« ■生物としての可能性の8割ぐらい■ | トップページ | ■「男ごっこ」の出来る場所■ »

2009年9月15日 (火)

■グレメカ、リニューアル■

グレートメカニックDX10  発売中
Gm_dx_10
●グレメカ人生波止場 第四回
今回は、神山健治監督です。取材時間オーバーで、椅子から立ち上がり、部屋から出ながら、なおも話しつづける神山監督は、最高にカッコよかった。

●ギャラクティカNOW Vol.6
庵野秀明×樋口真嗣イベントレポートは、最も正確かつ詳しいはずです。カラーページでは『RAZOR』を徹底フィーチャー。

●女子ロボ徹底研究
ドロッセルお嬢様のデザイナー、福地仁さんインタビューを含む、全9ページ。

●『TO』
『2001夜物語』を原作にしたCGアニメですね。曽利文彦監督にインタビューしましたが、いい人でした。

●ロボット演出事始
これは新連載。最もマニアからのツッコミが激しいと思われる、『ガンダム』第1話を取り上げました。

●オヤヂ酒場
「お台場ガンダム」、「追悼・金田伊功さん」、『東のエデン』の3本立て。
今回は、いっぱいやりましたね。かなり、頑張りました。


いつもいつも書きそびれているけど、『CANAAN』は面白い。
先週、リャン・チーが亡くなったけど、リャン・チーというキャラクターに「ご苦労さまでした」と言いたい。大熱演だった(作画も、声もトータルで)。
彼女はエアガンを愛用していたが、その空虚さが、急に際立ってきたような気がする。実写映画では、なかなか、こういう「読後感」に似た感慨は、起こりにくい。

紙に書かれることから出発するアニメという表現は、実は映画よりも、文学に近いんじゃないだろうか。


ケーブルで、宮崎あおい主演の『海でのはなし。』という映画をやっていたから、観た。
多分、そういう契約だったんだろうけど、全編、スピッツの音楽が途切れずにかかってい02vる。いや、シーンが変わると、バツンと切れちゃったりもする。

アニメでは、音楽がブツ切りになるなんて、あり得ない。なぜなら、音響監督がいるから。音楽・音響の扱いに関しては、アニメは実写映画より、かなり優位に立っている。やたら「アニメの影響」と口にする映画人は、アイデアだけ真似るのではなく、アニメのフローチャートに学ぶなりして欲しい。

宮崎あおいは、どの映画を見ても、印象のつかめない女優だ。役を「やり過ごす」というか、誤魔化された気になってしまう。
宮崎の母親役の毬谷友子は、朴訥とした色気があって、良かった。友人役の、菊地凜子……この人は、苦労人なのだろう。『スカイ・クロラ』で押井さんに選ばれたのも、災難だったと思う(笑)。苦労人だから、愚痴っぽい役が似合ってしまう。今回も、そうだった。『アサルトガールズ』では、活躍してほしい。


人生でひとつ失うと、思わぬ形で、別のひとつを得る。失ったまま、ということは決してない。だから、失うことは怖ろしくはない。
だが、最初から失ったまま生まれてきた場合、その巨大な欠損は、補いえるのだろうか。(そもそも、最初から「無い」ものは「欠損」ですらないのかも知れない)

|

« ■生物としての可能性の8割ぐらい■ | トップページ | ■「男ごっこ」の出来る場所■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106227/46206892

この記事へのトラックバック一覧です: ■グレメカ、リニューアル■:

« ■生物としての可能性の8割ぐらい■ | トップページ | ■「男ごっこ」の出来る場所■ »