« ■Movie mode■ | トップページ | ■皿は洗ってあるか?■ »

2007年1月 6日 (土)

■80'sの逆襲■

小学校時代の友人二人と酒を飲みに行った以外は、ひとつも正月らしいことをせずに過ごした。
070104_18010001その友人たちと最後に観に行った映画は『オネアミスの翼』だったと思う。その当時、すでに彼らはバンドをやったりスポーツに熱中したり、あるいはファッションに金を使ったり、僕とは違って普通の大学生らしい暮らしを送っていた。僕はアニメからは少し遠のいていたが、服装は相変わらずで、彼らほど社交的ではなかった。
そうまで生活観が違っても、アニメが一応の共通の話題として出てくるのは、80年代に若者だった僕らの特権だろう。そして、アニメに疎い人間でも辛うじて同時代感覚を維持できた最後のアニメが『オネアミスの翼』だった。
80年代に10~20代だった人は幸せだ。『スター・ウォーズ』も『ガンダム』もリアルタイムで体験できた。何より景気が良かったから、好きなように暮らしていけた。内向的な人間には、「根暗」というレッテルと引き換えに市民権が与えられ、ちゃんと時代に救われていたと思う。80年代は、とても寛容な時代だった。

友人二人のうち一人は『トップをねらえ!』のタイトルすら知らなかった。もう一人は、エヴァ・ブームのときに観たという。言うまでもないが、『トップ~』は『オネアミス』の次にGAINAXがつくった88年の作品。ようするに、80年代の終わりとともに、アニメは同時代感覚を失い、ちょうど僕らも社会へ出て行く年齢になり、お互いにレールが逸れていったということだろう。後腐れなく、アニメを卒業できたわけだ。
070106_16250001それでも、あの時代に若かった者は、いつでもアニメやSFXにチャンネルを開くことが出来るんじゃないだろうか。そういう寛容さは、時代から手渡されているような気がする。
うまい具合に話題が繋がったので、あらためて。
←今夜、『メガゾーン23』のラジオドラマが放送開始!
これのために、新品のラジオを買ってしまったよ。AM放送なんて自宅で聞くのは、20年ぶりぐらいだろうか。
以前に開いていたサイト「メガ80's」は、業界の人がかなり見てくれていて、『メガゾーン』の版元さんもその例にもれない。完全に趣味でやっていたサイトなのに、こう繋がるか?という。80年代に若僧で、つくづく良かったと思うよ。

|

« ■Movie mode■ | トップページ | ■皿は洗ってあるか?■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■80'sの逆襲■:

« ■Movie mode■ | トップページ | ■皿は洗ってあるか?■ »