« ■マーク・デイヴィスの霊を呼び出そう■ | トップページ | ■「優しい人」なんて、この世にいない■ »

2009年5月25日 (月)

■ごめん。俺、キャバクラ寄ってくわ!■

フィギュア王 No.136 本日発売
819985
●飯島真理 ロングインタビュー Vol.2
前号では『マクロス』のマの字にも触れませんでしたが、今回は触れてます。最初からそういう構成にしようと狙ってやったことだけど、ちゃんと一回目より濃い目の記事になって、よかった。
すごくビックリしたんだけど、このページを動画にして宣伝してくれた人がいらっしゃいました。これです。ちゃんと、記事で触れた楽曲を使っているのも素晴らしい。素直に、嬉しいです。

インタビューって、難しい。インタビュアー本人が主張すべきじゃない、と基本的に僕は思っているけど、薄くしようと思えば、もうぺらっぺらの中身のない穴埋め記事にもなっちゃう。インタビュアーが出しゃばる必要はないけど、強固な意志がなくてはいけない。何より大事なのは、インタビューイへの尊敬心。「会う」と決めたからには、敬うことだ。


小学校6年生のクラスメートたちで、しょっちゅうプチ同窓会を開いている。前の集まりの時に、「隣のクラスの○子さん、ちょっと好きだった」と呟いたら、なんと○子さんを呼んで飲み会を開いてくれた(主催者は俺よりはるかに有名人だが、この手堅さ・素早さを見れば、その仕事っぷりも想像できる)。
さて、30年ぶりに再会した○子さんは、予想以上に美人になっていた。男二人に女二人(もう一人は、モデルとして雑誌に載るぐらいの美人)だから、もう合コン状態ですよ。しかも、帰りは家が近いからって、そのモデルの子が車で送ってくれたんだよ。こういう夜は、さっさと布団に入って、幸せをかみしめればいいじゃない?

なのに、「ごめん。俺、キャバクラ寄ってくわ!」って、途中で車を降りてしまったよ、私。それで、朝まで一人でキャバクラ。途中から記憶がなく、楽しかったのか、つまらなかったかも覚えてない。そんなこと関係ないんだ。キャバクラは、リセットボタンのようなものだから。自爆ボタンかも知れないが、どちらも似たようなものさ。


『ギャラクティカ』シーズン3のDVD-BOXが届いた。
まずは、『心の闘い』のエクステンデッド・バージョンを鑑賞。付け足されたシーンは、それぞれ面白くはあるんだが、テレビ放映版の方が、構成(というか編集)が圧倒的に上手い。
Sgmdx067304bもうひとつ気になっていたのは、『大脱出(後)』ラストでの、アダマ提督とタイ大佐のやりとり。“You did it.You brought them home,Saul”“Not all of them...”が、日本語吹き替えでどうなっているか。
「やったな。皆を連れて帰った」
「皆じゃない」
まあ、これ以外に訳しようがないか。吹き替え版は、けっこう意訳されてるので、ちょっと心配だった。
シーズン3冒頭でのタイ大佐は、自分の中の邪悪さをうまく飼いならし、善戦していた。階級に縛られた軍隊の中より、実力本位の修羅場でこそ、才能を発揮する人なのだろう。親近感をおぼえる。

|

« ■マーク・デイヴィスの霊を呼び出そう■ | トップページ | ■「優しい人」なんて、この世にいない■ »

コメント

>『心の闘い』のエクステンデッド・バージョン
確かにテレビ版の編集の方が上手いし、これで十分ですよね。例のチューするぞの前なんて、extendedの方はちょっと長すぎてドキドキ感が薄れるような気が(笑)。
シーズン3のDVDが届いたということは、テレビ放映より先を行くということですよね。DVDで先にシーズン最後までご覧になる予定ですか?
RAZORもめちゃめちゃ面白いですよ。

投稿: ELLIE | 2009年5月28日 (木) 01時28分

■ELLIE様
えーと、BOXはシーズンごとに2巻に分かれているので、今回は前半10話までです。“The Passage”までしか収録されていません。いつもは、雑誌をつくる都合で、20話借りられるのですが、今回は冒頭5話のみしか見せてもらえず、あとは毎週リアルタイム視聴ですね。

>例のチューするぞ

あのシーンって、二人が20代だから成立してるんですよね? 30代で、あれは許さねえぞ(笑)。それにしても、エクステンデッド版は「一言多い」「ワンシーン多い」の連続で、ちょっと残念でした。
でも、最近の(シーズン3の)ケイティ・サッコフは、すごい好みの顔になってきました。

>RAZORもめちゃめちゃ面白いですよ。

これ、90分ぐらいでしたっけ。気になるのは、日本国内での公開形式ですね。ひょっとすると、一晩だけ劇場でやるんじゃないかと推測してるんです。確か、アメリカでは劇場公開したそうなので。

投稿: 廣田恵介 | 2009年5月28日 (木) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106227/45082439

この記事へのトラックバック一覧です: ■ごめん。俺、キャバクラ寄ってくわ!■:

« ■マーク・デイヴィスの霊を呼び出そう■ | トップページ | ■「優しい人」なんて、この世にいない■ »