« ■グラデーション■ | トップページ | ■ひとつ、手放す■ »

2007年2月 1日 (木)

■ただブログに載せたいためだけにフィギュアを買ってみた■

今朝、取材に出かける直前に、いくつか届いた。
Ca270112まず、『ハチクロ』のフィギュア。原作好きが嵩じて、そのグッズを買ったというのは珍しいことだ。しかも、『ハチクロ』は男性キャラクターのほうが圧倒的に好きで、この二人には「萌え」も「惚れ」も感じなかった。
こんな感じで、竹本や森田のフィギュアが出たら、それも買っちゃうかも。 完成度が異常に高い(PVC製なのに、陶磁器のような質感!)のも理由だけど、この漫画を好きだった、という記憶を形にしておきたいというか。はなはだ、陳腐でセンチメンタルな購入動機。

もう一個届いたのが、これ。
Ca270113まあ、これは毎度おなじみというか、一般の人の想像の範疇にある「萌えフィギュア」だよね。これは宣伝用の写真がちょっとポップで、ひょっとしたら海で撮ってるんじゃないかな? 「たかが萌えフィギュアの分際で、なぜかオシャレぶってる」というギャップが好きだな。エロ目当てのマニアから愛されなさそうで。
90年代のはじめ頃だったか、アダルトビデオのパッケージにやけにアートっぽい洒脱なものが増えた時期があって。それに近いものを感じるんだよ。「たかがエロだぜ? アートっぽく撮っても売り上げ変わんねーよ」みたいな。“あきらめ”があるんだ。このフィギュアもそう。「どうせ、脱がせるとか透けてるとかエロ重視のフィギュアは他にあるし、ここいうのもいいじゃん」みたいな。レコジャケっぽいというか。パッケージなんて、ただの透明な箱だし。
レコジャケといえば、「OTAKU×DESIGN」を読んでいてハッとしたけど、渋谷系って空元気だったね。センチメンタルだったと思う。誰もが「バブルが弾けた」と知ったかぶって口にしていた頃のあきらめ感は、嫌いじゃない。

あと、あさのまさひこ氏の『海洋堂マニアックス』も届いたんだ。雑誌に書きながら、これをつくっていたとしたら、化け物だね。ここまで圧倒的な仕事をしておきながら、「たかが、こんなもん」と肩をそびやかせるのが、あさの流。もう内容の好悪は別に、俺は素直に敬服しますけどね。世間には認められないかも知れない(笑)。

|

« ■グラデーション■ | トップページ | ■ひとつ、手放す■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ただブログに載せたいためだけにフィギュアを買ってみた■:

« ■グラデーション■ | トップページ | ■ひとつ、手放す■ »