯人だ!」と言われているようで、やっぱり不愉快なことには、変わりありませんね。
Twitter、やっぱり好きじゃないな(笑)

投稿: 廣田恵介 | 2010年7月 2日 (金) 02時13分

すみません。
廣田さん、ツイッター嫌いだったんですよね。
ツイッターだと一文に乗せられる文章に限度があるんで、思わずリンク張っちゃいました。。。
初動こけるとその後の上映が危なくなるとか、30年まえと客層が違うとか、サマーウォーズとの状況の違いだとか……情報伝播のつもりで悪意はなかったんですが、軽率でした。

しかし、宇宙ショーの宣伝戦略は新子で「こうしておけば……」と思っていたことはほぼ完璧にやっていたんで、それでこういう数字が出てきちゃうと。。。
知られてないから、期待を煽れてないから入らないんだ、とはもはや言えない。
一般層はともかく、マニア向けにはあれだけ宣伝打っていて、どうしてここまで客が入らないのか……もう、業界をとりまく構造的な問題としか思えませんorz

投稿: 海鮮屋 | 2010年7月 3日 (土) 02時22分

■海鮮屋さま
Twitterの件は、勝手な文脈でリンク貼られるのは、もう仕方ないかなと思ってます。

むしろ、あまりにもヌルいレスを書いてしまったことに、反省しています。

映画館の館数、興行側の取り分、P&Aを考えると、窓口収入のみでリクープできる作品は、ほとんどないんです。
こと、アニメ映画は一本何億円もかかりますから、手堅いビジネスが求められます。

>業界をとりまく構造的な問題としか思えません

違います。
あなた方が、ありもしない「理想的なアニメ・ファン」像にしばられ、勝手に、問題にしているだけですよ。
『新子』のときも、問題をそこへ置こうとしたでしょ?

最新のエントリに書いたように、「俺はこのアニメが好きだ!」という衝動を、あなたからは感じとることが出来ない。だから、「客が入らないと、誰がこまるんですか?」と、こっちは覚めてしまいます。

業界の構造的問題なんて、そんなもの、ないですよ。だって、当たる映画は当たってるじゃないですか。
『ハルヒ』にも『なのは』にも、もう熱狂的なリピーターが付いていたじゃないですか。それが、なぜ問題なのか、僕には分かりません。

投稿: 廣田恵介 | 2010年7月 3日 (土) 02時45分

「 世の中に不満があるなら自分を変えろ!!それが嫌なら、耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ!! by草薙素子」

私も世の中の性ばかりにする気はありません。私は私で出来ることをやります。
少なくとも、マイマイ新子という“体験”でそれを学んだから、ドカンで司会もやったんですよw

>「俺はこのアニメが好きだ!」という衝動を、あなたからは感じとることが出来ない。

うーん、そこが自分にとって一番悩ましいとこなんですが(汗
まあ、自分なりのスタンスでもっと周辺からアプローチをしていきます。

ただ、最後にひとつ。
1Q84やワンピースがバカ売れしてるから、出版、マンガ業界は安泰だ、と言えないように、ハルヒやなのはが当たってるからアニメ業界の構造に問題がないとは思えません。

>でも、そういうことを取材する雑誌って、ないでしょう。
>今、どうやって、つくろうかとあがいているところです。

て、危惧があるから廣田さんも動こうとしてるんでしょうっ!?
まあ、業界内のことは内部の人にまかせるとして、ファンにはファンのやり方ってもんがありますよ。

投稿: 海鮮屋 | 2010年7月 3日 (土) 03時50分

■海鮮屋さま
最初に言っておくと、僕は冒頭の草薙素子のセリフって、大嫌いなんです(笑)
体制に属する人間がああいうこと言うのって、もう反吐が出そうで。

>1Q84やワンピースがバカ売れしてるから、出版、マンガ業界は安泰だ、と言えないように

『1q84』や『ワンピース』とは無関係に、私のところには、いろんな仕事が来るので、そこそこ安泰ですよ。私個人はね。
そんな私に、出版業界全体を憂える義務が、あるわけがない。

>ハルヒやなのはが当たってるからアニメ業界の構造に問題がないとは思えません。

キングレコードや、角川映画は、ウハウハだと思いますよ。赤字で大変なメーカーさんもあるでしょうけど、それはメーカー単位の責任であって、業界全体の問題ではありませんよね。

つまり、皆さん、自分の不安を「不況」と言いかえているのに、すぎない気がするんですよ。

それと、私やあなたが、それぞれの事情で何かするのは、個人の自由意志であって、「構造的な問題」とは、いささかも関係ないでしょう。

好きならば、応援する。サッカーと同じですよ。

投稿: 廣田恵介 | 2010年7月 3日 (土) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■6月のメモ「運命」■:

« ■6月のメモ「枯渇」■ | トップページ | ■川越紀行■ »