« ■The chirp of a cicada■ | トップページ | ■Preview■ »

2006年6月 4日 (日)

■The balance■

放蕩の5月が終わり、約3~4人分の仕事が同時進行中で昼夜は逆転し食えども食えども腹は減りパソコンはフリーズしトイレの電球は切れる。携帯が鳴れば、仕事の電話。
060601_19160001
5人と同時に仕事をすれば、5つの体内時計と付き合わねばならない。メールの返事が24時間後という体内時計もあれば、3分と待たずに電話してくる体内時計もある。そりゃ昼夜も逆転するさ。

この狂った感覚、どっかで……おお、あの放蕩の日々と同じではないか。
聖も俗も、結局は同じ人間の中にあるので、朝まで飲むのも朝まで仕事するのも変わんない。バカ飲みして、バカのように働けばいいのだ。

|

« ■The chirp of a cicada■ | トップページ | ■Preview■ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■The balance■:

« ■The chirp of a cicada■ | トップページ | ■Preview■ »