« ■3月のメモ「夏のソラ」■ | トップページ | ■3月のメモ「お帰り、ゼーガペイン…?」■ »

2010年3月 9日 (火)

■3月のメモ「あなたが恵まれてないアニメを見つけたら、そのアニメは、あなたが救うんだよ」■

今週土曜より、『マイマイ新子と千年の魔法』、再上映!
0310_001
一部で「かわいい」と人気の、お母さんを取り上げてみました。
土間で下駄を履いた瞬間、ちょっと走るのが遅くなるんですが、「あ、大変な作画やってんな~」と、初見の時に感心したものです。

東京での上映は、渋谷シネマ・アンジェリカにて、13日(土)より3週間。20日から一週間だけ、昼11時からの回のみになります。その時、こっそり見に行ってみようかな。

【速報】浜松の映画館「CINEMA e_ra(シネマ・イーラ)」にて、5月1日(土)~14日(金)まで、上映決定!


本日は、ある用件で、初対面の人たちに『新子』の話をしてきました。2時間ぐらい。
それが、どういう形になるのかは、まだお話できません。

Maimai_flyerそれこそ、試写室で見る前の、30秒の特報フィルムを見たときの印象から、どうして署名を始めたのか、阿佐ヶ谷の飲み屋で怒鳴ったこと(笑)、ほとんど全部、包み隠さず。

だけど、どうしてラピュタ阿佐ヶ谷でブレイクしたのか、それだけは説明がつかなかった。あの8日間から、何か見えない力が働いて、この映画は救われてしまった……いや、救われつつある、というべきか。DVDですら危うい、というのは事実だから。TAFでも、何の発表もないはずですよ。

だから、せめて大都市圏ではヒットさせたい、と心から思う。「アンジェリカに期待するものは?」と聞かれたけど、ラピュタの時と同じです。「ここでコケたら、そうとうヤバい」です。


今日、『新子』のことを話しながら思ったのは、「あなたが恵まれてないアニメを見つけたら、そのアニメは、あなたが救うんだよ」ということ。
「恵まれてない」ってのは主観が入るけど、まずは、主観で構わないじゃない?

51tthuz6q8l先日、出版関係者で話していて、「『ゲド戦記』は大ゴケでしょ」と言っている人がいたけど、とんでもない。76億円の大ヒットです。――でも、その人が「大ゴケだ」と思ったんなら、何らか『ゲド戦記』を救う方法が、あるのかも知れないじゃない?

我々は、作品を「鑑賞する」のではない。作品と「関係を結ぶ」のです。
人それぞれであるように、作品もそれぞれ。すると、人と作品によって、無限の「関係」が成立可能なわけです。
その関係の中で、「善い」と思われることを、やっていきましょうよ。

「こんな糞アニメ、誰得だよ」って言いぐさは、おそらくネットが普及してから、生まれてきたニヒリズムにすぎない。
一言、「こういう作品があるから、見てみろよ」と言うだけで構わないし、「DVDが出てないからVHSを貸すよ」だと、かなりの発展性が出てくる。
見られなくてもいい作品なんて、僕はこの世にないと思っている。

|

« ■3月のメモ「夏のソラ」■ | トップページ | ■3月のメモ「お帰り、ゼーガペイン…?」■ »

コメント

ついに来ましたね、長子さん!
私も土間をかけていくシーン好きです。
一瞬ふわっと浮くような感じがするんですよね。
あそこでいつも「おぉ!」と声が出そうになります。
あそこのシーンの「パラパラ原画」、ぜひニコ動にアップしてほしいです。

それから前岡さんのチラシですが、吉祥寺と渋谷のアニメイトさんにお渡ししてきました。
それからバウスシアターにも。
まだ色々まわります。

廣田さんには次のキャラクター紹介はぜひ吉岡さんをリクエストします。
貴伊子の次に2番目に好きかも知れないです。
隠れ吉岡さんファンはいるのでは?

投稿: bokusatchii | 2010年3月 9日 (火) 07時43分

■bokusatchii様
いや、吉岡さんの絵は、マスコミに配られてないのですよ……キャラ表はありますが、それはやりすぎですから。しかし、貴伊子の2番目というのは、マニアですね(笑)。

>前岡さんのチラシですが、吉祥寺と渋谷のアニメイトさんに

あ、そうですか。昨日、吉祥寺アニメイトに置いてこようとして、「まあ、いいかな」と、やめといて良かったです。すごく助かりました。
渋谷は広大なので、どれだけ回りきれるか、ちょっと不安です。3館ぐらい行ければ……。

>ついに来ましたね、長子さん!

うーん、片渕監督の趣味でしょうね、この人は(笑)
明日は、あの人です。あの人を見て、「見たい」と思う方がいるかは、不安なんですけど……。やめとこうかな、やっぱり。

投稿: 廣田恵介 | 2010年3月 9日 (火) 08時23分

防府での特別上映を観て来ました。ぎっしり詰まったお客様、しかも老若男女が普遍的に。
よかった、首都圏がおかしいのであって本来はこのようにあらゆる年齢層が楽しめる映画なのだ、私は(私たちは)一人ではなかったのだ、と感激し意を強くして来ました。

この絵の長子さんの同期の方も相当人数いらっしゃいました。

投稿: 早房一平 | 2010年3月 9日 (火) 12時10分

長子さん、やっぱり人気あるんですね。
僕も大好きです。かなり好きです。
可愛いのは可愛いいんですが、ある種の色気というかエロスすら感じます。
監督かアニメーターが自覚的にやってるのか、本上さんの声がそうさせてるのか、自分が勝手に感じてるだけなのか分からなかったのですが、どうやら自覚的っぽいですね(笑)
一度、監督自ら長子さんについて語ってほしいです。
何なんでしょうねあの人は。上の画像見てるだけでドキドキするくらいですよ(笑)

投稿: てれ | 2010年3月 9日 (火) 12時26分

■早房一平様
コメント拝見して、「日本中が防府だったら、楽しいのに」と思いました。
老若男女が普遍的に……東京では、そういう光景には、お目にかかれませんでした。初日舞台挨拶も、若い人が多かった気がします。福田麻由子さん目当てだったのかなあ……。

ラピュタ阿佐ヶ谷では、われわれオッサンだらけの中に、たま~に親子連れの方が混じっていました。
オッサン同士の会話は、それはそれで楽しかったのですが、そろそろバトンタッチしたいなあ、などと思います。

■てれ様
なんで、そんなに長子さんは人気あるんですか(笑)

>ある種の色気というかエロス
>上の画像見てるだけでドキドキするくらいですよ(笑)

えーっ、そうなんですか!
うーん、困りましたね。そういう視点で『新子』を見たくなってしまいます。僕にはいまひとつピンと来ないので、皆さんが、うらやましいですよ(笑)

監督がどう思っているか……確かに、聞いてみたいですね。皆さんがドキッとするところは、絶対に自覚的にやってると思うんですけどねー。

投稿: 廣田恵介 | 2010年3月 9日 (火) 15時35分

いや長子さんは人気あるでしょう(笑)

こういうお母さんキャラがステレオタイプでなく、色気の有る存在感があるのは珍しいですよ。「名犬ラッシー」のメリッサさんにも大いに通ずるんで、それをイメージした方も多いと思います。

新子ちゃんは「ラッシー」で言うとサンディですね。勝気なのにへたれな部分があるのがたまらない。

投稿: zapo | 2010年3月 9日 (火) 16時27分

■zapo様
いや、分かんないですよ(笑)
色気! 健康美とか、そういうことじゃなくて、色気なんですね?

じゃあ、この次は長子さん主体に見てみますわ……。

ちなみに『名犬ラッシー』は、近所のTSUTAYAで、2本を1本分の料金で借りられるのですが、1本に5話も入ってるんです。なので、まだ見てないのです。すみません。
でも、監督の女性観を探るためには、見ないとなあ……。

投稿: 廣田恵介 | 2010年3月 9日 (火) 16時38分

ラッシーは、新子のプロトタイプ要素満載ですね
子供の世界と大人の世界の関わり方の描き方にも通じる物がありますし、
以来監督のファンになっちゃいました。
メリッサさんは声が吉田理保子さんという事もあって
存在感抜群でした
>zapoさん
>サンディですね。勝気なのにへたれな
可愛かったですね、しかもすぐデレるし

でもプロトタイプいうと裏番組のバラエティのせいで作品的に不遇だった事まで含めて・・・後半見たかった。
あの頃ネットがあれば絶対何かしたんだろうなー
映画は頑張れば反撃できるけどテレビはそういう点虚しいですね

投稿: Miya-P | 2010年3月10日 (水) 08時55分

Miya-Pさん

私は「新子」を救うことは、実は「ラッシー」を救える可能性が0ではなくなることになるとも思ってるのです。

つまり「新子」の評価が高まることによって、片渕さんに「ラッシー」の後半を劇場版でリメイク、なんて話が来ても不思議ではない。端折った後半部分は、本来原作ではメインですし、有名原作なので海外を含めて観客の間口は広い。日本版フランダースの犬を作るような松竹なら、あるいは・・・と思います。
まあ、妄想もいいところですが。

投稿: zapo | 2010年3月10日 (水) 16時12分

>「ラッシー」の後半を劇場版でリメイク、なんて話が来ても不思議ではない

それ、私も思った事あります。おっしゃる通りで元々の原作の本筋だけ作ればいい話ですからね。マイマイの企画を知る前は片渕監督にBSフジの新しい名作劇場でやって欲しいなあと真剣に思ってましたから

投稿: Miya-P | 2010年3月10日 (水) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■3月のメモ「あなたが恵まれてないアニメを見つけたら、そのアニメは、あなたが救うんだよ」■:

« ■3月のメモ「夏のソラ」■ | トップページ | ■3月のメモ「お帰り、ゼーガペイン…?」■ »