« ■イリアを塗るよ・2■ | トップページ | ■小人閑居して■ »

2007年8月30日 (木)

■イリアを塗るよ・3■

調子にのって早めに原稿を書いたら、「もうちょっと書きませんか」という話に。
070830_00180001なので、もうこのへんで一区切りして、ちまちまと細かい部分は後日。
怖かったのは、首と胴体がちゃんとフィットしなかったこと。この写真でも首の角度が違うけど、あちこち削って無理やり合わせた。

『ゼイラム』なんて、映画としては全ッ然、何の思い入れもないんだけど、このスーツだけは別だった。本来ガードすべき胸や下半身が薄く柔らかい素材(ラバーなど)で出来てる上、装甲類が腹の辺りにベルトで止められているというボンデージっぽさ。たまらんぜ。デザインは寺田克也。
そこに今度は、竹谷隆之という才能(このキットの原型制作)が加わってしまったものだから、このガレージキットは神がかっているのだ。それを自分が組み立てる、色を塗るというという甘美なおののきを、どう表現したらいいのだろう?

手に入れるとは、満たされながら失う行為だ。手に入れた時、対象は確実に汚され、自分の欲望は確実に傷つく。物欲とは、そういうものだ。そういうやりとりだ。『リーンの翼』に出てきた「セックスってのは、ありゃ戦争なんだぜ?」 このセリフの感覚に近い……などと10年ぶりにガレキをつくりながら考えた。

明日は『ストレンヂア』の試写。

|

« ■イリアを塗るよ・2■ | トップページ | ■小人閑居して■ »

コメント

口元が肉感あるなぁ・・・色っぽい。

ブルーハーツの歌で「セックスよりずっと魅力的だぜ」ってフレーズがあったの、ちょっと思い出しました。

投稿: yuki | 2007年8月30日 (木) 08時14分

■yuki様
せめて唇ぐらい、色っぽく塗ってあげないと。

>「セックスよりずっと魅力的だぜ」

ある年齢こえると、セックスなんて尺度でしかなくなるからなぁ……。

投稿: 廣田恵介 | 2007年8月30日 (木) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■イリアを塗るよ・3■:

« ■イリアを塗るよ・2■ | トップページ | ■小人閑居して■ »