« ■僕には、理解し切れてない、という自信がある■ | トップページ | ■アニメ映画バブルの片隅で■ »

2009年11月29日 (日)

■11月のメモ「時祭組、予告」■

アニマックスで『赤毛のアン』を見ていたら、マシュウのヒゲが色パカしていた。あと、マリラのお腹がBGImg_1447821_55836482_0組(机に隠れるラインで、お腹を区切って描く)だったけど、話すたびに、ぶよぶよ動いていた。
僕には、そういう計算外のノイズが、すべて「表現」に見える。プリントに失敗したのか、カットごとに色が違っていたりするけど、その揺らぎに世界とか人間の実在感があるような気がする。

『マイマイ新子と千年の魔法』の初日、友人が言っていた「昔のアニメみたいだ」というのは、そういうノイズのことだと思っている。
WEBアニメスタイルの【artwork】『マイマイ新子と千年の魔法』を見ていると、「こんな実験的なこと、よくやるな」と感服する一方、「失敗したらどうするんだろう」というヒヤヒヤ感もある。実際、『マイマイ新子~』には、意図的にノイズを忍ばせてある(色パカを混ぜてあるとか、そういう意味ではなくね)。
それが、「温かみ」として受容されるのだと思う。


『鉄腕バーディー:02』の騒動の時にも、似たようなことを書いたけど……
伊達に、「昔のアニメの方が良かった」と言ってるんじゃないんだ。僕が、雑誌にアニメの記事を書きはじめた10年前、「この道で書いていくなら、せめて勉強しなくては」と、昔のアニメを見まくった。『バーディー:02』の時は、みんな去年~今年のアニメばかり引き合いにだすもんだから、話がかみ合うわけがない。

昔のアニメを、ノスタルジアだけで見られるはずが、ないんだよ。過去を知らないと先のことも分からないから、遡って見るのであって。自分の勉強法は、自分でしか見つけられない。誰かに言われずとも、自ずと始めるもんだと思う。
『化物語』が売れてるけど、尾石達也さんは俺より若いのに、俺の生まれる前の映画を、ごく当たり前に見てますからね。過去の蓄積を知らずに、新しいものなんか作れっこない、という好例ですね。


『マイマイ新子~』の感想は、あまりアニメを見てない人のが面白い。『マイマイ新子~』を劇場で見た直後、別件で会った先輩に、強引にオススメしたとか。その気持ち、すごく分かる。
「良作だけど、興行的にはどうなの」とか言ってる暇があったら、周りにどんどん薦めればいい。価値を認める、とは、そういうことだと思う。


さて。『メガゾーン23』の同人誌『フェスティバル・タイムズ』をコツコツと出し続ける【時祭組】、冬コミに参加します!
0011新刊は、板野一郎監督ロング・インタビューが圧巻。載せてもいいものかどうか、意見を求められたけど、「商業誌じゃないんだから、自粛する必要ナシ。このまま行くべき!」と答えたよ。
板野監督のほかに、石黒昇さんのミニ・インタビュー、梅津泰臣さんインタビュー、そしてプロアマ混在のイラストやエッセイが、多数。
詳細は、いずれまた……今号は、今までで一番、スゴイです。裏表紙の写真とか、もう絶対あり得ない。これ、ホントに売るのかよ(笑)。

廣田同人誌も、ラストスパートに入っていますが、【時祭組】の卓では販売しません。ついでに買ってくれる人もいるだろうけど、それはちょっと図々しい気がするので。
その代わり、1月10日のスーパーフェスティバルの僕のブースでは、【時祭組】の同人誌も売ります。だから、コミケで買い逃しても大丈夫。スーフェスでは、『亜空間漂流ガルダス』のDVDも売ります。それは、僕が優しい、イイ人だからです。

というか、得たいの知れない俺の同人誌だけ置いてあって、一冊も売れなかったら、イヤじゃない……。


明日は、試写会です。しかし、午前中からというのはキツイなー。

|

« ■僕には、理解し切れてない、という自信がある■ | トップページ | ■アニメ映画バブルの片隅で■ »

コメント

>「失敗したらどうするんだろう」というヒヤヒヤ感もある。

こっちにはそれはなかったですねえ。
ツラの皮が厚くなってるのか、画面表現的なものでは「失敗なんかしない」と思いこんでやってる感じです。
偉そう?
でも、不思議に「うまくいかない」とは思わないんですよね。味付けが足らなかったら、別の調味料足せばいいだろ、くらいの意識です。

投稿: 片 | 2009年11月30日 (月) 01時06分

ちょっとタイミング的に畏れ多い感じの書き込みになってしまいますが……『マイマイ新子』観てきました。
山口弁が懐かしかったり、個人的な思い出とガッツリぶつかる部分があったりもして、こんな時間までまだ気持ちが昂ぶっています。シンプルで強い子供たちと、彼らをとりまく世界。キラキラとモザイクのようにいろいろ詰め込まれた、素敵な映画でした。確かに、一回では味わいきれませんね。

廣田さんは食べ物映画という切り口を提示してらっしゃいましたけど、私にとっては植物映画でしたね。麦、桑、ウツギに松。タンポポ、ツクシ、イヌノフグリ…。思い出してメモ帳に書いてみたらいっぱいになりました。
貴伊子宅のウツギの根元にあったのがミヤコワスレに見えたのですが、もしそうだとしたらなんと深い!

投稿: ちえきち | 2009年11月30日 (月) 04時15分

■片さま
たぶん、そう言われると思ってました(笑)。もし自信・確信がなかったら、最初からおやりにならなかったんだろうな、と……。
でも、やっぱり規格外の発想だと思います。大胆ですね。

僕が最初に反応したのは、例のウツギを牛車に乗せるカットだったり、籐のハンモックでした。
表現がテンプレ化してないことが、すごくエキサイティングだし、ひさびさに「人が作っている」感じが味わえたんですね。
前に仰っていたように「別に魔法は使ってない」と言われれば、確かにそうなんですけど……。

■ちえきち様
いやー、植物はぜんぜん分からないので、上の方が答えてくれると嬉しいのですが(笑)。きっちり、考証してあるはずです。バックボーンのないものは、ひとつも画面に登場してない気がします。
そのせいか、画面に没入してしまい、映画を見ている距離感がなかった、という人もいますね。

「話が淡々としていて何も起きない」と言われもしますが、確実に何か起きてるんですよ。画面の隅っこにあるものが、強烈に既視感を発していたりして、それを追っていくと、また別の小路に入り込んでしまうというか。
どんな描写にも、確実に「裏づけ」があるんだけど、それ自体が凄いことですね。世界観が変わります。

投稿: 廣田恵介 | 2009年11月30日 (月) 06時56分

>植物

正解は公式サイトのメイキングブログのほうに書き込ませていただきました。
ご覧いただければ幸いです。

投稿: | 2009年11月30日 (月) 15時09分

■片さま
ありがとうございます。拝見しました。
本当にミヤコワスレだったんですね……。

投稿: 廣田恵介 | 2009年11月30日 (月) 15時46分

片さま
あんな素敵な形でご回答いただけるなんて、感激です。やはりそうだったんですね。
色々なものにそれぞれに意味があるのでしょうから、掘り下げて考えてみたいと思いました。
ありがとうございました!

投稿: ちえきち | 2009年11月30日 (月) 18時13分

裏表紙、既にご覧になられたのですね。
自分は未だです、羨ましい。
奇跡の更に奇跡のような本になると思います。

投稿: 正太 | 2009年12月 1日 (火) 00時42分

■正太さま
裏表紙は、「こんな偉い人たちが、よくこんな遊びに付き合ってくれたな」と(笑)。僕は怖くて、「やってください」とは言えません。
奇跡の3乗ぐらいは、行ってると思います。

投稿: 廣田恵介 | 2009年12月 1日 (火) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■11月のメモ「時祭組、予告」■:

« ■僕には、理解し切れてない、という自信がある■ | トップページ | ■アニメ映画バブルの片隅で■ »