« ■企画って難しい■ | トップページ | ■検索ワードは「メガゾーン」「ラジオ」で■ »

2006年12月26日 (火)

■ボロボロのスピリッツ■

昨夜からの雨で、知り合いの作業場でエアブラシを使わせてもらう計画が頓挫(湿気が多いと、エアブラシが水を吹いてしまうのだ)。
061220_16400001最近はクラフト魂が復活して、フィギュア塗装用にリキテックスまで買い出す始末。
まあ、よく考えると趣味でフィギュアを塗っている場合じゃないと思い、月末~来月にかけての仕事を整理してみる。
●フィギュア王(10ページぐらい)
●単行本(俺の著書ではないが、著作権がらみのもの。丸一冊)
●ムック本(80年代アニメ本。丸一冊)
●雑誌(というか定期刊行ムック。8ページ構成・執筆)
●企画書(某社のお手伝い。40ページぐらい)
●DVDブックレット(全7巻。第一巻は12ページ)

上記の作業を、あと一ヶ月ぐらいで終わらせる。

編集者からの電話で知ったのだが、『創聖のアクエリオン』の新作OVA、ようやく発売決定。テレビを熱心に観ていたファンだけが買うわけだから、ブランクをおいて全二巻を発売するというのは賢い売り方だ。なにしろ、同月に発売される別タイトルと競合する必要がなくなる。無理やりな特典を付ける必要もない。
061226_18400001(←関係ないけど、「出演」はしてないだろ)
最近、中身を知らずに買ったDVDといえば、Amazing Nuts!。これを買う感覚は、作者の名前だけでコミックスを買うのに近い。反面、無料動画サイトでアニメを観るのは、電車の網棚に捨てられていた漫画雑誌をめくるようなものだろう。紙も悪いし、広告も邪魔だし、話も途切れてるし。タダで拾ったからには、それなりのペナルティがある。だから、無料動画サイトの画質はガビガビで丁度よろしい。
俺、床屋に置いてあったボロボロのスピリッツで『花男』を読んで、松本大洋のファンになったからね。内容も見ないで単行本を買ってるよ。ゾンザイに扱われることが作品(作家)にとって不幸とは限らないのだ。

来年からDVDのブックレットを担当することになったアニメだが、実は見たことも聞いたこともないタイトルだった。でも、たまたまこの作品と出会って、ずっと追いかけているファンがいる。その出会いに傷をつけたくないから、ブックレットの仕事は頑張るのです。なんか矛盾したこと言ってるかな?

|

« ■企画って難しい■ | トップページ | ■検索ワードは「メガゾーン」「ラジオ」で■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ボロボロのスピリッツ■:

« ■企画って難しい■ | トップページ | ■検索ワードは「メガゾーン」「ラジオ」で■ »