« ■マイマイ上映館■ | トップページ | ■ジョソコを全力で肯定する■ »

2010年1月29日 (金)

■1月のメモ「18回目」■

まず、『ギャラクティカ』のご報告。
Tv_bga_sfx16gh_2日本テレビでのシーズン2は、2月16日火曜日よりスタート! 一年も待たされましたが、ちゃんと放映されますよ! 実写版『ヤマト』の前に『ギャラクティカ』を、どうぞよろしく。

そして、完結編となるシーズン4は、スーパー!ドラマTVにて、2月7日に先行プレミア放映。2月17日から、放送スタートです。

今日、DVD発売元のデイライトさんに行ってきました。取材相手は、なんと『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕監督です。「片渕須直、ギャラクティカをミリタリックに語る。」 3月発売の「グレートメカニックDX」を待つべし!


水曜日は、朝からラピュタ阿佐ヶ谷でした。9時すぎに着いてチケット購入。夕方、「8 1/2」で食事後、19時にはロビーにいました。
100127_18450001また、いろいろ展示物が増えてました。ビー玉、メンコ、ベーゴマ。キューピーさんの頭には、マイマイが。激レアなマイマイうちわも。
すべて、ファンの方が持ち込んだものです。

ひとり、サントラの流れるロビーに座っていると、試写会に通っていた頃を、不意に思い出す。あの頃と今と、どっちかが夢なんじゃないか?という気がしてくる。
そして、「感想のーと」のPencroftさんの言葉に、心からシビれた。


仕事仲間との18回目の鑑賞は、開幕10分ぐらいから涙腺がゆるみはじめ、「私のお母さん、死んじゃった」「なーんだ」のあたりで、涙が出てきた。ウィスキーボンボンのシーンで泣けるようになったら、もう『マイ新』廃人です。かなり、やられてます。

あと、シゲルの足にはさまったドジョウを奪おうとする新子、目が真剣だ(笑)。防空壕へ行く決死隊の面々、みんな「盗賊がいる」という設定でRPGしているのだね。「あービックリした!」と言うのが目的なんだ。ビックリするための仕掛けを、自分でつくる。大人にも、出来るはず。

終映後、ロビーに戻ってみると、新たな展示物が。
100127_22290001なんと、「赤いの…」です(笑)。なんだ、このアイテムは。「感想のーと」に貼って、使えということのようです。
映画見てないと、完ッ全に意味不明のアイテムです。
友達のいない人は、ため息をつきながら、小川に落としてみましょう。千年後、金魚になるかも知れません。

もうひとつ、実際に頭に装着できる「マイマイ」もありました(しかも、2個)。記念撮影にどうぞ。
100127_22290002このままでは、「いけえダム」がラピュタ阿佐ヶ谷に建造されてしまいます。
そうは言いつつも、あと2週間。
ラピュタの支配人さんがいらしたので、「8日間、マイマイ・ナイトに通った者です」と挨拶したら、「毎朝、大変でしたでしょう」とねぎらいの言葉を返していただきました。
誤解のないように言っておくと、監督以下のスタッフ、ラピュタさんも「朝から並ばせて、申し訳ない」という気持ちなのです。ただ、映画館のオペレーション上、『マイ新』だけ特別扱いは出来ないのですね。


そして、一部で盛り上がっている「吉祥寺バウスシアターで、『マイ新』をやる」という噂。
Photo4どうも、支配人さんが、商店会長を兼ねているとか……。そうしたら、街ぐるみで盛り上げられますね。

やっぱり、「町」「場所」「地域」と一体化して、上映を盛り上げるのが『マイ新』らしいように思います。


先日告知した、即売会「TAT-CON/TAT-HON」への参加は、「二次創作は販売不可」というルールのため、出店を取りやめました。
しかし、主催者が柔軟性のある方で、一部、ルールを改正してくれました。しかも、私の同人誌を買ってくださるとまで言う。こういう方が、「文化」をつくっていくのだと思います。

|

« ■マイマイ上映館■ | トップページ | ■ジョソコを全力で肯定する■ »

コメント

あの「感想のーと」には、鑑賞直後にいろいろな思いを整理しきれず支離滅裂なままゴチャゴチャと書いてしまい、後でやべー失礼なこと書いたかも、とドキドキしておりました。
他の方々の感想には、ホントに心温まりました… 今ちょっと忙しいのですが、2月12日までにもう一度くらいはラピュタ阿佐ヶ谷に行きたいなあと思っております。
あと僕はCSが見られないので、ギャラクティカシーズン4は早くDVD化してほしいです。こちらもドキドキしております。

投稿: pencroft | 2010年1月29日 (金) 01時27分

■pencroft様
毎度毎度、このような雑然としたブログにお越しくださり、ありがとうございます。

>「感想のーと」

ヨイショでも何でもなく、素晴らしかったです。途中で、何度もフキダシで書き加えてあるところに、誠意を感じました。
「狙ってない」と言いますか、本当に誠実な気持ちを訴えたい一心なのだと、誌面から伝わってきました。
作品に対して、世界に対して、どのような態度で歩んで来られたのか、それすらも伝わるような気がしましたね……大げさなようですが、本当に。

チラシに使わせていただいたコピー、今日も監督と二人で「あれは凄い文章ですよね」と話題にしていました。

>ギャラクティカシーズン4

『ギャラクティカ』、ご覧になっているんですね。さすがです!
DVD発売日は、まだ告知解禁日ではないので、「初夏」ということで、お許しください。思ったより、早く出ますよ。
僕も、まだ全く見ていないので、楽しみで仕方ないのです。

投稿: 廣田恵介 | 2010年1月29日 (金) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■1月のメモ「18回目」■:

« ■マイマイ上映館■ | トップページ | ■ジョソコを全力で肯定する■ »