« ■キャラ化の果てに/シリーズ「人類は、いかにしてプラモデルの金型にパンツを彫りこんできたか」最終夜■ | トップページ | ■餃子の羽■ »

2009年7月 6日 (月)

■大人のジブリ■

早めに取材したほうがいいな、と思い、日曜昼間、男一人でジブリ美術館(三鷹市民は、思い立ったその日に、当日分のチケットを買えるのです。予約不要)。
090705_12110001周囲の目も気にせず、レイアウトや動画(原画はあんまりなかった)にかぶりついて一時間半ほど。常設展はスルーして、スパッと帰宅。
やっぱり、女性と行くと、相手のペース気にしちゃうでしょ。「屋上のロボット兵も見たいだろーなー」と思って連れて行くと「あっ、巨神兵!」なんて言われちゃう。あれは、どうフォローすればいいの?
あと、ポニョ展を見ているうち、ちょっと涙ぐんじゃったんだけど、そういうのもキモがられずにすむし、男は一人で、週末ジブリ。スコッチ片手に、ポニョ鑑賞。
……さ、記事、書かなきゃ。


夏アニメが、いろいろ始まった。やはり、『化物語』は別格だね。ようするに、俺は「驚きたい」から、映像を見るわけで、「面白いアニメを見たい」のとは、ちょっと違う。
出来れば、それを見てしまったがゆえに、取り返しのつかない事態になることを期待して見る。『化物語』はねえ――例の、スタイリッシュな演出パートについては、取材で、お話を聞いてきたんですよ。むしろ、俺がゾワッと来たのは、こう、女性キャラの妖しげな表情に、作画でぐーっと寄るでしょ。ズームじゃなくて、作画で寄る。あのねっとりしたエロティシズムは、実写には出来ないですよ。
こういう作品こそ、本能で見ないと。「冒頭のパンツの意味が分からない」なんてのは、ゴダールの映画に、セリフの意味を求めるようなもんだよ。

あと、『うみものがたり』見てるよ。見逃しませんよ、俺は。
P_tyogyogun_0617_2マリンちゃんが、魚群に包まれて変身するのは良いアイデアだけど、本物の魚群予告(写真参照)のほうが迫力あるだろう、断然。
それをあんな、灰色のサンマみたいのをチョロッと出しといて「魚群だ」って説明したって、ぜんぜんアツくないよ。「客を期待させる」という役割は同じなんだから、本物の魚群予告に勝つつもりで、お願いしますよ。
アニメ『うみものがたり』のライバルは、ただひとつ、パチンコの『海物語』なんだよ。今週も必ず見るから、がんばってください。


サークル【時祭組】の『メガゾーン23』同人誌『フェスティバルタイムズ Vol.0』が、いよいよ海外通販開始。なんだか、意図するともなしに海外を向いちゃってるという。国内の同人誌ショップには、委託しないようです。


本日のティンカー・ベル。
090704_14490001瀬戸ノベルティと呼ばれる陶器。羽が折れそうで、とっても怖いんだが、横顔がすごく似ているし、好きなポーズなので、箱にしまっとくのは勿体ないんだよねえ。

|

« ■キャラ化の果てに/シリーズ「人類は、いかにしてプラモデルの金型にパンツを彫りこんできたか」最終夜■ | トップページ | ■餃子の羽■ »

コメント

 前期は、テラ先生が「けいおん」と「東のエデン」を推してた(?)のをそのまんま鵜呑みにして、見始めて、楽しめたシーズンでした。

 Mixiニュースのほうでも、この2作品が1位2位の満足度だったようですね。

 『バスカッシュ』は、2話くらいで諦めてしまいました。上記Mixiニュースの記事を読むと、中盤から面白くなっていったようですね(^^;

 今期も、『化物語』を早速チェック。台詞が冗長な感もありますが、先の展開が早くみたいと思わせる作品でした。


> 。「屋上のロボット兵も見たいだろーなー」
> と思って連れて行くと「あっ、巨神兵!」
> なんて言われちゃう。
> あれは、どうフォローすればいいの?
 アンビバレンツな感情のようで。。。
 以前、キャバに行って、メガゾーンを知っていたキャバ嬢がいたけれど、喜ばなかった、という話と、今回のこのキモチはどう違うんでしょう?笑

投稿: きゃてぃーなかぢま | 2009年7月 8日 (水) 02時42分

■きゃてぃーなかぢま様
いや、僕は『けいおん!』は推したわけではないですよ。『エデン』同様、何かの指針にはなるとは思いましたけど。

『バスカッシュ!』……監督交代劇には、ちょっとシビれましたね。英断だったと思います。
『化物語』は、もうイチオシなんですけど、ネットの反応はなんか鈍い気がします。それについては、一言いいたいですね。

>キャバに行って、メガゾーンを知っていた
>キャバ嬢がいたけれど、喜ばなかった、という話

そりゃ、キャバにはアニメの話をしに行ってるわけじゃありませんから。女の人に『メガゾーン』のラストの美しさを力説したいのは、別の場、別の相手だったりするんです。

ようは、関係性なんですよ。「巨神兵じゃなくて、ラピュタに出てきたヤツね」って、説明する自分がイヤ。この場、この相手じゃないんだ、という。
カツ、レツ、キッカが『哀・戦士』でGMを見て「わーっ、ガンダム」って言うでしょ。あの時、映画館にいたガキたちが「違うよ、GMだよ!」って一斉に叫んだんですよ。覚めますよね。

「その場の雰囲気を維持する」のって、ワガママかも知れないけど、大事じゃないかなあ。

投稿: 廣田恵介 | 2009年7月 8日 (水) 03時10分

 まあ。。。ある大学教授が女子大生に、ガンダムやドラゴンボールの悟空の絵を描かせてみたっていう実験結果を目にしたことがありますが、女性は形を把握する何らかの能力があまり発達してないらしいです。ですので巨神兵とロボット兵の絵柄や用語を女性が把握してないのもしょうがないと思いますが(笑

 もっともそれ以前に、女子と映画やドラマの話をしても、まともに話がかみ合うことが少ないじゃないですか。。。(苦笑)。
 「あのドラマは○×クンが出てるから好き」とか、いつもそういうレベルで話が止まっているのが女子じゃないですか (^^;

 「けいおん!の澪の、声とか仕草が萌え」とか言っているヲタ男子のほうが、よっぽどちゃんと作品を見ていると思いますがねw。

 「化物語」の反応が鈍い?そうした不満はどこから来るんでしょうね?

 第1話OPなどを見るとアクションシーンが盛りだくさんが予想されますが、今後、あんな派手な展開になるんでしょうかね?個人的には、今のような会話ベース(笑)でも全然面白いのですが。

投稿: きゃてぃーなかぢま | 2009年7月14日 (火) 02時39分

■きゃてぃーなかぢま様
僕らの方が、熱心に作品を見すぎているのかな、という気がちょっとしました。『おもひでぽろぽろ』を「宮崎駿のアニメで、一番好き」とか言われても、まあ、適当に合わせるべきじゃないかなーと。「あれは高畑勲でしょ」と指摘したら、「誰それ?」と、気まずいムードになったこともありますし。

>「あのドラマは○×クンが出てるから好き」とか、
>いつもそういうレベルで話が止まっているのが女子じゃないですか (^^;

「あのシーンの脚本が…」とか言われても、逆に困りますしね(笑)。そういう話は、やっぱり男同士でしたい。何でかなあ。一緒に映画を見ても「○×くんがカッコよかった~」と言ってもらった方が、和みますよね。

『化物語』に関しては、この先、アクションはちょっとしかないみたいです。それより、あの濃密な演出テンポに圧倒されるのが楽しいんですよね。

投稿: 廣田恵介 | 2009年7月14日 (火) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■大人のジブリ■:

« ■キャラ化の果てに/シリーズ「人類は、いかにしてプラモデルの金型にパンツを彫りこんできたか」最終夜■ | トップページ | ■餃子の羽■ »