« ■緑の黒髪■ | トップページ | ■鏡音リンの歌声に泣く■ »

2008年4月26日 (土)

■崩壊してるのは、受け手の愛だ■

押井守著『勝つために戦え!』によると、「インテリが観る映画と大衆が観る映画でルールが違う。だから、映画祭用の映画とゴールデンウィーク用の映画は全然違うって言うんだけど、昔はそれで通用したかも知れないけど、今は通用しない。少なくとも、アニメの世界では通用しない、と僕は思っている」。

びっくりしたことに、『マクロスF』第四話の作画に、厳しい評価が下されている。これが駄目だったら、もうアニメーターは絵が描けないと思うよ。同じアニメーターが半年前と同じ絵を描けるかといったら、そういうものではないから。だから、作監修正がコピーされて配られるわけでしょう。物語に新しいシチュエーションが出てくると、絵も変わらざるを得ない。制作開始前に描かれたキャラ表だけじゃ、対応できないってことだ。
しかも、第四話は赤根和樹監督がコンテを切ってますからね。だてに『鉄腕バーディー』をつくってないですよ(夏放映)。ランカが歌うところなんて、もう動かさないと話にならないようなカット割になっていて、「すげぇなあ」と感動したんだけど、どうもそういうことじゃないらしい(笑)。いまや、作画の個性を楽しむのは「インテリ」なわけで、「大衆」は安定した絵が見たい。どっちが偉いという話ではなく、とにかく断絶がある。

アニメ誌には膨大に版権イラストが載っているし、ゲームで「崩壊」しないポリゴンキャラに親しんでしまったら、そりゃハイディテール、ハイエンドが要求されて当然だろう。「各回の作画の個性を楽しめ!」というのは、インテリの戯れ言でしかない。ルールが違うんだから、そこで不毛な論争をしてもしょうがない。「毎回、安定した絵で動きまくるのが理想」、もうそれ以外の道はないと思う。一人の人間ですら、どんどん絵が変わっていくものなので、そんなことは原理的に不可能なんだけど、やっぱり今の時代の求める理想は「いつも変わらない品質」なんだ。

ひとつ気になるのは、わざわざ「作画がダメだった」とネットに書いてしまうこと。せめて「私の好きなキャラを、あんなヘッポコに描くとは許せない」とでも言って欲しい。それは愛だから、どんだけ書いていいし、読んでも不愉快にならないよね。俺だったら、「ヘッポコなランカも、やっぱり可愛いよ」ぐらいは書く。例えば今回、ランカの歌うシーンが止め絵であっても、歌がよかったからそこで感動できるだろう。絵がダメでも、声優さんの演技がナイスフォローだったとか、いくらでもあるだろう。好きになったら、それぐらい我田引水して欲しい。我田引水、牽強付会こそ「愛」の特権だから。
「うわ、ひっでぇ絵! でも面白い。来週も見よう」、これが一番楽しいよ。本当に好きなら、作画が崩れたぐらいでガタガタ言わないこと。

|

« ■緑の黒髪■ | トップページ | ■鏡音リンの歌声に泣く■ »

コメント

あのレベルでダメ出しされてしまうことがにわかに信じられません。私なんか「初代マクロスに比べると作画が安定しているなー」とノンキに見ていましたからw

アニメーションを否定するようなことかもしれませんけど、マクロスFをダメだししちゃう人には「作画ってそんなに重要なの?」って聞きたいですね。

今から15年くらい前、学生時代に見てたセーラームーンなんて、スタジオがかわるとキャラの頭身まで変わるくらい、作画の安定とはほど遠かったですけど、なんだかんだ言いながらファンは結構それを楽しんでいたように思えます。

それにガンダムで言えば「ククルスドアンの島」みたいに、作画がヘロヘロでも名作といえるような話もありましたよね。先日までCSで再放送していたダグラムなんて、作画に難があってもドラマで感動してボロボロ泣いてしまいましたし(ドナンが亡くなるシーンとか)。

いつからアニメファンって嫌な意味で絵に完璧を求めるようになっちゃったんですかねー。昔はもっと大らかな気持ちで見ていたようなに思えます。昔のファンはみんなインテリだった、というわけでもない気がするんですが・・・。

投稿: ドラゴン山崎 | 2008年4月26日 (土) 09時32分

何年前から出てきたのか…。
「作画がダメだった」と言うのは、本来スタッフだけが言える言葉をファンが便利に使う内に、「私の好きなキャラを、あんなヘッポコに描くとは許せない」と言う言葉の簡略記号に変化したもののように思うんですけどね。
その時より更に意味を違えながら一人歩きしちゃってますね。

投稿: てぃるとろん | 2008年4月26日 (土) 11時34分

■ドラゴン山崎さま
僕もうっかり「昔は、もっとひどかったんだぞ」と書きそうになりました。でも、それを言っても無駄というぐらいに断絶が生じていると思います。そこは、ひどかった時代を知っている側が歩み寄るしかないんです。
それとやっぱり、作画はすごく大事なんですよ。安定しているに越したことないですから。
それより「崩壊一歩手前」だとかマイナス要素を見つけて、メモのように書きつける習慣が怖いです。

■てぃるとろん様
ええ、だから同じ「作画」という言葉でも、意味が違うんですよね。そして、違っていって当然と思います。便利な言葉というのは、概してそうですから。
なんかこう、自分が好きで見ているはずのアニメを自分の「外部」に置いている感じがイヤなんです。

投稿: 廣田恵介 | 2008年4月26日 (土) 15時59分

ドラマを楽しめたアニメ界に回帰して欲しいのですが。
そうここに願う!

投稿: ハム船長 | 2008年4月27日 (日) 04時56分

■ハム船長さま
おっ、『ギャラクティカ』ネタですね。
実写・アニメ問わず「ドラマを楽しむ」というのも、案外コツがいるんではないか、と最近は思うんですよ。

投稿: 廣田恵介 | 2008年4月27日 (日) 16時14分

安彦センセは監督やりながらもクラッシャージョウやゴーグの原画はほとんど描いたそうで。
やはり作品内での絵のバラ付きを防ぐ為で。
でもそれは安彦センセみたいな人だから出来た事であって普通の人は出来ませんw

TVシリーズに関しては絵が変わって行く方がすきだったりします。
漫画の1話と最新話ではキャラが全然違うように。

「違う」とか「変わった」とかを楽しめる余裕が見る方にも欲しいですね。
ピリピリしながら娯楽であるハズのアニメ見てもなんだかなぁ〜ですよ。

とマクロスフロンティアを見たくても見れない自分が言ってみるw

投稿: ギムレット | 2008年4月28日 (月) 00時10分

■ギムレット様
そうそう、「同じ人が書いても絵は変わっていく」という意味では、漫画の例が分かりやすいですね。
絵で物語を表現していく、というのはモノづくりの中でもかなり特殊なことなんだと思います。しかも、アニメはチームプレーです。その難しさ(=面白さ)のプロセスが、見る側に伝わってないんでしょうね。
みんな、「絵」じゃなくて「キャラ」を見てるので……

『フロンティア』、未放映地域でしたっけ。視聴環境が整ったら、じっくり楽しんでください。

投稿: 廣田恵介 | 2008年4月28日 (月) 03時04分

 このコラムを読んでからマクロスF第四話を観ました

 そんなにひどかったですかねえ、私は気がつきませんでした。単に、タッチが違うというだけだったような。

 いま、日本では評価されなかった(?)ハリウッド版『トランスフォーマーズ』を見てます。いやはや、さすがアメリカ、遊びも本気モードが違うって感じです。こういう圧倒的なものに目が慣れてくると、作画云々にこだわる人たちの気持ちも分かる気がしないでもないです(2重否定文)。

 ゲームの力も無視できませんね、昨今は。
 若い子と話していて、わたしがマラサイのキットを作ったと話していたら、「ザク改(FZザク)はOKで、マラサイはダサい」って言うんです。その理由が良く分からないんで話しをよくきいてみると、ザク改は確かガンダム系の格闘技ゲームに出ているからカッコいいと、マラサイは多くのガンダムゲームでやられキャラだからダサい、と
 もー少し、想像力を働かせてくれと思いましたね。わたしだってマラサイ、劇中の活躍シーン見てないで作ったんですが

 要は、坂本真綾さんが好きだったら、好きだっ、そう信じる力が必要ということでしょうか(違っ)。

投稿: きゃてぃーなかぢま | 2008年4月29日 (火) 03時18分

■きゃてぃーなかぢま様
アニメでもプラモデルでもゲームでも、若い人との断絶・断線が生じている場合は、もう彼らの感覚をこちらが理解するよう努力するしかないと思いますよ。「想像力を働かせろ」と言った瞬間、「そっちこそ想像力を働かせろ」と言い返されて平行線をたどるだけですから。

それはともかく、堂々と「好きだ」と宣言し、本当に骨の髄まで愛せるかどうかというのは世代論ではなく、もはや人格の問題かも知れませんね。「作画がイマイチ」という人は、相手の欠点が許せないんでしょうなぁ……。

投稿: 廣田恵介 | 2008年4月29日 (火) 05時12分

テラ先生、こにゃにゃちわ♪

 作画云々言う人の何%かは、コンテンツを買ってくれる消費者なのですから、それはそれでいいんじゃないんでしょうかネ~。
 そろそろ、「受け手と送り手が同じ目線の同好会」レベルも、卒業してもらわないと、全体のレベルも上がらないんじゃないんでしょうか。

 話は飛びますが、この数ヶ月、久し振りにEnglish Wide Web(WWWのもじり。英語しか話せないアメリカ人たちを皮肉った私の造語)でやり取りしてますが、孤軍奮闘状態です。

 マクロスを「ロボテック」と言ってるやつらや、
「千と千尋~」を見ただけで宮崎ファンを自認しているヤツラに、「ちゃんと風の谷のナウシカを観ろ」とケンカ売ったり、「正規品を買え」といったり、1人で戦ってます。
 ロサンゼルスの日本アニメショップが今、悩んでいることの記事にあるように、日本のコンテンツホルダーがちゃんと営業や広報をしないせいで、我々のコンテンツが歪められたり、勝手に模倣されたりしているのを私も目の当たりにしてます。

 大きなレベルでちゃんと海外でも広報や営業をしてくれないと、私のような人間がひとりで勝てない虚しいドンキホーテの戦いをするだけで、ただただ疲れ果ててしまいます。
 つまりまず第一に、そろそろ「同好会ムード」を卒業して、大マジメに「商業主義」にシフトして日本のコンテンツを売っていかないと、作ったコンテンツを縮小する一方の日本の市場で喰っていかなければならず、そして一方ではせっかくのコンテンツも海外で盗作・模倣される一方という現状が、本当に問題になってくると思います(もう問題レベルを超えていると思いますが)。

 昼間、アフォみたいなガイジンが町をウロウロしてるの、見かけるでしょ?適当に英会話講師の仕事して日本に住み、楽に人生を送っているんですよ。あの姿も、白人たちが自分たちのコンテンツをブランド化してちゃんと売ってきた、その努力の結晶なんですよ。
 我々も、楽に生きるため、日本っていうコンテンツをキッチリ売って、楽したいじゃないですか。

投稿: きゃてぃーなかぢま | 2008年5月 1日 (木) 01時27分

■きゃてぃーなかぢま様
>「受け手と送り手が同じ目線の同好会」レベル

とんでもない、そんな素晴らしい「同好会」状態だったら、僕がこんな記事を書くはずがない。受け手の知識・意識が低すぎるだけで、アニメのクオリティ自体はこの10年で飛躍的にレベルアップしましたよ。

リンク先の記事を拝見しましたが、単にアニメ・ショップの店主が「売れない」と嘆いているだけですね(笑)。局やメーカーは、ちゃんと海外に営業して、試行錯誤しながらも商業展開を考えていますよ。
しかし、僕個人に限っていうと「海外で日本のアニメが人気」と聞いて嬉しかったことなんて一度もありませんね。「日本のアニメを理解できるのは日本人だけ」と思っています。だから、日本アニメが海外で実写映画化されても、嬉しくない代わりに別にくやしくもないですねえ。

投稿: 廣田恵介 | 2008年5月 1日 (木) 02時41分

>受け手の知識・意識が低すぎるだけで、アニメのクオリティ自体はこの10年で飛躍的にレベルアップしましたよ。

もはやファンは今のアニメの質の高さに『見ることしか出来ない』状態にあるんですかねぇ。
それなら意外な文句が出たりする理由にも納得がいきます。

ジャンクフードしか食べたことない人がいきなり本格フレンチ食べて美味いか不味いかでしか判断できない感覚?

問題は
『何故美味いのか?』
『何故不味いのか?』
を突き詰めないで
『もっと美味いものをよこせ!』
とふんぞり返ってることでしょうか。

…あ、これ海外の恥ずかしいオヤジ観光客まんまだわwwwwww

投稿: てぃるとろん | 2008年5月 3日 (土) 09時44分

■てぃるとろん様
ライトユーザーが圧倒的に増えたんでしょうね。それと、娯楽全般に関して、ちょっとでも「難しい」「分かりにくい」ものは即座に排除される傾向にあります。要するに、無知であることが許されている。
だからと言って「この質の高さが分からんのか」とライトユーザーを責めても蔑んでも、それはまったく建設的ではありません。

むしろ、「楽しければどうでもいい、考えなくていいよ」という風潮を作り出したのは、雑誌を含むマスコミ全体です。

投稿: 廣田恵介 | 2008年5月 3日 (土) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■崩壊してるのは、受け手の愛だ■:

« ■緑の黒髪■ | トップページ | ■鏡音リンの歌声に泣く■ »