« ■旅は続いていた■ | トップページ | ■けなす暇があったら、学ぶ■ »

2006年7月 3日 (月)

■対価を払う■

マスコミ試写会に行ってきました。脅かされていたほど混んではいなかったかな。
060703_19490001
ここで具体的な感想を書くわけにはいかないので、原作小説の中から気に入っているセリフのひとつを引用します。

「魔法は楽しみや賞賛目当ての遊びではない。いいか、ようく考えるんだ。わしらが言うこと為すこと、それは必ずや正か邪か、いずれかの結果を生まずにはおかん。ものを言うたり、したりする前には、それが払う対価をまえもって知っておくのだ!」
(念のために言っておくと、このセリフは映画には出てきません)

ものづくりをする人間が作品を発表したとき、「いずれかの結果」を前もって想定しているのは当然のことです。ただ、映画を観る側にも、どんな結果も受け取る覚悟が必要であると考えます。

|

« ■旅は続いていた■ | トップページ | ■けなす暇があったら、学ぶ■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■対価を払う■:

« ■旅は続いていた■ | トップページ | ■けなす暇があったら、学ぶ■ »