« ■ゼーガペイン、2,900円■ | トップページ | ■ゼーガとドグラ・マグラ■ »

2007年6月14日 (木)

■セットからパーツを拾おう■

アニメーションノート No.6 17日発売予定
An_06
●新作映画紹介『エクスマキナ』
●「動画革命東京」、革命進行中。
●『アズールとアスマール』レビュー記事

それぞれ、構成と執筆ですが、前回は『まなび』だけで8ページだったのに、今回は全部あわせて4ページ。これは決してやる気がなくなったわけではなく、次号では『エクスマキナ』ちょっとした特集やります。荒牧監督からのプレゼントも予定!
しかし、『アズール~』のレビュー、こんな短いのにここまで論理が破綻した文章を書ける自分に今さら感心。ちゃんとした論評は、ちゃんとした評論家に期待してください。

『奏光のストレイン』 Waltz.Ⅴ 22日発売予定
St_05_1
●ブックレット構成・執筆
逆に、『ストレイン』は「俺が書かなきゃ、誰が書くの?」という気持ちが沸き起こり、毎回全12ページ、わがまま言ってます。良心的なつくりなんだけど、もうちょい、もうちょい頑張れば……って部分があちこちにあってね。あと二巻。なんか、マラソンの最終ランナーを暮れなずむグラウンドの隅から応援している気分。

さて、今日は蒲生麻由さんにインタビューしてきました。緊張しすぎて、朝8時に目覚める始末。インタビュー5分前にトイレに立つ始末。この記事の入稿は一ヶ月ぐらい先。そんだけあれば、いい記事にならないはずがない。

昨日はニコ動を00年代アニメ文化の究極点みたいに言って悪かったよ。YouTubeの時もそうだったけど、俺は現状容認派なんだ。気が弱いから。それはさておいて、アニメの「パーツ」として一番楽しめるのはOPだったりするんだ。『らき☆すた』の本編を「理解」する必要なんかない。「もってけ!セーラー服」を知ってさえいれば大丈夫。OPかEDにヒキがありさえすれば、みんなで共有できる。『創聖のアクエリオン』もOPのみ一人歩き。それに文句はないよ。いまや、アニメという13話なり、26話なりの「セット」からどれだけ「楽しめるパーツを拾えるか」が課題だ。

俺、『ギレンの野望』のことを「ゲーム批評」で悪く書いたことがあった。もう掲載誌が手元にな070614_19570001 いけど「整合性のある“物語”を無視し、メカとセリフだけをみみっちく集める矮小なコレクター向け」と酷評した。今でも、あのゲームは嫌い。
でも、今にして思うと長大な聖書は読まないくせして賛美歌だけは歌ったり、日曜日に教会にだけは通ったりするのと変わらないよね(例えが跳躍しててすみません)。ゲームで起きてた断片収集癖が、今はアニメに移行してきたってだけと思う。あ、2,900円のレンタル落ち『ゼーガ』セットは、誰かが買っちゃったみたいだよ。

|

« ■ゼーガペイン、2,900円■ | トップページ | ■ゼーガとドグラ・マグラ■ »

コメント

うあ! 蒲生麻由さんですか。緊張するのもわかります。ってか、素直にうらやましいですね。「響鬼」女優陣では、いちばん気になっていた人です。

投稿: BAOH!! | 2007年6月15日 (金) 08時27分

「zegapain」ははじめからさいごまで順を追って見ないと面白さが分からないので、《断片収集》狂の時代には向いていないのかもしれませんね。しごく納得しました。

投稿: h-nishinomaru | 2007年6月15日 (金) 13時45分

■BAOH!!様
僕も『響鬼』は見ていましたので、第一声「ずっとお会いしたかったんですよ」とファン丸出しな発言をしてしまいました。
それで、蒲生さんはすごく女優という職業を深く考えられている職人気質の方なので、また別の意味で緊張させられましたよ。

■h-nishinomaru様
「途中から見ても面白い」というアニメでもなかったので、なかなか厳しいところですね。ケレン味とか絵的な派手さ、キメ台詞のようなものがないと、テレビ番組を継続して見ることは難しいと思います。
悲しいことを言うなら、そのケレン味のなさが『ゼーガ』の欠点であったのでしょう。

投稿: 廣田恵介 | 2007年6月15日 (金) 14時29分

いつも一方的なトラックバックを掲載していただきありがとうございます。このたび、ブログを一時休止することにしました。これまでの記事もWEBから引き上げました。つきましては、よろしく、お取り計らいくださいますよう、お願い致します。トラックバックの性質上とはいえ、つねに一方的になり、恐縮です。

投稿: h-nishinomaru | 2007年6月30日 (土) 04時15分

■h-nishinomaru様
こちらこそ、いつも熱心に読んでくださり、ありがとうございました。
ブログ文化って、そんなに深く追求して考えたことないんですけど、トラックバックってあまり流行んないみたいですね。リンク元を辿っていって「おっ、こんなところで取り上げられたのか」と気がつく場合がほとんどですね。

僕もいつか、ブログをやめる日が来るんだろうなぁ。

投稿: 廣田恵介 | 2007年6月30日 (土) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106227/15431704

この記事へのトラックバック一覧です: ■セットからパーツを拾おう■:

« ■ゼーガペイン、2,900円■ | トップページ | ■ゼーガとドグラ・マグラ■ »